M42

イメージ 2
2018.11 オリオン座 M42
鏡筒:セレストロンC8-N+ビクセンコマコレ3
カメラ:SBIG ST8300M(ー20度)
L:10分×4枚,5分×2枚,1分×8枚,30秒×16枚,10秒×16枚,5秒×16枚
RGB(2×2bin):5分×4枚,1分×8枚,10秒×16枚
総露出時間:2時間42分
ピント:HitecAstro HitecDCFocus+遠隔パッカ~ンバーティノフマスク
赤道儀:Kenko EQ6Pro
ガイド:orion162mm(D50mm)
 +QHY5L-2M+PHD2
撮影場所:自宅庭チャリンコハウス観測所

いつも自宅撮影ではLは1枚5分と決めています。遠征では10分。
なぜ5分かというと、難しいことも分かりませんのでなんとなくというところです。
冷却CCDを仕入れて初撮影した時に、何か何だか分からずとりあえず1枚5分で撮って、その画像が今まで自宅で撮影していたデジカメでの画像とは比べ物にならない写りに驚いて、それ以降ずっと5分です。ダークを温度別に5分を作っておけば良いというのもありますが。
デジカメだとF5くらいの筒だと新月でISO800で3分でヒストグラム中央とMAXの中間、5分で真っ白けなんですが、冷却CCDだと5分で問題なさそうなのでそのまま。
で、今回は1枚10分で撮ってみようと思い撮りやすい対象を撮ってみました。
なぜそう思ったのかというと、前回の馬頭の撮影でHαを撮影するのに1枚15分で撮っていたのですが、設定を変えるのを忘れてそのままでLを撮ってしまいました。
貴重な時間を。。と思ったんですが、

Lを1枚15分で撮影×2枚をSI7でコンポジット・デジタル現像→JPEG
イメージ 1

なんか普通に写ってる

という事で15分はいくらなんでもという事で、10分で撮れるなら枚数が少なくて済むし画像処理の時間も短縮できるかと思ったり、いやいや、長い方がすげー良くなるのかも・・と思ったり。
で、結果は分かりませんでした(笑)
EQ6君も頑張っているんですが、うちのは違うぞー、とは言えない普通の追尾状況ですし、風が吹くとピョンピョン暴れます。その他エロエロと考えてもやっぱり5分というのがベターなのかと思った次第でした。


んでわ


スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR