同時間フラット撮影

今晩は天気がよろしくないのでフラットを撮っています。
撮影方法は、筒を赤道儀に載せて空に向けライトフレーム1枚あたり同時間の撮影をしています。雲天というほどでもなく星がうっすら見えているので、乳白色の買い物袋を被せて取得しています。g-logさんのブログのコメントを拝見していたとき、ライトフレームと同時間取得のフラットフレームの話が出ており、そういえば自分も天体撮影を始めたころそのような事をしていたなと思いました。


この時はデジカメでの日記でしたが、PCモニターでライトフレームと同じ輝度になるように数秒でフラットフレームを取得するより、ライトフレームと同時間空に向けて撮影した方がフラットが合いました。輝度はライトフレームより全然低かったですが、それでもPCモニターで取得するよりはいい結果でした。
それからもう数年たちましたので、今ほんとうにそうなのか試してみようと思います。

フラット撮影状況
イメージ 1
セレストロンC8-N ST8300M 5分

今まではELパネルにて10秒程度でフラットフレームを取得していましたが、お世辞にも合っているとは言えません。しばらくは、もっぱら自宅撮影になりそうなのでこの方法でフラットが合えばラッキー。どうでしょうか。

ではまた~






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ご近所フラットですね。EL板もいいけど私も疑問に思ってるところです。実際ライト画像内には被写体の明るさがあるじゃないですか?たとえば中心にあればいいけど銀河等が隅の方向にあった場合など違うと思うんですよね?で、ソフトでごまかし処理をする勉強中です。<(_ _)>

No title

んっ?・・同じかな?
まあ深く考えないことにしよう。
私ももっぱら室内撮影です。<(_ _)>

No title

> Marshallさん、こんばんは~
ご近所フラットは、周辺減光補正時に光害の影響の傾斜カブリや、その他ライトフレームに影響している空の状態も同時に処理するために、ライトフレームの近くの空の星が少ない領域を撮影する事だと思いますが(違ってたらごめんなさい^^;)、今回は曇り空を利用したフラット撮影で、雲の状態の良い場所に向けて取得しています。薄明フラットと同じ感じですかね。薄明フラットとの違いでは、今回のポイントの同時間撮影する、という事です。私には理由があまりわからないですが、以前ふと思いつきでやった時にいい具合で合いました。自宅撮影でないとなかなか時間がかかるので出来ないですけどね。ダークフレームはライトフレームのものと同じのが使えるので良いのですが。もし結果が良くても、でっかいゴミとか付いたら撮り直しですね~^^;

No title

おはようございます。
こちらに書かせた貰いますが、フラットはバッチリじゃないでしょうか。
ご近所は、まさしく書かれてる通り。今回は同じ自宅でも条件はちょっと違ってるようですね。
しかし光軸も素晴らしいようで等光度曲線は半端じゃなく良いですね。<(_ _)>

No title

> Marshallさん、こんばんわー
はい、フラットはいい感じで合っているようですが、カラーを処理してみないとはっきりしないですね。これでイケればありがたいです。^^
光軸はいい感じではあるのですが詰め切れてなく、こっからがムズイですよね。光軸の狂いをスケアリングでごまかしたのですが駄目ですね^^;F5だからまだ見れますが、これだとF4R200SSでもけっこう荒れますしMarshallさんお使いの・・だとほんとご苦労でしょうね^^宝くじ当たったら、その苦労を味わってみたいですが!(笑
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR