ばら星雲自宅撮り-R200SS2枚モザイクっす。


イメージ 1
2011.10.29 00:37~
いっかくじゅう座 NGC2237 ばら星雲 
Canon EOS kiss X2(seo-sp2)  Vixen R200SS 800mm  F4.0 ISO1600
北側 15分×6枚 南側15分×4枚をモザイク合成 ばら星雲を中央にトリミング
Vixenコマコレクタ3 V3FFフィルター使用
Kenko SEⅡ赤道儀 Orion StarShoot AutoGuider 50mmガイドスコープ PHD Guidingによるオートガイド
使用ソフトRAP2、ステライメージ6 フォトショップCS5 自宅撮影

なんでも買う買う言わず、持っているR200SSを使おう!と決めて、良くわからない光軸調整をしながら10月28日と29日に、これとM42を"R200SSでモザイクにチャレンジだ"企画で撮影したものです。どちらもうまくいくのか分からなかったので、次回出撃ホンチャンの為のテスト撮りのつもりで撮影したので露出時間は少なめでしたが、合成はフォトショップサマサマで無事繋がりました^^。今までの自宅撮り経験では光害対策のV3フィルターを入れている場合、良いとこやるならこの2~3倍はかけてあげないとならないようです。今回画像処理で困ったのは、このばら星雲、いったい何色になったんだ??という事です。一応ディスプレイはフリーのカーラーキャリブレーションソフトであ合わせている(と思う^^)のですが、今までも気になってはいたのですがディスプレイを替えるのにも出費が必要なので気にしないようにしていましたw。一通りハデハデにして、テストでアップしたものを先日買ったipadで何気にみたところ全く違う色です。仕上げたバラはまっピンクなのですが、ipad2ではオレンジっぽく、ノートでもそんな感じ。。んー、やっぱり、これが基本だよ。というのが一つないとこれからやっていくにも調子が悪い感じです。プリンターはエプソンのPM-4000pxがあるのですが、マッチング含めて対策しないとならないか。ちょっと出費しすぎだし、追々・・・・いや、早めに考えたいと思います。

このばら星雲は南側を先に撮影し、北側が切れてしまったらヤバイと思いあまり余白を取らず撮影したのですが、結果結構余裕があり、中央からズレた分トリミングしました。

こちらはトリミング前の画像です。
イメージ 2

次はM42の画像処理をしようと思います。
前回ダーク、フラットなしで処理したのですが、これも北側1枚しか撮影出来てなく、ガサガサになってしまいました。このバラを撮った次の日に追加撮りしたので再処理します。

光軸調整も全然うまくいかないのですが、一応今後もR200SSを使い倒そうと思っていて、コマコレクタ3のコマ収差も気になっていたので、もうこうなったらと(どうなったら^^)バータープラネタリウムのMPCCを国際光器さんから購入しました。アダプタが無いのでほしぞら工房のしばたさんにお願いしています。次の新月期には間に合わなそうですが。

ではまた。

2011.11.30追記
R画像
イメージ 5


G画像
イメージ 3

B画像
イメージ 4



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおー、R200SSで撮影するとバラも迫力が全然違いますね!
内部の構造も立体的に描写されていていいですね。背景がザラザラなのは遠征してV3を外すことで解決できますよ(笑)

そしてついにMPCC購入ですか、私のR200SSの症状はあのまま解決しませんでしたから、いろいろ質問するかもしれません。よろしくお願いします!

No title

hanaさん どもです!

ありがとうございますっ!
自分の中ではこの一年撮影してきた中で一番良い写真になったかと思います。
画像処理ウンヌンは別として、なんといっても800mmでのモザイクが効いていますね!一応ノッペリとしないように気をつけたのでそういっていただけると嬉しいです。次回出撃の際は・・・V3入れてもっとドクドクさせます(笑

MPCCいってみました。遅かれ早かれ買いそうだし、試したい心の火は消えなさそうなので(笑
えー!こちらが色々教えて頂きたいのです^^;よろしくお願いします!

No title

バラ素晴らしいですね、これって地味に意外と輝度差があると思うのですが、明るいところもとんでいなくてイイと思います。

D60改造機購入おめでとうございます。
X2と比べるとだいぶ低ノイズですから、画像処理も格段に楽になるでしょうね。
でも画素数が多いのでパソコンのメモリーを食いそうですが。

No title

うーん、綺麗な色ですね。
デジカメ独自の透明感がいいと思います。
星の色も綺麗に出て僕好みです。(゚∀゚)
冷却CCDだと、青雲を強調したいあまり、星が飽和して、みんな真っ白になったり、ガスが平面的になったりしますが、デジカメの方が透明感があり好感の持てる画像が多いですよね。
Namさんの撮影された画像は、星の飽和したとこもなく、ガスの透明感もあってかなりイイと思います。モザイク合成もお見事です。

No title

kamuimindaraさん こんばんは!

ありがとうございます。
今回のバラはべた曇の日に鏡筒に買い物袋など被せずにそのまま雲をフラット撮影したものを使ったのですが、これがピタリと合ってくれまして背景処理と合成は意外と楽でした。バラの外周部分が破綻しかけている(している^^)いるのを無理に抑えた感じが気になっているのですが、次回と撮るときはもう少し露出してうまく出来ればと思います。
60Dはだいぶさ迷ったあげくに購入しましたが、今の自分に必要かどうかと思えば必要ではないと思います・・・が、買えるときに買うべし、えいや!とやってしまいました^^;;ディスプレイなど、まだまだ揃えなければならないものがあるんですけど。。買ってしまったので使います^^;

No title

ふにゃ太郎さん こんばんは!

お褒め頂きましてありがとうございます。
今は、撮影することが楽しくて上達しない画像処理から逃げていまして、即効処理を並べまくっていたのですが、今回は1周年記念(こればっかし^^)の作品として真面目にやってみました。正直言いまして今回のは偶然の産物の可能性が大です(笑いつも星が星でなくなってしまい、特にV3を入れると濁ってしまうのですが、今回はなるべくそう見えないようにやってみました。また星を小さくするようなシャープ処理をしなくて良いようなマスク処理がうまくいったのも良かったのではと思います。自宅撮影でしたがこの日は透明度もよく条件には恵まれていたと思います。こういう良い元画像では上手下手なく同じように再現できる手順を身につけたいと思います!

No title

おお、これはキレイなバラですね~。星雲の色合いと言いディティールと言い文句のつけようのない作品になりましたね。
ざらつきはPSCS5のノイズ処理でなんとかなりそうなレベルですよね。
しかしR200SSのモザイクは本当にシャープで威力ありますね~。2枚モザイクだと糊代考えると丁度500mmくらいの画角になって主だった星雲には丁度いい画角になりますよね。

60Dは送り先から考えるにもしやキムチ改では・・・。
いずれにしても新しいカメラではどんな感じに移るのか楽しみですね。

No title

くっしー さん、おはようございます!
ありがとうございます。
みなさんのとは比べ物にはならないですが、あまり遠出できない自分としては自宅撮影でここまで撮れた事は今後の天文ライフに明るい未来が少し見えた感じがします・・・って書いてみましたがカナリ大げさすぎます、そこまで全然思っていないです(笑
自分の赤道儀の精度など考えるとせいぜい500mm程度が良いと思い、それくらいの筒を探していたのですが、フラットをしっかり撮って、フォトショップに頭を下げればきちんとモザイクして頂けるようなので、R2000SSで頑張ってみようと思います!
60D、くっしーさん大正解です^^
暖かい時に購買意欲に駆られ、決算セールと間違えてポチ、そのポチが一日遅く1ヶ月半待ちました。そしてすっかり辺りは寒くなりました^^;冷やすことより自分の保温対策をしないとなりません^^
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2021年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR