一昨日の成果

昨日のつづき
イメージ 1
2013.09.10 M45すばると霧を2枚モザイク合成
Celestron C8-N  MPCC ST-8300M(冷却-5度) L5分×1×2
 
イメージ 2
M33 L10分×2 持って行ったまま試写 光軸調整なし
 
早い話、6時間粘って写真の成果は無かったワケですけど、機材についていくつか
 
1.結露、夜露対策はOK
酷い霧で、頭のLEDライトを灯すと目の前が光って何も見えない状態が続いたが、鏡筒、ガイド鏡、冷却CCDは曇ることは無かった。ガイド鏡はカムイミンダラさん考案のロングフードで問題なく、鏡筒はバッフルモリモリダンボールフード+乾燥空気、カメラは乾燥空気の送風でばっちり。が、ファインダーが曇って少しだけ困ったので、なんとかするか。
 
2.星像が右にそれる
鏡筒を赤道儀にのせ、筒先を上に向けて光軸調整しているが、そのまま真上を向けてのテスト撮影ではまあまあ良い感じの星像だが、実際対象に向けて撮影すると、
おかしい、星像が右にそれている・・何故だ...。
EQ6+PHDでのガイドは見る限り問題なし。筒の赤道儀への取り付け部分が華奢なので、そこが撓むか、鏡筒全体が撓むか、接眼部か、主鏡の押さえがジャブジャブなのでズレるか、
それとも、サイレンの魔女の仕業か。
 
 
では。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「僕のはちょっと右に曲がっているんですねー」
昔、スネークマンショーでやってましたが聞いた事あります?

考えられるのは、接眼部か、接続リングか、主鏡押さえか。
こういう問題がでると、ひとつひとつ考えられる要因を消していかねばならないので、時間がかかりますが、解決できない問題ではないので頑張ってくださいませ。
ちなみに、僕の場合はたいてい接眼部が原因でした。

No title

ふにゃ太郎さんは、そうなんですかー
私のはちょっと上に曲ってるんですよー
あ?違う?^^;;;;
"スネークマンショー"は"急いで口で吸え"で知っていて小学校?の頃良く聞きました。レコードが見当たりません。増殖と持っていたのですけけど。

ありがとうございます。夕べ、接眼部かいな?と思い、今まで使っていた"ほしぞら工房"さんに作っていただいたアダプタから、2インチぶっこみに替えてみたのですが、カメラ撮りつけ時から、付け方によってあちこちズレてしまい、テスト撮影以前のお話しでした。あれこれ潰していきたいところですが、霧の写真ばかり撮っている状態では、これまたお話しになりませんね。
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2021年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR