新フードづくり



R200SS用に新しいフードを作りました。
イメージ 1
今回のはなかなかええ感じです。

主な部材
・アストロショップダイソー
100円厚紙×数セット
100円6mm角材3本入り1セット
100円保温アルミシート
・アストロショップジョイフル
黒板塗料1200円くらい(高っ)

と、家の廃材保管コーナー(ただのゴミとも言う)にあった、1.5ミリ厚くらいのスチレンペーパー(たぶん)と巻き段ボールと、キャンプでテントの床に敷く的な厚手のアルミシート。
接着剤、マスキングテープなど。

制作写真です。

まず、キャンプでテントの床に敷く的な厚手のアルミシートの加工です。こいつをフードを筒に固定する部分にするため、幅5センチでカットしてから筒に巻き付けて円周を決め接着しました。
次に1.5ミリ厚くらいのスチレンペーパー(たぶん)を写真のように筒の開口部ギリギリでくり抜き、ど真ん中の位置を決めたら、キャンプでテントの床に敷く的な厚手のアルミシートにボンドで接着しました。(写真の状態)
これでフードを筒に挿した時、1.5ミリ厚くらいのスチレンペーパー(たぶん)が筒のトップリングとぶつかり、フードがまっすぐに装着できるという具合です。前のもこんな感じで作ったものの、ヤワで、しっかりとまっすぐに装着できているか不明でした。装着後遠くから見て真っすぐかぁ?とか何度も直したり。
しまいにはケラレを気にしてフードそのものを5センチほど短く切ってしまいました。今回のはそれが無いように、と気を使いました。

筒から外して こんなの



次は、100円厚紙セットでバッフルを切り出しまくりました。


こんなに

バッフルはなんとなくのケラレを気にして内径を筒先に行くほど大きくしました。
写真左側が筒側、右側がフード先のバッフルです。筒側の内径はトップリング内径より少しだけ大きく、いちばんフード先側は25センチほどの内径としました。
トップリングに当たるやつとフード先端側の2枚のバッフルだけ強度を上げるため厚手のスチレンペーパー(たぶん)を使っています。

次で説明する工程の為に以下の事をしています。
切り出したバッフル9枚枚を重ねて中心部にドリルで穴開けしました。バッフルは既にサークルカッターで内側も切ってありますが、バラけないようにマスキングテープでとめています。角材を差し込む部分8か所に溝を切りました。


で、今回初めての企画、100円角材で骨組みして作ることにしました。
フードの長さは30センチにするので、30センチに角材を切ってバッフルを止める位置にマーキングしました。


そして、

じゃーん

ドリルで穴開けしたバッフルの中心部分に丸棒を差し込みガイドにして傾かないようにしながらバッフルを組み上げていきました。
まるでタワーマンションを建設しているかのようです(笑)

バッフルと角材の接着はホットボンドです。
8×10か所=80か所ホットボンドりました。
大変面倒でした。(笑)





タワーが組みあがったのでガイドにしていた丸棒とバッフルの内側の厚紙を取り除きます。


取り除きました。










カッケー(笑)

次は塗装です。


今回はいつもの右側の黒板用スプレーの他に左側のやつも使ってみました。
結果は左側のやつの方が"黒度"が良かったです。

巻き段ボールも塗りました。


巻き段ボールを巻いていきます。
角材に両面テープ(ナイスタック)を張り付けて、骨組みと巻き段ボールを接着していきます。骨組みと段ボールは接着しないと、次の工程のマスキングテープ攻撃をしてもガチガチならならいのでしっかり固定します。

ここで失敗。
巻き段ボールの凸凹側をフードの内側にした方が迷光を拡散して良いかと思い、こちら側を内側にして作ったんですが、結果は凸凹のすき間から光が通ってきてダメでした。。
凸凹側を外側にして作り直しました。

巻き終わったら補強としてマスキングテープを更にぐるぐると全体に巻きました。



これでガチガチ、軽量かつ絶倫です。(笑)





最後に薄手の100円アルミシートで巻いてフード完成。






R200SSに装着してみます。










絶倫です(笑)

関係ありませんが、R200SSとカメラに100円のチャリンコゴム紐を巻いてありますが、
EOSカメラマウントとカメラとの間のたわみによるスケアリングズレの防止用につけてあります。
効果絶倫です(笑)
ガチガチでもないので、モーターフォーカサーの動作の影響もありません。
カメラマウント間の口パクで悩んでいる方にはおススメです。


あとはバーティノフマスクパッカ~ン装置を付けて出来上がりす。



んでわ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ああ。。。骨式バッフル。。(笑)私も考えてたのに先を越されましたね(笑)
こっちも工房がらみで良いの考えたんでまた発表します\(//∇//)\

No title

> こたろうさんさん、こんちには~

あっ、こたろうさんもお考えだったですか^^
真っすぐに組み上げるのにどうしたものかと思いましたが、ガイドのおかげで良い具合になりました。
治具でも作ればよいでしょうけど、素人工作にはこの方が簡単かもですね!

工房がらみですか。
またfunnyなお名前で、ですかね^^
楽しみにしています~!

No title

相変わらず器用ですね。精度のたかそうなフードではないですか!
自分は、すっかりプロトタイプのままです。(笑)
ヤフーブログ久々にチェックしたら、更新がいっぱいでびっくりです。
こちらは、天気が回復せず満月が近くなってきました。

No title

> ゴットハンドさん、こんばんわ~

出来栄えは置いといて、作ってみるのが好きなんでしょうね。
いざ作り始めると面倒くさくてため息ばっかついて作っています。(笑)

ブログは連荘でアップしています。
デジカメだと既にカラー化されています(笑)ので、ちゃちゃっとやって貼ってます。
出来栄えは置いといて、、

まぁ、連荘アップしているのは別の理由があるのですが、理由をそのうちアップしようと思いつつ出来ないでいます。。。。。

No title

こんばんわ!

すっかりYahooの方のチェックを怠っていました。。
新フードの制作過程、スペースコロニーにも見えなくないですね^^;
私のフードは蹴飛ばし&壁と挟み込みで「ぐしゃっ」となってしまったので、作り直そうかな。。
カメラの接続部の口パクはあるあるですよね。私は3Dプリンターでパーツを作ってみます!

No title

> やまぎりさん、こんにちは~
特に丸棒が刺さっている寝かしたのがコロニってますね^^

フードは今回角材で骨組みしてみました。ラジコン飛行機なんかバルサ材で組む要領ですね。なかなかしっかりしてて「あれは・・いいものだ。」と思わず口にしてしまいそうです(笑)

3Dプリンター、、、、
見ないふりしていたのに、前回のやまぎりさんのブログ拝見して我慢できずとうとう検索しちゃったぢゃないでいすか(笑)
もう止まらないかも・・・^^;
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR