C8-Nのメンテと主鏡と斜鏡の固定方法

C8Nメンテナンス
久しぶりに主鏡と斜鏡の洗浄をしました。


主鏡を外してみると

結構キテました。

洗剤コシコシ


精製水で洗い流し



エアブラシで水とばし


かなーりキレイになりました。


元に戻して光軸を合わせます。
調整グッズ

タカハシのセンタリングチューブとアイピース。と、なんでしたっけ、エレクトリックシープさんで買ったキャッツアイ的な安いやつ。とレーザーコリメータ。
タカハシのセンタリングチューブとアイピースでほぼ光軸を出した後、主鏡に貼った▲マークのズレをもう一つのグッズで微調整。最後にレーザーが帰って来てるか一応確認。コリメータはずいぶん前に心出ししてます

斜鏡の調整には、マークと斜鏡全体が見やすいようにこんなの作って使っています。
こんなのへんなの(笑)

バーティノフマスクパッカーン装置のマスクづくりで使ったEPP素材で出来ています。

こんなの


へんなの


座ることも出来ます(笑)

これを

こうして


こうやります。


逆さバンザーイ(笑)


ドローチューブから見ると

バックが白くて主鏡も隠れる事から、斜鏡のセンターマーク、傾きのズレ、回転方向のズレが見やすくなります。
紙を垂らして主教を隠して作業していたのを変えただけですが、ずいぶん調整が楽になりました。

調整完了


確認のフラットを撮ってみます。

昔ながらのELパネルA3サイズ。NDフィルターで減光、セロファンで色調整、トレーシングペーパー数枚と100円ショップで200円で売ってたA3カードケース?をヤスったモノ。感電するので周りをビニールテープを回してます。若干のムラがありますが、とりあえず回転儀式でクリアさせてます。改善の余地アリです。

ELパネルを5分ほど点灯させて慣らしが終わったら、筒にのせて


電気を消して取得。

10枚をパネルを回転させながら撮りました。



では、ステライメージで等光度曲線を見てみます。












さんざん説明しておいて若干ズレてます(笑)

まぁ、そういう事で。。

余談
うちのC8Nの主鏡と斜鏡の取り付け方法はちょっと変わっています。
「良いです。」とは言えないので日記にしてませんでしたが、"私的"には良いと思っています。

主鏡の固定方法。
うちのC8-Nの主鏡には爪隠し用の輪がついておりません。
というか、爪がそもそもありません。

このまま筒に差し込んでいます。

なぜ落ちたりグラグラしないかというと

主鏡セルにセメダイン スーパーXで裏からくっつけちゃっているからです(笑)

こんな感じ

くっつけた、あるいは爪隠しの輪が無いことで星像に影響が出ているのかいないのかは分かりませんが、もうずっとコレなので問題ないのかなと思っています。
なぜこうしたのかというと、主鏡の遊びどめの爪を締める事で、もしもの主鏡圧迫の星像の歪みの心配から解放されるのが理由です。
固定の際は斜鏡とのセンターが出るように調整してくっつけました。
光軸調整ノブは調整しやすいようにホームセンターの安いのと交換。
筒を立てて置いたときにノブが邪魔になるので、ゴムの足をつけてます。
この辺は普通っぽく弄ってます。

つぎは斜鏡。
分りづらいですが、斜鏡の引きネジの部分にワッシャをかませています。


引きネジを緩めると

バネがこの位置に入っています。

穴の中にバネがすっぽり入ってます。


取り出すとこんな感じ


斜鏡の調整のキモは斜鏡のドローチューブとの向き(回転)だと思っていますが、3つの押しネジで上下の位置調整と左右の傾きを合わせて、ドローチューブとの向き(回転)を合わせ、主鏡と斜鏡を行き来し、光軸がきまったら引きネジをグイっとやりますが、最終確認すると若干修正したくなる場合があります。
引きネジを緩めてドローチューブとの回転を弄る事が多いのですが、その際引きネジを緩めすぎると、斜鏡が固定した位置から動いてしまい、ここからほんのちょっとだけ右回転。という微調整が困難になります。もう一度合わせ直す。またグイっとやって確認。やっぱりもう少し・・。
無限光軸調整(笑)
スパイダーも補強した割にヤワなのでというのもあるんですが、へたくそなので。というのがあります。
で、この位置にバネを入れる事で、引きネジを結構締めても斜鏡をつまんで押し下げるとバネの余裕の範囲で回転方向が自由になるんですね。
3つの押しネジも若干でしたらそのまま調整できます。光軸を決めたはずの若干の微調整がやりやすい。そのおかげでズレる可能性もあるんですが、修正も容易。
良いか悪いかわかりませんが、車で運んでもこの方法でズレた感じはないので私的には良いと思っています。
といか最初から弄ってしまったので、もともとこうだったのか違うのかも実のところあまり定かではありません^^;


んでわ
********************************
追記

6Dにてフラット再取得
イメージ 1
なんとなくいいとこ行ったか
いんや、股ずれ、
もとい
まだズレてる
ま、いいか(笑)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ(๑╹ω╹๑ )
今日の記事はいつにも増して真剣に読ませて頂きました\(//∇//)\
失礼ながら途中の等光度曲線まできてクスッと笑いましたが。。。m(_ _)m
斜鏡の工夫をじっくり拝見しました。私のもその辺りはデフォルトと全く違ってしまってるんですが、調整しにくさに対する工夫って人それぞれだなあって思いました。
私は斜鏡の押しはクランピングボルトなんですが、あれですと調整後引きネジを引くこともなくガッチリと固定されています。引きたくても引けません(笑)
おススメですので機会があれば試してみてくださいませ。
あとはスパイダーを180度付け替えて横方向の二本をドロチューブ側に持ってこようかと思っています。
主鏡の固定はセンターが出てるならナイスですね(๑╹ω╹๑ )
最周辺のメッキのキワが悪いと星像に影響が出るようです(*⁰▿⁰*)大変参考になる記事でした。真似っこさせていただいたバッフルはさすが私のよりはるかに綺麗です\(//∇//)\

No title

> こたろうさんさん、こんばんは~
等光度曲線、笑っていただけましたか(笑)
光栄です(笑)
今回の日記の一番の落としどころでした^^
わたくし、一発でビシッとくる事は一生ありそうもないです^^;

クランピングボルトですが、先端にボールついているやつですよね?
斜鏡の押しネジのあたりクチに傷溝がついてしまい回転方向の修正時に溝にハマり困ってしまった対策用だと思っていましたが、引きネジの具合にもOKなんですね。私も昔前項の困ったの時に買ったのですが発注ミスで径違いのモノが届いでぶん投げてしまいました(笑)
今度再購入して試してみますね。ありがとうございます。
>最周辺のメッキのキワ
爪隠し輪を撤去する際、いちばん気になったのはそれなんですよね。試してみたところ、影響は・・たぶん無いのかなと思っています。
バッフルの記事は拝見させて頂いておりました!光栄です^^
迷光防止にもなりそうですが、安価な筒が安価な工作で高級っぽく見えるのが一番のキモですよね(笑)
みんなのアイディア良いとこ取りで安い機材を使い良くしたいですね!

No title

追記
クランピングは押しネジですm(_ _)m
3本の押しネジを調整の為操作して決めると、普通は再固定の為最後に引きネジを締めますが、クランピングに変えてから引こうにも引けなくなりました。つまり押しネジだけでオッケーなんですよ(*⁰▿⁰*)
引きネジは私のは斜鏡側から生えていて、ローレットで締めるイプシロンと同じ形式に変更してあります(*⁰▿⁰*)
あと、へんなの君ですが(笑)交流のある山口のジイ様って方が以前に同じのを作成してましたね。人型ではありませんでしたが(笑)

No title

> こたろうさんさん、
コメントありがとうございます!
グランピングボルトは要するにボールのみならずバネ的な役割もしてるんですね!
と言うことは引きネジにバネを入れなくても良いし、かつ動かないので光軸の狂いの心配も無し。という事なんですね。
引きネジの記事はアップされた時に拝見致しました!速攻で真似させて頂こうと思っていたところです(o^∀^o)
へんなの君、作っていらっしゃるお方がいたんですね!
みなさん考えることだいたい同じですね(笑)
いつもプリンターの上に座らせて可愛がってあげています。
疲れて仕事してから帰ってたとき

癒されます(笑)

No title

クランピングのボールが回転するための僅かな隙間がいい方向に作用しているのかなって思っていますが、ハッキリしたことは分かりません(笑)引きネジ改造はおススメですが、バネは入れておいたほうがいいと思います。クランピングの余裕シロとバネだと許容量が違います。ある程度は主鏡側に押す力が働くほうがいいのではないですかね?
あの引きネジ方式に、そちらのバネ位置の組み合わせで随分メンテ性の良い斜鏡台座になりそうです\(//∇//)\

No title

> こたろうさんさん、
リコメありがとうございます!

ところでいつまで起きてるんですか(笑)

なるほど、
引きネジ寸切りボルト斜鏡固定方式とバネ方式のハイブリッドで、新しい斜鏡調整機構が誕生しそうですね!

そして皆さんで無限光軸軌道XXXへ(笑)

No title

こんばんは。

記事もコメントも大変参考になりました。バッフルの工作は私には無理っぽいですが、押しネジをクランピングネジに変えるのはできそうです^ ^;
私も随分と主鏡の清掃をしていないので、この記事をきっかけに清掃しようかと思います。
私は斜鏡を短径72mmの物に交換しているのですが、フォーサーズdw今の撮影対象だと意味が無さそうなので、主鏡・斜鏡清掃のついでに元に戻そうかと思います。

No title

いやー、さすがNamさんです。色々工夫されてますね。
そーいやビグレプ1号は、購入してから一度も極軸合わせもミラー外しもしたことがありません。…もう4年になるんですが…

せめて爪隠しを作って光軸ぐらい合わせてやらねば(^^;;

No title

> やまぎりさん、こんばんは~
バッフルの工作は地道で地味な作業だけですので無理ではないと思いますが、面倒くさいのは間違いないです(笑)
C8Nはしばらくチャリンコハウス内に設置しっぱなしだったので、春の銀河を撮るに備えてR200SSと交換していました。
斜鏡は広く撮ることも考えると72mmのままの方か良いと思いますが、オフセットが若干違うんでしたか。

No title

> 玄さん、こんばんは~
いやー、エロエロと考えてやったりしてはいるのですが、結果が努力に若干伴っていないという噂も^^;

ビグレプ1号はもう4年も経ったんですか、はやっ。
確か光軸少しずれているとかだったですよね。
デカいので主鏡の合わせが大変そうですね。

C8Nの主鏡の押しネジを弄るのですら、その時だけでもゴム人間になりたいと思うくらいです^^

No title

‘ なんでこんなの買っちゃたんだろう? ‘みたいな感じでしたっけ?最初にこの筒のご紹介をされた時のフレーズは?(笑)
自分もこの筒を買ったとき、どういじるか参考になる記事を探していた時、namさんのバッフル作成の記事を見つけて、毎日のように読んでいたのを思い出しました。
エロエロいじられたんですね。人のこと言えませんが。(笑)
光軸合わせ、何をやっても結局微妙にずれるんですよね。なので最近はアバウトになっちゃてます。この間、久々に確認したら、レーザーが主鏡の端っこにあたってました。^^;

No title

> ゴットハンドさん、こんばんは~
そうそう、当時は遠征していたので、撮影の合間に眼視もしたいと25センチの反射を物色していにもかかわらず、シュミットさんに激安のこいつが居て思わずポチしたのでした。2013年の5月がつでしたからもう6年ほど前なんですね。
買ったものの、どうしたものかとwebで記事をさがしたところ、当時確か眼視派の方のブログが1件ヒットしただけだったと思います。
R200SSと若干被るし、また安物買いのなんとやらで、やっちまったーと失敗したかと思いましたが、ドローチューブがガタガタだで困っていたら、ゴッドハンドさんの日記でカグスベール??の記事を拝見してから本領を発揮しました^^
今では無理のないF5という事で多少光軸を外しても関係ないぐらいの扱いやすさでR200SSよりも気に入ってます。
でもレーザーが端っこは行き過ぎですね(笑)

No title

こんばんは

アイデアてんこ盛りで感心して拝見しました。
C8Nは多くの方が使用してますが、それぞれ工夫されていて良い作品が多いと思います。
最近のフラットを見てみたらズレてました、時々確認が必要だと思いました。

No title

> マネリンさん、こんばんは~
所有している85EDはそれは素晴らしいシャープな筒なんですが、こういう安価な筒をあれこれ調教して楽しむのもいいですよね。
というか撮影よりもそちらの方が楽しいのかも。
そういう方沢山いらっしゃるんでしょうね。
以前、海水魚の飼育をしていたことがあるんですが、120センチのアクリル水槽にオーバーフローの浄化システムを自作した事があります。
元々は海水魚が飼育したくて始めたのですが、途中から海水魚の鑑賞よりも自作浄化システムの水質管理に萌え萌えしていました。
どうやったら温度の安定,PH状態が良くなるのか。
お金をかければ素晴らしい浄化システムは幾らでもあるんですが。
自作した浄化システムの水の状態が良いと、とても満足。
性格ですね(笑)

No title

地震大丈夫ですか?
結構揺れたようですね。何事もないことをお祈りしますm(_ _)m

No title

> こたろうさんさん、こんばんは!
ご心配ありがとうございますm(_ _)m
携帯の警報音が鳴り焦りましたが、こちらは停電もなく大丈夫でした。
昨年9月の震災で甚大な被害を受けた厚真町が6弱で断水などの被害が出ているようです。
これ以上大きな余震がない事を祈っております。m(_ _)m
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR