IC2177わし星雲(かもめ星雲)を撮影

 
せっかくなので、もう少しレベル詰めました
イメージ 2
2012.12.20 00:56~ いっかくじゅう座 IC2177わし星雲(かもめ星雲Segull Nebula)
SBIG ST-8300M(冷却-30℃) L10分×10枚 RGB10分×2枚 総露出時間2時間40分
Takahashi FSQ-85ED f450mm QE0.73Xレデューサー 327mm F3.8
Vixen SXP赤道儀 SSAG 50mmガイド鏡 北海道 幕別町 日新
 

先日撮影してきた星雲です。
この日十勝では、なぜかわし(かもめ)を撃ち落とすのが流行りました^^
冷却モノクロCCDカメラ(ST8300M)とBaby-Qで自宅外での初撮影でした。
露出時間を1枚10分としたのでダークフレームが無く、とりあえず4枚取得して処理しました。

画像処理は、この星雲は冬の天の川の中にあり、星がビッシリあるとても綺麗なところなので、なるべく綺麗な星が楽しめるようにと意識して、自分的には強調処理はそうとう控えめにしたつもりです・・が。

自宅撮影ではこの間のM81_82は結局3夜にわたりL,RGB計6時間ほど撮ってみましたが、それでも強調処理していくと背景がボソボソになってしまうのですが、これはL無しRGB10分×2枚に少しのダークでも自分的には見れるくらい良く写っていました。RGBだけ合成してみた時、こんなにコントラスト良く写るのかと驚きました。
空の暗さはやはり重要だと思いました。と言っても道路状況の良い夏なら市内から車で10分ほどのたいした暗い場所でもないのですが。それと、カブリ補正が楽でしかたありません。自宅撮影の画像処理の大半はカブリの補正なのですが、これもバンバンカブってはいるのですが、ドーナツ状とか縞のカブリでなく一方向のカブリなので楽です。ここの場所、西側に帯広市の光害があるので時間がすぎるほど光害カブリが酷くなります。
補正で苦労しそうなRGBを先に撮ってから、撤収ぎりぎりまでLの枚数を稼ぎました。
よい作戦だったと思います。

ではまた。

追加
拡大画像です
イメージ 3



2012.12.24
さらに追加
ピンボケのL2枚を外し10枚→8枚でCCDStack2を使ってみてコンポジット
各RGB, L,RGBのバランスは全くとってなくそのまま合成、LRGB丸ごとsi6デジ現なのでそのへんはおいといても、これはもう一度再処理する価値はありそうだとおもふ・・
イメージ 1





 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわあ、綺麗ですねー。
さすが、Namさん。周辺まで星が針で突いたような点像ですね。
柔らかな感じがいいですね。
天の川って、たくさん星があるのだなと改めて思います。
イイ画像を見せていただきました!!
見事なカモメの姿に、渡辺真知子の歌を思い出します。(歳が、ばれるー)

No title

来ましたねー、そちらにもいましたか。
なんともコメントしづらいですね。色彩の繊細さが違うなーと思うのですが、原版で見てみたいですね。

No title

ふにゃ太郎さん こんにちは
ありがとうございます
一度いつものガンガンモードで"いかつい"カモメに仕上げたのですが、自然な柔らかい感じにしたく久しぶりに再処理しました。
というか、あまり処理"しなく"しました^^;;
渡辺真知子さんのその歌、私も大好きです^^

No title

ent*atu*aiさん こんにちは
はい、こちらにも一匹いました^^
さらに
はい、
なんともコメントしづらく、ent*atu*aiさんにコメントしていません(笑
正直言いまして、ent*atu*aiさんのピンボケと仰っている星粒の方が小さいと思います。私のはSI6で処理後CS5でカブリの再補正と最後にほんの少しレベルを詰めただけですので、星粒に関しては元画像との大きさは少しだけしかわっていません。ent*atu*aiさんのM31のようなシャープな粒は今はどうやっても撮れないです。
色などは好みでしょうね。
原版、互いに見たいですね
まだ印刷していませんが、印刷時、この画像で若干かけているシャープ処理を外して印刷したら、たぶんいままでの最高の出来栄えだと思います。

No title

うーん、シャープではあると思いますが、シャープさに関しては確かにentsatunaiさんの画像の方が一枚上手ですね。冷却CCDの方がアドバンテージがありそうですが、画素数の違いでしょうか・・・
皆様の生プリントを見比べてみたいですねぇ、私もわし星雲は撮ろうと思っていましたので、撮影したらアップしたいと思います。

No title

hanaさん こんにちは
ありがとうございます
画素数の違いというより調整の問題だと思います。
周辺の星像はだいぶ小さくなってきたのですけど、全体的にびしっと芯がありますという星像にはなっていません。
星見人の会でお見せしたバンビは、同じ筒仕様+EOS60Dですが、それに比べると程遠い感じです。
RDとの間を0.5mm離したところ少し良くなってきたので、リング作ってもう少しやってみたいと思っています。

No title

んー、スゴイ!。このエリアはこんなにもカラフルなんだなー、と思わずにはいられません。ギチギチに強調処理するのも個人的には大好きなんですが、こんな風にナチュラルなのも難しいんですよねー。
それにしても、デジタルの星の撮影始めたころはあんまし差が無かったような気がしたんですが、すっきり置いていかれてしまいました。地球二周分ぐらい離されたかなー(^^;

No title

玄さん どもです~
ここの領域はたくさんの色が入り混じっていて綺麗ですよね
ダークを撮ってもう少し丁寧に処理してあげたいと思ってます。
って、差なんてないですよ~
機材を奢ったことと、露出時間がどんどん伸びてしまっているだけです^^;
自分的には写真一枚あたりの単価がなまら高くなってしまっています
ちょっと反省している今日このごろです^^;;;

No title

やっぱり相当強調処理を控えたのでしょうね、それほどギンギンではなのでナチュラルな感じがしますが、青い星雲がある部分はentsatunaiさんの方がよく出ていると思います。
申し訳ありませんが、同じ光学系だし同じ十勝なので比べやすいですね。

No title

カムイミンダラさん こんにちは
そうですね
普段はあと1~2回分ほど(意味不明ですか^^;)レベルを詰めるのですが、星の処理は今のレベル調整の前で処理したので、星自体はこれでも飛びすぎなのでもうやめておきました。
ここの空はこの日、別で撮影した60DだとISO1600の5分太陽光設定でRのヒストグラムが振り切っていたので、空の暗さも違うのもあるとは思います。地元で同じ筒^^でもent*atu*aiさんとはアプローチも違うし、写り具合も互いに確認できたりして私的にはとてもうれしいですよ!
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR