Hyperion EXTRA 260 40e 3S仕様 製作

イメージ 1

Hyperion EXTRA 260 40e 3S仕様の製作です。

製作は、3S化するにあたっての変更点、
自分なりに気を使った点等を交えながら進めれれば。
と思います。

それでは、さっさといきます。

■水平尾翼とエレベータの取り付け
イメージ 2


水平尾翼とエレベータを取り付けました。
今回は全て付属のものを使いました。ヒンジの追加などもしていません。
左右のエレベータは、付属のピアノ線で繋ぎます。
以前40クラスを製作した時は、エレベータ取り付け後、両方のエレベータを手で持ってひねってみると、
結構ぐにゃっとの来るのが気になって、ピアノ線をもっと太いものに替えたり、
左右それぞれにサーボを取り付け、デュアルエレベータにしたりしました。
今回は普通に組みます。

ピアノ線の取り付け部分のフィルムカットしました。溝は元々掘られています。
イメージ 3


ピアノ線をヤスって脱脂しました。
イメージ 4


一度仮組みして、水平尾翼に対して、ねじれ、反りがないか、
ヒンジラインがきちっと揃っているか確認します。
イメージ 5

イメージ 6


ヒンジを接着する際に、フィルムに接着剤が付いて動きが渋くなるのを防ぐ為と、
シッカリ接着できるようにヒンジを差し込む部分の周りのフィルムを少し大きくカットしました。
イメージ 7


水平尾翼を取り付けました。
水平尾翼の取り付けは、機体本体側の尾翼差込の開口部が結構大きかったので、
厚紙などを挟みながら水平を出し接着しました。
エポキシでの接着指定ですが、瞬間接着剤の低粘度と中粘度を使って接着しました。
続いて左右のエレベータを繋ぐピアノ線を接着しました。30分エポキシを使いました。
エポキシがフィルムに付かないようにマスキングテープを貼っています。
カネの定規とアルミ板で上下ではさんで固定してます。
接着中
イメージ 8

イメージ 9

水平尾翼とエレベータの取り付けが完了しました。


■エレベータサーボの取り付け
イメージ 10


エレベータサーボはJRのDS-3201を使います。
元々のサーボの取り付け穴は標準サーボ用の穴が開いています。
JRのDS-3201はミニサーボなので、このままではガッパです(^^;
しかし、このキットにはミニサーボ取り付け用のベットがご丁寧に付属していました(^^)ノ
少しでも前重心になるように、機首側にサーボが寄るようにベットを接着しました。
画像右側についているのが付属のミニサーボ用ベットです。
リンケージロッドの長さからすると、本当は逆だと思います。
イメージ 11

サーボも取り付けました。
イメージ 12

フィルムを大きくカットしましたので、このままではベニヤがムキ出しです。
ミニサーボに合わせて周りにフィルムを貼りなおしました。
イメージ 22

エレベータサーボの取り付けが完了しました。


■エルロンサーボの取り付け
イメージ 13


次にエルロンサーボを取り付けです。
サーボは、Hyperion ATLAS HP-DS13-TMBです。
このサーボはミニサーボよりも更に小さいので、付属のベットでは長さが足りません。

ぁあ・・工作しなければなりません(-_-;

元々開いている標準サーボ用の穴は、エルロンラインに対し直角ではないので、どうせならと、
サーボを既存の穴より斜めに取り付け、サーボから真横に出したサーボホーンと動翼が水平になるように作ってみます。
へたくそなわりには、ヘンなところにこだわりはじめました(=_=)

こんな"物体"が出来ました(笑 3mmベニヤで工作です。
イメージ 14


仮に取り付けてみます。
イメージ 15

サーボものせてみました。
イメージ 16

ベットを接着、サーボも固定しました。

大きく開口したので、フィルムを貼り直しました。
イメージ 17



できました。ヽ(^^)ノヽ(^^)ノ。。。。。
が、、、、

サーボを動翼ラインに対し直角に取り付ける為に上下からべットで挟みましたが、
この方法では、サーボホーンの取り付け位置がエルロン側にズレます。

一度ロッドをあてて大丈夫だと確認したはずなのに。。あれ??
付属のリンケージロッドでは長すぎて使えません。この辺りが工作(性格(-_-?)です(ハァ。。

ロッドを短いものに替えてもいいのですが、なんだか買いに行くのもめんどいので、
ベットを作り直すことにしました(どっちがめんどうだか。。)
ていうか、何となくこれを作っているうちに別のやり方のほうがいいな~とも思っていたので。。

という事で、もう一度作ってみました。
今度は、素直に元々のサーボの穴に準じてます。
サーボホーンをサーボに取り付ける時に動翼と平行になるように取り付けるようにします。
こんなのです。
イメージ 18


やっぱしなんだかこっちのほうがすっきりしています。
イメージ 19


ベニヤがむき出しなので、フィルムを貼りました。
イメージ 20


こんな感じです。
メンテナンスの事を考えて(サーボがダメな時に簡単に取替えれるようにとも言う)
作ったベットはネジっこで固定します。気分的にも作り直して正解です。
イメージ 21

一度目に作ったベットをガッチリ接着したので、綺麗に削り飛ばすのが一番大変でした(^_^;
エルロンサーボの取り付けが完了しました。

次回に続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

エルロンサーボってこんな小さいのでもトルクは大丈夫なんですか!?3セル仕様、結果が楽しみです!!上手くいったら真似し・・・・(@。@)。CAPのペラを真似して14×7Eから15×7Eに換えてみました。まだテストしてませんが、私のはちょっと重いので丁度いいかも。

No title

こんばんわー。明日からは予報では風はあまりないのでテストにはもってこいかもしれません、3セル仕様エクストラ楽しみに飛行場でお待ちしております(^^)/

Takachanさんこんばんはです。エルロンはトルク無くても意外といけそーな感じです、自分のセブのピッツも標準でマイクロサーボ(トルク1.8kg)*4個仕様ですが、今のところ問題はありません(^_^)v
エレベーター・ラダーもトルク4kgクラスあれば問題ないと思います。

No title

Takachanさんこんばんは。
3セル仕様テストフライトしました!
結果はバッチリです(^v^)
ファーストフライトの動画も撮りました。
あとで記事にします。
エルロンサーボも飛ばした感じでも問題ナシです。

No title

T(仮)さんこんばんは。
本日は後片付け大変お世話になりました^^;
あんな急に雪が降るとは。。。。
明日の暴風はどうなんでしょうかね。。。
YAKの引き具合もバッチリでしたね!
ではでは!!

No title

T(仮)さんこんにちは!!予約したセブのピッツは4月の後半届く予定です。メカをどうするか迷っています。推奨のHACKER A50-16Sでいくか、スペックの近いHPのZ4025-16か真似して(笑)Z4035-10。バックマウントやペラアダプターも必要ですよね!?またアドバイスお願い致します!!

No title

nam_worldさんこんにちは!!フライト成功おめでとうございます!!すごく貴殿たちの飛行場へ見に行きたいのですが、さすがに北海道は遠すぎます・・・。今日、CAP580のペラを15×4Eに換えて飛ばしましたが、ヘタクソな私には強力パワー&反動トルクをもてあましました・・・・。おまけに風に煽られて着陸失敗で折れて1Fの命でした(TへT)。機体は大きな損傷はありませんでしたが、腕を過信して「着陸なんか楽勝~」と思って風の向きを無視した結果で、かなりへこみました。練習しなければ・・・!!

No title

Takachanさんこんにちは。
ピッツのモーターの選択ですが、ここではハッキリと書けませんが、推奨のモーターと4025-16はこちらでどちらもテスト済みです。
そして今は4035-10になっています。予算を考えるなら、私なら様子見でまず今のCAPのユニットで5sで試してみます。ペラは今回過激だった15*7Eです。50-16,4025-16は6sでも、推力不足→ペラのダイヤ,ピッチを上げる→負荷が増える→回転が下がる→があまり推力が上がらない→もっとペラを・・・と推力スパイラルに陥りました。最後は煙が・・・。たまたまかもしれませんが、もう少し様子見した方がいいと思います!

No title

テスト済みですか!!さすが!!今日たまたまリトルべランカさんのブログ見ていたら、JR飛行大会でセバちゃんがMiss Wind S 50EをA50-16S+セルで17X10Eで飛ばしてモーターカットで不時着って書いてありました。アンプが70Aで不足気味らしい。。。結局16×10Eに変更したらしいです。機体が違うのでなんともいえませんが、ピッツもバイプレーンで総重量が同じくらいなのでやはりパワー不足!?やはりエンジェル50やスホーイ50などに比べると重いからでしょうか!?なるほど、CAPのユニットで極力軽くして試すのも有りかも知れませんね。それかいきなり4035-10で行くことにします!!これってバックマウントじゃないからバックマウントセット必要ですよね?HP-Z40-BKMNT-DLX でいいのでしょうか?すんません~しつこくてm(-.-)m

No title

Takachanさんこんばんは。
ピッツの場合バックマウンセットでも良いのですが、必要なものだけだと。Hp-Z40-Bkplt-Setでいいです、デラックスだとコレットとかが必要な機体だと必携ですが、ピッツのみでいくなら少しやすいセットで間に合います(^_^)v

nam_worldさん、こんばんは3セル仕様の成功、改めておめでとうございます。わたくちのYAK、ピッツに続き足と胴体損傷ですW
風の強い日に収まるの待ってからとばすと何かおこるようです(-_-)
スナップロール中にプロペラコレットごとペラ吹き飛んで失速
軟着陸でぐちゃっと、足は再起不能ですが胴体は瞬間工房で直りましたが、空で外れてくれてよかったです。
地上テスト中とかだとぞっとします、気をつけないとだめですねぇ、ペラなんて凶器以外の何でもないですから、反省<(_ _)>

No title

Takachanさんこんにちは。A50-16S+6セルで17X10Eでモーターカットということです。セバちゃんですから冷却のしない様な所にアンプは積まないでしょうから、仮にMAX70Aだったとして、6Sですので1400W以上入力していたという事ですよね。推力5kgほど出る設定だったと思います。全備3000gとの事ですので推力比160%以上はありそうですから、それは引きは良いでしょうね!しかしA50-16Sの仕様は、カタログ上で最大電流55Aとなっています。70Aのアンプがカットしてくれてモーターを助けてくれたという事でしょう。80Aのアンプだったら・・^^;なので、こちらでは、4035-10の重量からいっても一回り大きいモーターを積んでいます。カタログ値でピーク78A推奨1400W、最大短時間1600W。これを1300-1400Wほど入れてます。私たちはカタログ値を信じて購入するしかないのですから、本来こんな考えでいくのだと思います。ハッキリ言ってどう考えてもA50-16Sで17*10のペラは回しきれません。
壊れます^^;

No title

T(仮)さん。こんにちは!
YAK・・できたばっかしなのに。。。残念^^;機体の点検整備、互いに気をつけましょう。(って自分のスホイ140がいちばんやばかったですよね。。)
だけどYAK、結構良い引きしてましたよね~ペラが大きいので降下速度もいい感じでした^^
私も今日は(昨日?)風がおさまるのを待ってましたが、やまず。壊しそう(笑)なのでやめときました。明日は雨の予報・・・。なんてこったい。モモもいるので、合間を見て飛ばします!

No title

T(仮)さん、nam_worldさん、詳しく説明いただき感謝です!!非常に参考になりました。プロペラ機でもメーカーの推奨でも駄目な場合もあるんでね。EDFやT-REX600の3Dフライトなどは常にフルハイ状態の限界ぎりぎりでした。あとは機体が早く届かないかな~。
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR