IC1805・IC1848 RGB+LRGB


イメージ 1
2011.09.24 カシオペヤ座 IC1805・IC1848
Canon EOS kiss x2  Canon EF200mm F2.8L I USM F2.8開放 ISO1600 3分×8枚 24分 V3FFフィルター
Kenko SEⅡ赤道儀 NexGuide  自宅撮影 RAP2,ステライメージ6,フォトショップCS5

昨日のV3FFのカラーです。

そしてHa 12nmフィルターで撮影したものと上のやつをLRGBで合成してみました。

イメージ 2
L(Hα10分8枚+上のRGBをLとしてHa+RGB50:50)+R(R+Ha50:50)+G+B合成

初めてやってみましたが難しいですね。
もっと上手に処理出来ればもうすこし見栄え良くなりそうです。先日処理したHaのハイライト部分が飛んでしまっていてやり直そうかと思いましたが面倒くさくてそのまま使いました。月曜日に処理した画像なので、ノイズ低減をどれくらいかけたのか忘れましたが、ちょっとやり過ぎだと思います。
V3のRGB画像はせめて1時間は欲しい感じがします。

Hα 10分16枚、V3も16枚だと3時間40分弱の露出。その倍で7時間。
家での撮影では満足できる写真を作るのは、暗い場所より3倍から5倍は撮らないと、
自分でも、おっ?という感じにはならないので、次晴れたらどんな感じになるかやって見たいですね。
何夜かに分けても良いので。

今回のは強調処理は控えめ、星は明るめにしました。真っ赤を嫌い彩度を下げました。
V3を入れているので元画像の星の色は濁っているのですが、星マスク付きのレベル補正でGとBを↑して色を変えています。自宅では通常撮影でもあまり星が写りません。星恋しくて沢山あぶりだして自己満足しています。
背景はカブリがひどかったのでトーンカーブで下のほうをグワッとやったらのぺっとなりました。
IC1805ハート星雲とIC1848の間を通る暗い部分が他の背景と15~20ポイントくらい離れるようなコントラストが取れるといいように思いますが、そういうのは暗い所で撮ったやつでないと、私の処理では結局ドギツイだけのガサガサ写真なってしまいます。

ではまた。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR