思い込みってゆーのはオソロシイ・・・・

昨年の秋、EOS Kiss x4を購入してしまってから、天体観望や撮影に結構ハマっているのですが、
今までもチョコチョコ程度ですがやっていました。
 
以前からMEADEのLX200-25を所有していましたが、あまりの重さに移動・運搬・設置が億劫になり、さらに以前住んでいた場所は街中で、今の自宅よりもずっと光害がひどくて、頑張って設置してアイピースを覗くにも手で覆い隠しながらで、冬は自分の手からの湯気や吐息でアイピースが凍ってしまいすぐに見れなくなるなど、気持ちはワクワク、実際はイライラ。という感じでした。
それでも初めてM57を導入してポッカリと口の開いた様子をじっくり観察できた時などの感動は忘れられません。
 
撮影は、当時はウエッジ無しLX200-25とコンデジコリメートで惑星などを撮ってみたり、
その昔、ずーと前には、オヤジのカメラを借りて、板を重ねた自作のネジ回し式の簡易赤道儀を作っては時計と睨めっこしながらギザギザの星野・星景写真やら撮ってみたり、ヘールポッブだ百武だと言ってはEOSの安物銀塩ダブルズームセットをそこらへんのホームセンターで買って、日勝峠だ大樹町だ更別だと撮りに行ったり、天文ガイドで"今、コンパクトカメラが熱い"みたいな記事を見ては、これだ!と思い、札幌までコニカヘキサーを買いに出かけ、誠報社のバーゲンでポタセキを購入し、バーナードループっていう赤いのがあるって?・・そ、それ・・撮りたい・・・・と思ってはエクタクロームでどうしたとか、やっぱりフィルムは吸引加工だと言ってはオヤジのカメラを壊したり、やっぱり中盤だといっては、とりあえずマミヤの645のレンズだけ買ってそのまましまってあったりとか、考えたら小学校のころから飛び飛びですが、イロイロと少しずつやっていたので、基本好きなんだと思います。
 
そして、6年前に住宅を新築する際、本気で屋上にスライドルーフ式の常設の天体用スペースを考えました。
(建設業界なものでw)しかし、イメージ 1
いつもなんでも行き過ぎる性格で散財してきたし、いつのまにか違う事に熱中し、食い散らかして来たこと、あと、ここは降雪量はそこそこですが、冬の気温がかなり低くなり屋上防水の関係やら凍害、すが漏れ等の心配もあり、さらにはこんな性格を良く解っている妻や親、親戚などへの言い訳も思い浮かばず(笑)断念、せめてのアガキで、毎年の花火大会で皆で使おうとの言い訳を考えて、2階に大型デッキを設置し天体観望や撮影に使えるよう設計しました。
庭部分からは自分の自宅が邪魔で極軸望遠鏡を使っての極軸あわせが出来ないので、ここは当然北天を開けて極軸をあわせ易くするようにし、屋根形状も三角の大屋根にして死角を減らし時間帯さえ合えば一応東西南北どこの天体でも狙えるよう設計しました。しかし、案の定(笑)ここまでやって満足し、実際望遠鏡を出して観望する事は今まで一度も無く、たまにデッキに出て双眼鏡で観望したくらいで、他の趣味に夢中になっていました。
 
そして、昨年秋、デジイチを購入しました。一応、天文ガイドとニュートン(関係無いか)は、20年以上定期購読しているので、情報は入っていましたが、新築当時思っていたより光害のある自宅の空へなにげに向けて撮ってみたら、想像以上に写ることに心が揺れ動きました。
それからは、近くの外灯の直射攻撃と光害、設計時には想像していなかった電線との戦い、わかってはいましたが、床のたわみによる極軸のズレなどなど、ひとつひとつがどれも中途半端な状態が続いていて、
もう少し環境を何とかしたいと思っていました。イメージ 2
南側にある自宅への電源の引込み線が邪魔で、南側の視野さえ少なく、とりあえず業者に引き込み線の移設の見積をとっています。
春になったらこの電線を移設し、デッキを改修して、もっと南側いっぱいまで広げ、東から昇ってくる対象をもっと早く撮影出来るようにし、南中過ぎの電柱(写真右)まで撮影できればもう少し落ち着いて撮影が出来そうです。
更に、赤道儀は、屋根に直置き、デッキとエン切りしてブレを少しでも解消しようと計画。さらに赤道儀とLX200を常設するよう、ここにスライドルーフの小屋を建てる計画をしました。
屋根への加重、屋根材の劣化など心配もありますが、なんとかなるでしょう。
 
と計画はしたものの、他の心配もいくつかあります。
大きな心配点としては、
所詮補強もしていない屋根への設置ですから、不安定です。
 
改修したはいいが、やっぱブレてダメだ・・・。ガイドも出来ない。とならなくはない。
 
もうひとつは、また、違う事に熱中する自分がいる可能性がある。今は夢中になっているだけ。。。。
そうなると、何で屋根の上にこんな事やったのか!となりかねない。。
 
んー。
 
そんなこんな考えなが、先日もこのデッキでM101を撮影、30撮影枚中6枚なんとか成功で画像処理。。
他にも、1月末から練習の意味も込めて、ほとんど毎日撮影していていますが、なんせ星が点になりません。
 
そんなで、昨年末には、こーなったら、とりあえずポタ赤でオートガイドじゃー!とオートガイダーを輸入、
当たり前ですが、そんなに簡単にいきません。ノウハウしかり、ガイド鏡等必要なものがバンバン出できます。
だいたい今不安定なものをこれ以上重くして、この状態のままでうまくいくとは思えません。
 
そして、先日M101撮影談に書きましたが、一番大きい問題は床のたわみだと気付きました。。星像の斜めの軌跡。床がたわんで極軸があわせらきれません。そんなところに一軸オートガイドっていったって、考えただけでもうまくいきっこありません。
設置場所をエン切りしたって、なんせ自分も赤道儀も所詮屋根の上にいるわけです。
偶然うまくいったところで風が吹いたらブレブレ必須です。赤道儀を常設すれば極軸あわせの問題は時間をかければ何とかなりそうですが、そんないくつもの心配のある所に何十万とかけてやってみて、
やっぱ、ダメでした~。
じゃーシャレになりません。。。
 
んー。。。どうしたものか。。
 
そう考えながら、先週土曜日、自宅の庭で空を見上げ、光り輝く星を眺めていました。
庭は自宅のカーポートが近くの外灯を遮っており、2Fデッキよりずいぶんと星空が綺麗に見えます。
ここなら2階のデッキよりよりもいいんだけどな。。。四方は家で囲まれているし、なんせ床が固い。
ここに小屋建てるか??しかし、邪魔だ。とか除雪した雪捨てスペースの関係やら、いろいろ問題が出てきそうだ。。。毎回設置するのはいいけど、なんせ、ここは北極星が見えない。赤道儀を毎回運んで、極軸望遠鏡無しで極軸あわせて撮影する。。。無理。。
じゃ、ピラーをここに埋めて・・・・・。・・・そして、赤道儀を毎回持ってきて、夏場と冬場では、地面が凍上するので、調整をこうやって・・・。
 
そんなのうまくいくかぁ~??!!
あーあ。。。やっぱ自宅でってのは、ダメかな。。。
 
空を仰ぐと北斗七星が綺麗に見ています。
先日、あそこのM101、苦労して導入したなぁ~。。床に寝そべって、、床がたわむ事に気がついて。。
ここだったら余裕で導入できそうだなぁー。。。こんなに綺麗に見えているし。。
外灯も遮られているから、足伸ばして位置を高くしてもう少し楽な姿勢で出来るな~。
いまは、外灯の直射攻撃を避けるため位置を低くしているので、あぐらをかいてか、寝そべってだもんな~。。
 
今ポタセキ持ってきて入れてみようかなぁ。でも北極星が見えないから、方位磁石と。。。北極星。。。
 
ここから5つ伸ばして。。ほっきょく・・・・
 
 
ほっきょく????????????
 
 
 
イメージ 3
キヤノンEF-s18-55mm F3.5-5.6 IS  EOS kiss x4(ノーマル) ISO400 18mm F4.5 180秒×4 スカイメモR 


 
みえてるしーーーーーーーーーーーーー!!
 
北極星。
 
間違いない。 
 
 
 
 
 
こんにちは!ポラリスさん(爆
 
 
 
・・・・・・・。
 
 
家を設計する段階から、 ”庭からは自宅が邪魔で北極星は見えない。” と思い込んでいました。。。。
設計の人に、庭から北極星、みえないっしょ?って一言聞けば、
CADでささっとやってくれて、こんな感じで見えますよー。って言ってくれたと思う。
 
写真を撮り始めて、考えたら最初の頃にカシオペア、ペルセウスの二重星団、西にかけてM31あたりを撮っただけで、あとは ”赤いの~とりたいんです。”という事でほとんど南側の対象ばかりを撮影していました。
 
先日M101を撮って、土曜日に庭に出て北斗七星を見上げなければ
そのまま春の2階デッキ大改修がはじまっていたかも知れません。。。。
 
2Fデッキも見晴らしはいいので、とりあえず電線引き込み移設はやるかもしれませんが、
デッキ大改修、星見小屋設置計画は取りやめます。
 
庭への計画を進めようかと思います。
 
気付いて、、、、、、よかった・・・・。
 
思い込みというのは ホント オソロシイ・・・・。
 
(俺がアホなだけか(笑) 
 
 
おわり。
 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお~お庭からポラリスこんにちわ~ですね。いいなぁ。やっぱり北海道だけあって、北極星の位置が高いのも関係しているんでしょうね。
2Fデッキへの望遠鏡設置は、色々他にも手はあると思います。地面からピラー立てるのが理想なんでしょうが、とりあえずモーメント荷重の大きいものを設置して床と縁切りし、その上に望遠鏡(ピラー式がいいんでしょうね)を乗せれば結構行けるみたいですよ。
とりあえず試しとしては、コンクリートブロックを並べて、その上に望遠鏡置いて見てはどうでしょう。床もたわみきってそれ以上動かないとか(^^; とにかく振動対策にはなるはずです。確かどなたか屋根上天文台でそんなこと(コンクリート床)をしてたような…

No title

玄さん こんばんは!
そうなんです。庭から北極星見えたんですよ~。これで少し安定た撮影が出来そうです。こちらは42度50分くらいですのでそちらと比べると結構高い位置ですね。屋根が斜めなのも良かったです。コンクリートブロックですか。ありがとうございます。設置しっぱなしだと2Fの方がいいので春になったら試して見ますね。
今はドッカリと雪が(笑
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR