Tawami3 v2.01

g-logさん開発で私も愛用させていただいているマルチスターオートガイドソフトDeflexure3がアップデートされるとともに、たわみ補正&オートフォーカサーソフトのTawami3もVer.2.01にアップデートされました。

以前のバージョンでは私の使用している冷却モノクロCCDカメラST-8300MのFitsファイルが取り込まれる際、画像がズレて表示されていました。先日g-logさんにその旨をお伝えしたところ早速修正していただけました。またJPEGファイルにも対応されたようです。JPEGファイルに対応されたのは利用者の方にはとても嬉しいアップデートだと思います。これでデジカメでも使えるようになったと思いますのでマルチスターガイドソフトとともに利用者の方もたくさん増えていくと思います。
私もデジカメでも撮影するので、モノクロCCDと両方で使用出来るので嬉しいです。(デジカメでのテストは私は出来ていないのですが)

Tawami3ソフトは機材のタワミによるガイドズレをソフトの力でもって補正しようというモノです。オートガイドしてガイド星は中心でちゃんと追尾しているように見えるのに、撮影した画像を位置あわせせずにコンポじっとしてみると、一方向にズレて(流れて)しまっている・・。。
詳しくはg-logさんHPのtipsにある「ソフトウェアによる撓み補正」をご覧ください。
撓まないようにお金をかけて機材をガチガチに固めるのもイイですが、ソフトでの撓み補正という考えは私的にも好きな考え方で、なんだかワクワクします^^

という事で、実際の撮影はできませんが、g-logさんに教えていただいた方法でST-8300Mの画像が正しく表示されるか新しいTawami3を試してみました。

まず、今までのTawami3でのST-8300のfitsファイルの表示画面です。
イメージ 1
以前撮影した天体画像ですが、Tawami3のレベルをいっぱいに上げた画面のスクリーンショットです。なにが写っているのかも確認できませんが、画像半分くらいから左右アベコベに表示された状態になっています。

次に同じ画像を新しいバージョンのTawami3ソフトで表示させてみました。
イメージ 2
取り込まれたままの画像です。元画像がちゃんと表示されるようになりました!

上の状態からTawami3のレベル+のボタンでレベルをあげてみると・・
イメージ 3
対象も確認できます。
確認に使用した画像は以前撮影したまゆ星雲です。

これでより使い良くなりそうです、g-logさんありがとうござます。

所用で実際のテストは2ヶ月ほどあとになりそうですが、実際使ってみたらまた日記にしたいと思います。


んでわ



スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR