6D試写

6Dですが、会社帰りに譲っていだいてから自宅に戻り、飯もソコソコにR200SSSに付けて試写してみました。
ずっとガイドが調子悪く困っていましたが、この日もやっぱりダメなので5分3枚撮った後3分にしてノータッチで撮りました。その方がまだ止まっていました汗
で数枚撮った後、Baby-Qに載せ替えているうちに一面雲に覆われて試写できずでした。
イメージ 1

M45
2017.10.27
鏡筒:ビクセンR200SS+コレクターPH
カメラ:Canon EOS6D SEO-SP4
ISO1600 180sec×3ノータッチガイド
ISO800 180sec×3ノータッチガイド
ISO800 300sec×3(orion162mm(D50mm)+QHY5L-Ⅱ+PHD2)
合計33分
ピント:HitecAstro HitecDCFocus
赤道儀:Kenko EQ6Pro
撮影場所:自宅庭
画像処理:Rstacerでダークフラット処理,Si7,PScc2017 25%に縮小

感度も露出時間もごちゃまぜコンポジットですが、6Dの初撮影という事で。
さらさらっと処理しちゃおうと思ったら、フラットが合わずとりあえず周辺を何とかするのに莫大な時間を要しました(笑
もうこれでもうあきらめました。。。

譲っていただいた時にお伺いしていましたが、カメラのスケアリングは良好のようで良かったです。
ガイドが止まればシャープに写るんでないかい、と感じた試写でした。
次の新月期に期待です。

んでわ


スポンサーサイト



ぐっすり

イメージ 1


んー
かわいいワイ

フフフフ・・

ヒヒヒヒ・・・

ヒーッヒヒッヒ

ヒヒヒ

フフ

フフフフフフ・・・

ルルルルル



♪フフフルンルン

フルサイズ。

イメージ 1
来ちゃいました。

EOS6D SEO-SP4です。

地元の星仲間のent*atu*aiさんが2台中1台を手放されるとの事で、先日譲っていただきました。
ent*atu*aiさんありがとうございます!

イメージ 4
astro60Dを添えて。60Dほとんど使ってませんが・・
SEO-SP4のサイドに通常ついている識別シールは、瀬尾さんが付け忘れたようですが正真正銘のSP4です^^
SBIG ST8300Mフォーサーズ
Astro60D APS-C
SEO SP4 フルサイズ
で一通り揃いました。
揃えたいワケでもないんですけど。

これも
イメージ 2
IDAS HEUIBⅡ

という事で、フルサイズ導入に合わせて久しぶりに協栄東京さんに注文。
イメージ 3
タカハシ フラットナー1.01×(FSQ-85ED専用)

装着の義
イメージ 5

イメージ 6
フラットナーは直焦点に使う延長筒についているCA-35と交換してねじ込めばOKみたい。

憧れのフルサイズでの撮影が楽しみです。
写野がかなーり広くなるので、自宅撮影ではどう使っていくか考えなくてはならないと思います。淡いのとかモクモク的なものは除外なのと隣の家の屋根をかわさなければならなかったり。
けど、そのうち遠征に行った際には楽しい一枚が撮れそうです。
自宅ではBaby-Qで使うよりR200SSかC8-Nを加工してコレクターPHで使ってみようかと。
自宅撮影でのデジカメ撮影は光害カットフィルターを駆使せねばならず、冷却CCDを導入したワケですが、フルサイズ6Dどうかな?
赤道義も固定したので、うっだら撮ればいけるか。
と楽しみです。

久々に嬉しい買い物をしました日記でした。

んでわ




R200SS調整

R200SSの星像がしっくりこなく、ずーっと弄ってました。
斜鏡と主鏡のセンターマークを付け直したり-
イメージ 1

筒の中に蜘蛛の巣がはってたのを取ったり(笑)

一昨日試写してみました。
コンポジット+デジタル現像直後の写真を分割して-
イメージ 2

周辺星像を切り出しました。等倍
イメージ 3

上の方がちょっとアレですがまぁまぁまでいきました。

という事で
スライスツールの使い方を覚えたのでやってみたかっただけです(笑)

イメージ 4
超テキトウ処理で
ST8300M+R200SS コレクターPH
L5min×4 RGB5min×4

んでわ


M31追加撮影

先月撮影したM31が寂しい感じだったので追加撮影しました。
イメージ 1
M31 アンドロメダ銀河
2017.09.21,0929,10.?の3夜
鏡筒:ビクセンR200SS+コレクターPH
カメラ:SBIG ST8300M(-15度,-30度)
L5分×24枚→8枚追加=2時間40分
RGB5分×各4枚→各8枚追加=3時間
Hα15分×4枚=1時間
合計6時間40分
ガイド:orion162mm(D50mm)+QHY5L-Ⅱ+PHD2
ピント:HitecAstro HitecDCFocus
赤道儀:Kenko EQ6Pro
撮影場所:自宅庭
画像処理:Si7,PScc2017

星を保護しないで煽ったら色が大変なことになって元に戻らなくなってしまいましたがこれでおしまいという事で。
結構長くこの冷却CCDを使っているけどHαフィルターを初めて使ってみました。
あとは何撮ろうか。自宅だと明るいのしか撮れないんだよなぁ~

んでば








馬頭

もうすぐ雪が降りそうな秋になって結構晴れが続いたりしているので夜中ぼちぼち撮ったりしているのですが調子よかったガイドが途中で止まったりするようになり困ったちゃんでまいっちんぐまちこ先生で悩んでるタール人な昨日この頃です。
イメージ 2
IC434 馬頭星雲 2017.10.16.18.19
鏡筒:ビクセンR200SS+コレクターPH
カメラ:SBIG ST8300M(-30度)
L5分×5
ガイド:orion162mm(D50mm)+QHY5L-Ⅱ+PHD2
ピント:HitecAstro HitecDCFocus
赤道儀:Kenko EQ6Pro
撮影場所:自宅庭
画像処理:テキトウ処理

ガイドガタガタで試しにノータッチで撮ったとのと比べて少しましなぐらいでした。
中でも留まったぽいのをピックアップして重ねてみました。
乾燥空気送風装置でやってるのですが斜鏡か主鏡かコレクターかCCDかどっかなっちゃうようでで今までこんなことなかったので悩んでるタール人です。

カラーも撮りましたが
イメージ 1
RGB5分×4

( ̄▽ ̄)

んでわ




M45

イメージ 2
M45
2017.09.29,30の2夜
鏡筒:セレストロンC8-N+ビクセンコマコレ3
カメラ:SBIG ST8300M(-15度)
(L5分×12,RG5分×4,B5分×8)×2セット
ガイド:orion162mm(D50mm)+QHY5L-Ⅱ+PHD2
ピント:HitecAstro HitecDCFocus
赤道儀:Kenko EQ6Pro
撮影場所:自宅庭撮影小屋
画像処理:Si7,PScc2017

じっくり4枚モザイクして遊ぼうと撮ったら、
左の輝星でおもいっきりゴースト出ました。
右側上下で終了~

ちゃんちゃん

んでわ
-------------
合体テスト時のL
イメージ 1


プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR