Hyperion EDGE 540T 25e修理

イメージ 1

イメージ 2

Hyperion EDGE 540T 25e修理中です。
頭がモゲたのは、瞬間で接着後、エポキシ30分で補強しました。
バッテリーのベットも30分エポキシで接着。
メインギヤ取り付け部分は、すべて30分エポキシで接着と補強。
フィルムは、ハイペリオンのHP-ECZ-002DARKBLUEです。
胴体フロント部分サイドと下回り、主翼の翼端を張替えしました。
胴体にフィルムを貼る際に、スカスカで下地がないのでバルサで下地を作って貼っています。
3回貼りなおやしましたが、全くへたくそでもう一度やり直します。
新品のカウルも到着しました。
スパッツが片方前部が粉砕していたので、グラスとパテで成形しました。
色はめんどいので筆塗りです。
若かりしころからお世話になったパクトラタミヤ、
大人になって、とりあえず一度はやってみたかった全種類購入、
大人買いしてほとんどカペカペの状態で残っています。
まずは薄め液で使えるようにして(汗)、ブルーと、ロイヤルブルーを少し混ぜで塗りました。
思ったより色が合って自分的にはOKです。
サーボギヤ交換など、もう少しで修理完了ですが、先週YAK54eにモーターとアンプを積み替えたので、
また戻す事を思うと。。。ブログでも書こうかなー。。となってしまいました。
明日は、EXTRA300とYAK54eとKATANAになりそうです。

それからHyperion YAK54-40e、私的には莫大な出費になるため、
購入を悩んでいたメカ一式、とうとう発注してしまいました。。
来週には届くでしょう。
到着したら、あっぷしようと思います。

あと関係ないですが、使っているシミュの画像を撮ってみたので掲載です。
Real Flight G3(3.5)とAerofly Pro Deluxeの2つを使っています。
リアルフライトG3に自分の所有している機体の
ExtremeFlight Extra300Eがあったのでダウンロードしてみました。(左上)
同じくリアルフライトG3で所有機体のSebArt KatanaS30E(右上)
左下はExtreme Flight Yak 54 88''で
所有のExtreme Flight YAK54eよりもっとドデカイものでずか、
一応だうんろーどで。
右下は、エアロフライデラックスでいつもお世話になっているRedBullのEXTRA330sです。

どちらもリアリティがあり、練習には良いシミュです。
購入を模索している方は、どっちがいいの?とお思いでしょうが、
ずばり好みです。
Real Flightは、G2、G3と購入し、Aerofly Pro Deluxeはこれのビデオを見てあまりのかっこよさに
ショックを受け購入しました。
私がいつも使っているのはAerofly Pro Deluxeの方です。
私的にはG3よりは癖のない練習ができると思います。設定次第でしょうが。

いずれも実際の機体を飛ばす時の舵を打つ練習になるだけで、
EPP機などの軽量機体でない場合、特に勝手が違います。
糸を引くような気持ちよいとびをするには、やはり実機で一生懸命練習しないとなりません。
私も練習練習、気持ちよく飛ばしたいです。

追伸
そういえば、どのシミュかわからないのですが、
どこかでHyperion EDGE 540T 25eの機体を飛ばしているのを見たことがあります。
どなたか心当たりないですかぁ~??

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR