その他の仲間たち

昨日、ずーっと晴れなかった天気がやっと回復したので、家の用事を済ませて23時30分からセット開始しまた。雲が所々にありましたが、北極星は見えていて、西の空も明いていたのでセット開始。
システムをちょっと変更したのでテストです。極望を覗いて極軸をあわせましたが、勝手がわからず時間がかかりました。こんな感じかなと、とりあえずテスト撮りしてみようと目を上げたら・・・空一面まっしろ。すんごい雲が広がっています。極望と格闘した時間ったって、5分くらいだと思うんですけど。。呆気にとられてしばらくその白い空を見上げていました。少しの雲の切れ間でも無いかと思い探しましたが、どこにもありません。あんぐり口をあけて見上げていたら、顔にポツッ・・と。いきなりの雨です。今度は急いで撤収作業に入りましたが、カナリの勢いで降ってきます。電源の線は足で引っ掛けるわ、架台から望遠鏡、ガイド鏡をのっけたままプレートをはずしたはいいけど、置くところ無いわ、コントローラーは引きずるわバタバタ。なんとか物置にぶち込み、濡れた機材を拭いて24時30分終了。
そろそろGWにかけて次の撮影期に入ってくるので行動開始したいです。

という事で、3月末から4月前半で撮ったけど、日記にするまでもないとPCから消えようとしていた淋しいその他の仲間達。可愛そうなのでいっきにアゲておこうと思います。


イメージ 1
りょうけん座 M63 ひまわり銀河
2011.04.07 01:03分~
Canon EOS kiss x4 180秒×12枚 総露出時間36分 ISO6400
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) 
KenkoスカイメモR NexGuideによるオートガイド M63を中央にトリミング 北海道 十勝 自宅 庭
使用ソフト ステライメージ6、フォトショップCS3

っちゃ~。ひまわり銀河だと言われればそう見えなくも無い^^;
自宅からこの鏡筒で何とかなるものかと狙ってみました。

一枚画像。
イメージ 2

導入は、おおぐま座のアルカイドを基点に、りょうけん座のコルカロリに一度振ってから同じ道を戻り、りょうけん座の特徴のある矢印のような星の並びを捉えて導入しました。ほぼ天頂付近だったので体勢が厳しかったですが、気持ちよくモニターに入ってくれました。

次です。
イメージ 3
不明(汗
011.03.29 23:31分~
Canon EOS kiss x4 300秒×6枚 総露出時間30分 ISO1600
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) 
KenkoスカイメモR ノータッチガイド 北海道 十勝 自宅 庭

マルカリアンに会いにいったのですが、カメラが三脚にぶつかってしまう状態でファインダーも覗くことができず、狙いをつけて試し撮りでなんとか導入しようと試みましたが、断念。
最後に試写したモニターに沢山の銀河が写っていたので、"もう、ココでいいです。。"と数枚撮影したものです。
後で何度もステラナビゲーターとにらめっこしているのですが、絶対にこれだというのが・・・・・。
画像処理で弄り倒しているうちに銀河が埋まってしまいました。。上の方にたぶんフェイスオンのS状の特徴のある銀河があります。最初M61かと思いましたが、渦の巻き方が逆みたい。左下にはエッジオン、右上には大き目の楕円銀河でしょうか・・・・どこなんだろ?
一枚画像
イメージ 4





こと座  環状星雲 M57
2011.4.9 00:26分 EOS kiss x4  ISO6400 300秒×1枚
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) LPS-V3FFフィルター使用
KenkoスカイメモR ノータッチガイド ソフトSI トリミング無し 北海道 自宅


LPS-V3FFフィルター無し ISO6400 30秒1枚

あ、いや、写るのかどうか試しに撮ってみただけです。
結果、写りました、真ん中のゴミです。
V3フィルターを使って5分のはリング星雲らしい色が出ましたが、
フィルター無し30秒では当然ですが出ません。
これも星図をて望遠鏡のファインダーで位置を確認てし試写。一発でモニター真ん中に入りました。


次で
イメージ 6

はくちょう座 サドル付近
2011.04.09 01:32分~
Canon EOS kiss x4 420秒×18枚 総露出時間2時間06分 ISO6400
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ) LPS-V3FFフィルター使用
KenkoスカイメモR NexGuideによるオートガイド  北海道 十勝 自宅 庭
使用ソフト ステライメージ6、フォトショップCS3
4/5に5分一枚を撮影したときに意外に赤いの写っていたので期待して結構露出してみましたが、、
んー。ただ赤いだけでした。なんかこうもっともやもやしたの出て欲しかったですが、
頑張っていじっても期待している感じにはなりそうも無いのでこのままで。
バランスが悪かったのか、ガイドも流れまくりでした。
この周辺は、またしつこくチャレンジしたいと思います。

PCに取り込んだときには、ムフフ・・・って感じだったんですけどね~。。
イメージ 5





あと、M51など撮影しましたが、処理していません。
というかガイド失敗で、本当にボツでした。


ではまた。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

良く写っていますね。
2枚目の銀河群は、ステラナビゲータと照合してみました。
右上の楕円銀河がM49のようですね。
左上の複雑な形をしている銀河がNGC4535、左のエッジオン銀河がNGC4526でしょう。
私はまだ撮ってみたことがない場所ですが、このあたりもなかなか面白いですね。

No title

numajiri_cometさん

私も今確認しました、確かにそうですね。
スッキリしました。ありがとうございます。
NGC4535がステラナビゲーターで表示されていなくて、楕円銀河がM49かな?
と思いましたが確実なところがわかりませんでした。
NGC4535,4526とも検索するとなかなかカッコいい銀河ですね。
マルカリアンを狙いましたが、もう少し上でした^^;
狙いを定めて作品に仕上げるのも良いですが、こうして撮影したのを後から何が写っているのか探すのも、また一つの楽しみ方のような気もしました。

No title

おお~かなりがんばってますね~、というか、この焦点距離で春の銀河を狙うとは…やはり解像度は苦しい所ですね。マルカリアンだといい感じだったのでしょうが…今はほぼ真上に来ますからね~。
M49は先日の出撃で撮影していました。比較してみると、確かにそうですね。R200SSの画角では二つのNGCは…入れようと思えば入るかも。さすがに撮影時は気が付きませんでした。
M57は…しっかり写っていますね。やっぱりノーフィルターの方が色がでてますね~。これはR200SSでもチャレンジしてみようかな…

No title

玄さん こんばんみです。頑張りまくってます(笑
ふくろう、ひまわりと玄さんの追いかけてみましたが、ちょっと厳しい^^;
そうなんですよね。焦点距離は短くてもいいのですが、
こう、もっとビシッとシャープに・・・ってそうはイカンですわね。

M49の撮影は前日でしたか。この写真どこなんだろうと思って、玄さんのメシエ食べつくしツアー、ひと一通り見てみたのですが^^;
M57はLX200-25を購入して初めて導入した天体という思い出があったのでサクッと写してみました。
もう、どんな天体もこの筒で取っちゃいます(笑
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR