Celestron C8-N主鏡まわり

 
早速Celestron C8-Nの主鏡を外してみました。
イメージ 15
部品の紹介、R200SSと比べたり、ちょこっと手直ししたことなど
 
タイトルとは関係ないですけど、初めに。
私の筒では箱から出した状態では、当然光軸は合っていなく、斜鏡はドローチューブに対して5度ほどそっぽ向いていました。なので初めて反射望遠鏡を使う方はそのままフィールドに持って行ってもダメだと思います。
そして、安価な筒です。大量生産の中で、組立現場ではパートさんたちが一生懸命組み立てていると思います。実際使うにあたり、そんな中での不具合と言えないような調子の悪い箇所は普通にいくらでもあるような気がします。使いやすいようにちまちまやってこうと思います。
 
ということで、まず上の写真、部品の紹介です。SE200Nと同じでは?と前回書いたのですけど、SE200Nを見たことがないので実際はわかりません。R200SSとの違いは、セルの裏蓋?(写真左)が独立していて、光軸調整後に3箇所のネジで目隠しをするようになっています。なのでこれをつけてしまうと光軸調整ネジに触れません。R200SSは引きネジとともに固定する仕組みになっています。
 
主鏡セルを外してバラしてみました。
主鏡押さえのゴムを外してセルから主鏡を外そうとネジを回しましたが、とってもかたかったです。
かたすぎて回らないのもありました。ペンチで挟んでなんとか外しましたが、一本はネジ頭がナメてしまいました。よっぽどぴったりのプラスドライバーでしっかり押さえて緩めないとやばいです。かなり押さえつけながら回しますが、主鏡に接しているのもあり、いやらしかったです。
で、なんでこんなにかたいのかとやっと外したネジを見たところ、どっぷりとネジロックが付いていました。
イメージ 9
ネジロックするとしてもこれは付け過ぎでしょう。構造上この主鏡押さえのゴムのみで主鏡位置を保持するようになっています。私の旧タイプのR200SSと同じです。この主鏡押さえのネジを締め付け過ぎると主鏡が圧迫されて星像が歪になるので、このネジは締まり具合がわかるようにスルスルと動いてくれないと締めた感覚が分からず非常に調子が悪いと思います。
 
イメージ 11
何度かネジをねじ込んだり外したりしてみましたが、やっぱりかたいです。話がズレますけどセルと主鏡の間には写真のとおりコルク3点で、側面はフェルトが貼ってありました。私のR200SSとほぼ同じですが、コルクは同じ、側面はフェルトでなくプラ板を両面テープで貼ってありました。もちろんフェルトは主鏡の保護目的で、主鏡をセルにのせても隙間があり動きます。
 
という事で、私的にはまずはこのネジがスムーズに回ってくれないと困るので、ネジに付着したネジロック剤を取り除きました。
イメージ 12
手持ちの溶剤で綺麗に取り除けました。面倒だったらホームセンターで売ってる新しいものに交換したほうがすっきりするかもです。私は締め具合の感覚がドライバーよりわかりやすいのであとでヘックスネジに交換します。
ちなみに4mm×28mmでした。ピッチははかってません。それと、写真のティッシュは変なものではありません(笑
 
ネジ穴にもネジロックががっちり詰まっているので綺麗にします。溶剤をネジに少量つけて少し時間をおいてからドライバーで少しずつ締めて緩めてを繰り返して貫通させて、手で回るか確認しながら何度か繰り返して、最終的には手で締め込めるようにしました。気を付ける点は、溶剤をセルに垂らしてしまうとセルの黒の塗装も剥がれてくるので付けすぎに注意しました。
イメージ 13
手でも締め込めるようになりました。ちなみに私のR200SSは最初から手で締め込めます。
 
主鏡押さえのゴム
左が今回の筒、右がR200SSのものです。違いは幅が違います。C8-Nの方が幅広です。主鏡を押さえる部分の長さが違いますけど、これはR200SSの方は輝星光条改善の爪隠しの環を付ける用のものなので短いです。私のR200SSは旧タイプで絞り環は付いていなく、ビクセンさんから部品扱いで取り寄せました。
イメージ 14
 
 
イメージ 1
光軸調整のネジはこんななってました。
押しネジはイモネジで、引きネジはプラスネジです。調整の際はプラスネジが調子悪そうです。
 
主鏡セルを外しました。
イメージ 2
引きネジ部分にOリングば入っています。
 
イメージ 3
この写真で引きネジが見えますけど、Oリングをつけ忘れて組立た場合、引きネジを締めすぎるとネジが主鏡に直撃するので注意しなければ、です。
 
で、やっぱりあとあと光軸調整する際、この引きネジは調子悪そうです。コリメーションアイピースを覗きながらブラスドライバーで調整。。ヘックスネジにしたいところです。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
13mmだと思います。
イメージ 6
けど、さっきのとおり、イモネジに替えるか、R200SSにつけたなんちゃらノブのようなものにするにしても、締めすぎると主鏡に直撃しますので、暗闇でも締めすぎて事故が起きないようにしないとならないです。と、交換したネジが出っ張りすぎると裏蓋を付けることができないので、裏蓋の加工をするか。
 
という事で、元に戻しました。
イメージ 7
以前R200SS用に作った爪隠し用の環があったので、ネジ穴を拡張して取り付けてみました。主鏡押さえのゴムは切断等しなくてもギリギリOKっぽいです。
 
余談ですけど、主鏡のメンテナンスの便利グッズ
イメージ 8
R200SSの時から使っていて、意外と良い感じなのがこれ。
この台、もともとはエアーブラシで塗装などする時に使うものなんですけど、二重構造になっていて、上の部分が回転します。ココに対象を置いて、ブラシで吹きながら手で回してあげて・・と使うものなのですが、
 
こんな感じで使うと3点あるあちこちのネジなど締めやすかったりして、便利です。
イメージ 10
 
 
なんだか昼休みの連打日記で内容が走り書き&ちぐはぐチックですが、
 
続く、と思います。。
 
ではまた。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
セレストロン20cmF5反射望遠鏡キットの製作記事、昼休みに楽しく拝見させていただいてます。
軽くてうちの台にも載せるだけなら載りそうなので思わずいってしまいそうになるんですけどね。写真用にというより眼視用に欲しいです。
では、また明日。

No title

ent*atu*aiさん、こんばんは
あら、ent*atu*aiさんにご興味持っていただいて嬉しいです^^
それ聞いてやっぱり買ってよかったかな?と思ったりしました。
単純な人間です(笑
作りは悪くないと思います。うちのR200SSと違い、筒が丸いところが^^今までは例えば主鏡を外して糸張ったりなんやして光軸をだそうと思っても、いかんせん極端に言うとじゃがいもみたいな歪な筒なので調子悪かったのですが。
というか、精神衛生上、丸いものは丸い。というのが気持ち良いですね。撮影用で頑張らなければ、このまま光軸合わせてOKだと思います。
で、ま、また明日ですか(笑
もうちっと時間おきますね^^;

No title

鏡筒が丸いっていうだけで魅力的ですね(笑)
私のR200SSも主鏡セルをマイナスドライバーでこじって開けていたので筒のふちがボロボロでした。
コストダウンの影響はあるみたいですね、R200SSと違って斜鏡は普通のスパイダーでしょうから、中心だしを含め厄介そうです。
裏を返せば、筒の強度と真円性さえあったらR200SSっていい鏡筒だったのでは…

No title

hanaさん、おはようございます
はい、丸いのは魅力的です。主鏡セルと筒の固定ネジを外したら、スーッと取れました。
超感動しました(爆
それと、鏡筒バンドを少し緩めて動かすと、筒の上から下までどこにも引っかからずに動くのも感動です^^;
そうですね、スパイダーはR200SSに慣れているのでこれでいいのか?と思ってしまいます。また、斜鏡も間違えてゴミ箱に捨ててしまいそうなくらい小さいですね^^;
この筒のジャンクがあれば切断してR200SSと合体すれば、斜鏡回りの安定した初心者向きの良い反射ができそうな感じがします。
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR