冬の通勤風景


ひと月前くらいに、連日十勝川の川霧による樹氷がとても綺麗だったので、早起きして橋の上から撮ってみようと準備していたのですが、寝坊。 ま、通勤途中堤防のわき道に車を入れてでも撮れるべー。と思って行ってみると雪で入れない。しかたないので車の窓全開で走りながら連写してみましたが、"橋の柵"しか写ってない(--
そんなですが、そろそろ季節はずれになってしまいそうなので、星の写真は休憩して通勤途中の北海道の冬の寒空の写真をいくつか貼っておこうとおもいます。
と言っても"橋の柵"の写真を除くとほとんど無いのですけど^^

まだまだ最低気温は低いのですが、そろそろ春が近づいているなと感じることが幾つかあります。
たとえば、最近は家の水道のお湯と水の混合栓のひねり具合。微妙に難しい。
少し前のままだとヤケドしそうなくらいアッチッチだし、少し戻すとやたらと冷たい^^
(そんな たとえ しかないのか?^^;;)

イメージ 2


イメージ 1


イメージ 3


イメージ 4


CanonEosKissX4 Canon EF28-135mm f/3.5-5.6 IS USM



ではまた。 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

よその土地の、生活圏の何気ない風景をみることって
なかなか無いのですよね。
九州南部の人間にとって、北海道となればなおさらです。
写真の中にリアリティがあって、ひきつけられました。

No title

ふにゃ太郎さん こんばんは!

ありがとうございますっ。日本の端っこ同士では、街の朝の顔も大分違いがありそうですね!
特に朝冷えると、全ての車のマフラーからは白い煙りがモクモクして、寒い朝を実感しますね。暖気運転をしないと寒いし、エンジンは回らないし大変ですよー^^;

No title

うひゃー、木々が真っ白けになってるんですねー。それを通勤途中に一眼レフで連写してるって…なんだかすごいぞ(^^;
車を止める場所が無いってのが厳しいですね。今度はぜひ、おうちの近くでチャレンジしてみてください。
こっちの霜も、もうすぐ終わりかなー。

No title

玄さん どもですー!

そうなんです、真っ白木です。
朝、少し暗い時に川霧が立ち込める中に、この樹氷に覆われた木が無数に広がっています。それはそれは幻想的ですよー。って撮れてないし^^;
もうそうそう寒くならなくなってしまったので、この現象は来年まで無さそうです。。
通勤中の一眼の連射・・・・
撮っている時は考えていませんでしたが、そう言われるとカナリ怪しいヤツですね^^;;
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2021年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR