DD-1コントローラのNexGuideによるオートガイドテスト


イメージ 8
はくちょう座 サドル周辺
2011.05.26 23:54分~
Canon EOS kiss x2総露出時間1時間30分 ISO1600
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ) LPS-V3FFフィルター
VixenGP・D赤道儀(DD-1) NexGuideによるオートガイド  北海道 十勝 自宅 庭
使用ソフト ステライメージ6

中央の白い物体は白色彗星です。

うそです^^

2011.06.08
フォトショップエレメンツ9お試し版のみでお試し処理
ダーク・フラットなし(上のはダークあり)
エレメンツ9自動コントラスト後コンポジット
各マスク処理等一切無し
イメージ 9
ビクセン旧GP・D赤道儀のDD-1コントローラとNexGuideによるオートガイドのテストをしました。
中古で手に入れたGPD赤道儀DD-1コントローラ仕様は、赤緯軸ウォームギア交換、全部バラしてグリス入れ替えしたあと一度も動作テストしていませんでした。
ので初始動です。ノータッチガイド3分でちゃんと動く事を確認したあと(良かった^^;;)NexGuideにて上の写真です。
NexGuideとDD-1とは直結できませんので自作のコンバータを作成しましたが、この改造コントローラで本当にガイドしてくれるのかと少しドキドキしながらオートキャーリブレーションさせてみたところ見事キャリブに成功!
ガイドも自分的には充分満足できる仕事をしてくれました。

とにかく静かで良いですね!スカイメモRもガイド時の音は静かで動いてるんだか止まってるんだか分かりませんが、このGPDのオートガイドもとっても静かでした。
KenkoSEⅡ赤道儀は、"ただ今ガイド修正してますっ!"という音で、これはこれで、なんかやってるぞーって感じで悪くはないのですが、星空の下、静寂に包まれて・・・・って感じはこちらが良いです。



当日は湿度が高く、撮影途中自宅の屋根から雨でも降っているかのような夜露の雫がポタポタと落ちてくる状態なのに、曇り止めヒーターつけていなくなんだか滲んだ感じになってますが(画像処理の失敗かも・・・)、
これはこれでカワイイですかね。
適当処理で星のマスク処理はしていません、というかこのEOSX2誠○社さん新改造機のゴーストがどんだけ出るのか確認したかったのですが、今回のでは良く分かりませんでした。

こちらは上の写真の画像処理前の一枚画像です。
EOS DPPソフト画面のコピーです。前回の網状星雲とは違い、結構写っています。
イメージ 7

条件、露出時間等違いますが、今回のX2のIR改造機とくらべても無改造EOSX4も結構いいとこやってると思います。

NexGuideとDD-1コントローラでオートガイド中
イメージ 3

今回の改造もスカイメモRのコンバータと同じでOKと思っていましたが、動かず。。。
結局またまた貧スタさんに手取り足取り教えていただきながら、なんとか動作するに至りました。貧スタさんいつもありがとうごさいます^^/

ガイド星はサドル。
ピントかノイズか感度調整かしてガイド星をもう少し小さくしたほうが良いみたい。
イメージ 2























チューリップと共にww
自宅撮りがほとんどなので設置撤収の簡素化としてピラー脚を自作して設置しっぱなしにしようかと思ってますが、とりあえず灯油タンクの基礎用の台を置いてみました。この台には三脚の石突に合う穴を開けて、三脚設置時のガイドとしています。また三脚を縮めて強度を保ったまま高さを確保できるかと。
三脚をこの台にのせて水平を出し何度か撤収・設置を繰り返してみましたが、ほぼ同じ位置に再現できました。ガイドに問題が無ければ基本 水平・極軸の設定が不要あるいは簡単になり、準備の時間がかなり短縮されると思います。
イメージ 4


NexGuideのモニターで、自作したコンバータが正常に動作しているのを確認していたら気分が良くなり、久々にスカイメモRを引っ張り出してきて広角でも同時撮影してみました。
改めてポタ赤の手軽さがよくわかりました。5分で撮影開始です^^ 電池バンザイw
イメージ 5
夏の大三角形
2011.05.27 01:18分~
Canon EOS kiss x4  300秒×8枚 SIGMA 15mm F2.8 EX DIAGONAL FISHEYE  F4.0 ISO400
KenkoスカイメモR  北海道 十勝 自宅庭

コンポジットと少しだけのレベル調整です。なんだかすっきりしていて良い。
もちろん肉眼では天の川の"天"の字も見えません。少しモヤがかかったような空で透明度も高くなかったです。

こちらは、上の写真の拡大&画像処理
イメージ 6



コントローラ改造 完成写真
サイドに6極6芯モジュラージャックを埋め込みました。
イメージ 1

























支離滅裂な日記となりました。お腹いっぱいです。

DD-1コントローラのコンバータ制作の詳細は後日日記にしようと思います。

が、興味のある方、いますかね?

もしいらっしゃれば配線図等を書いてアップしますが。

ではまた。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごい写真ですねえ!

サドル付近の画像、すごいコントラストですねえ!
1.5時間の露出時間が効いているのでしょうねえ!

私も早くNamさんの様な写真が撮れる様になりたいと思います。

今回の写真はひとつまえの白黒の画像の再処理でしょうか?
それともV3のみでの再撮影でしょうか?

それと、例の回路ですが、私の公開しているものが、動作しなかったこともありますので、抵抗値などの変更の情報を加えて、情報公開頂ければ幸いです。

貧スタ

No title

貧スタさん、こんにちは!

ありかどうございます。
ちょっとキツメにしすぎちゃいました^^;いつもですけど。。
今回のは新たに撮影した写真です。フィルタもV3FFのみで撮影しています。この鏡筒で(F7.3)SC64を入れるとISO1600で良い感じにするには1枚2時間露出ではすまないと思います。

回路の件ありがとうごさます。後日公開します!
ただ、自分は安定化電源で電源電圧12.00Vで動作確認しましたが、バッテリーから直付けで電源を取る方もたぷん大丈夫だとは思いますが確実に動作するのか?と思っています。たぶん充電満タン初期段階で14~15Vになると思われますので。注意書きを入れるような感じかな。と思っています。ちょっとした回路の説明が必要になるのかなと思い・・・大丈夫かな、自分・・。と思っています^^;;

No title

Namさん
DD-1回路で1Kオームでプルダウン・コンバーター回路では2.4Kオーム(4.7K並列)でプルアップされていることと思います。DD-1のCOMMONが約5Vでしたよねえ。
計算上ではLM3339の出力が5Vにまで上昇するに電源電圧は17Vまで大丈夫です。そしてLM339は18Vまで耐えれます。
それよりも、DD-1に14~15Vも入れたらコンバーター回路の接続に関係なくDD-1が壊れるのではないでしょうか?

そういえば、DD-1のGoogleで検索した時に車のバッテリーにつないでDD-1自体が壊れたとの書き込みがあった様なきがします。


貧スタ

No title

貧スタさん ありがとうございます。
最終的には手持ちの2.2Kオームの抵抗がありましたので
2.2Kオーム一本で組みました。それでも余裕はありますね!

>回路の接続に関係なくDD-1が壊れるのではないでしょうか?
通常であれば、12Vバッテリーから一度昇圧してから12Vを安定して取り出すと思うのですが、私もいろいろ検索するとDD-1だけでなく、12Vバッテリーだから大丈夫。とそのまま直結で使っている方もいるようです。

回路を公開して喜んでいただければ良いのですが、自己責任と言っても何かの原因で壊れてしまった際、そうでない方もいるのでちょっと慎重になってしまいます。

No title

DD-1でのオートガイド成功、おめでとうございます。
淡い星雲まで見事に写っていますね。

こちらは梅雨入りしてしまい、台風崩れの低気圧も来ているので、とても星を見るどころではありませんが、北海道からの天体写真で楽しませていただいています。

No title

numajiriさん こんばんは!

ありがとうございます。
DD-1でのオートガイド、うまく動作してよかったです。
なかなか画像処理も進歩しませんが、今回は星の色が飛んでしまわないように気をつけ、L画像とRGB画像を別々に処理して合成してみました。

こちらも昨日から雨で、今週の予報もずっと雨曇りとなっています。
新月期に入りましたが、空の期限となかなかうまくかみ合いませんね!
ゆっくり機材いじりでもしてみます。
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR