スティックPC


天体撮影用にスティックPCを買ってみました。
モニターの裏のHDMI端子にぶっさして初期設定です
ピコレッタには出荷時の外装保護用の透明シールが貼られていますが剥がしましょう。サイドの換気用のスリットも透明シールで覆われています。傷付くのが嫌なので剥がさない事が多いのですが、スリットも覆われているのを確認していなく、設定途中でやたらと熱くなって焦りました^^;
イメージ 12


イメージ 3

当たり前ですが普通に動きました^^
イメージ 4

体重測定
イメージ 5
70g。

ということで、目論みとしては・・・そうです。
筒にPCも積んじゃえ~。です。

今の撮影に使っているPCたちです
イメージ 6

今の撮り方ですが、基本1赤道儀に対しPCを2台で使っています。赤道儀に筒を積んで配線をあちこち差してメインのPCを立ち上げたら、そのPCは直ぐにカバーを閉じてしまい、別のPCでメインのPCをリモートして撮影する。です。windowsリモートデスクトップ接続を使っています。自宅はもちろんですが、出撃の時もルーターを使い同じようにしています。他のリモートソフトを使ってタブレットやiphoneでも使いましたが、撮影状況を確認するくらいなら良いですが操作するのは個人的には使い勝手が良くなく、PC2台がやりやすい。
ということでメインPCを立ち上げた後はそのPCは終了まで開くことはありません。USBデバイスサーバーなど使ったこともありますが、いまいち動作が不安定。
で、これに目をつけました。リモートで使うから、自動ログインすれば立ち上げたら閉じてしまう画面なんて要らないし、キーボードも必要なし。そして小さいし軽いので、筒にまるっこ同架しちゃえば配線もすっきり。消費電力もエコだし、自己責任ですがモバイル用のバッテリーで動きます。
んー、これはいいぞ。と、あまり調べもせず衝動買いです。
で、例によって買ってからいろいろと調べると、撮影にたどり着くまでには少々問題もありそうです。
OSがwindows8.1Bingなるもので、今までお気に入りだったwindowsリモートデスクトップ接続が使えません。それと基本モニターに差しておかないと、自動ログインしてもリモートできません。調べると、画面へのぶっさしの件は同じ問題を解決してらっゃる方がおりましたので真似させていただきました。

イメージ 7
モニターに接続してるぞーとPCを騙すんですと。

メスメスのアダプタを付けて
イメージ 8
カッコわる(笑

けど、ちゃんとリモートできました。

リモートは暫定でChrome リモート デスクトップを使ってみようと思います。

スティックPCを手持ちのモバイルバッテリーに繋ぎ、windows7のノートPCで接続テスト。
イメージ 9

びふぉー
イメージ 10

あふてぃぁ
イメージ 11

撮影用ソフトを含めた天体関係のソフト(ステラナビ9,ステライメージ7,EOSDPPソフト,EOSユーティリティー,CCDSOFT,ascomプラットフォーム,EQMOD,PHD2,DeFlexure3_v105,ガイドカメラドライバー他)もろもろインストールしてディスク空き容量は15GBくらい。

動作ですが、撮影はしていませんが、ネットやらyoutubeとかやるくらいなら普通に使えます。youtubeはChromeではガクガクで、IEで見るならサクサク。熱は動画見ると結構熱くなります。
天体撮影に使うので熱対策は必要ないと思い、いちおうヒートシンクの大型化を図ったピコレッタにしましたが、普通にPCとして室内で使うなら、これからどしどし出てくるファン付のやつの方が無難な感じがします。

今は、立ち上げっぱなしで外出先からリモートしたりして結構楽しんだりしています。今は。^^

使ってみて調子よければ2台体制用にもひとつファン付のもいってみようかと。

参考


ファン付き



続編があれば、また。


ガイドテスト

セレストロンC8-Nを引っ張りだしました。
イメージ 1
M101 セレストロンC8-N 20センチニュートン F5 +MPCC
ST8300M L5分1枚 ステライメージ7 EQ6Pro 自宅庭
Kowa LM75JC(75mmF2.5~F22)F2.5+QHY5L-Ⅱ+DeFlexure3_v105 Multi star Guidingによるオートガイド

準備が整ってから楽しみに晴れ待ちしていた新しいガイドシステムのテスト中です。
イメージ 5
fuji XA-1 キットレンズ


ガイド状況
イメージ 3

イメージ 4


イメージ 2

んー素晴らしい

詳細はもう少し試してから書かせて頂こうと思います。

んでわー


2015.0404.皆既月食


イメージ 2
2015.0404 21:00
baby-Q直焦点450mm EOS60D ISO800 0.3秒 PSにてホワイトバランス調整

曇り予報でしたけど晴れました。
けど、もう曇り始めました。

自宅庭から速攻アップです

んでわー

最大食時トリミング
イメージ 3



20:32分頃
イメージ 1







極軸合わせアプリ

イメージ 1

前回の天体方面の日記から暫く経ってしまいましたが、その時書いた「極軸合わせ」についてです。
長いです。2ヶ月分のブログ更新くらいあります。(笑)
実践から確認作業まで。一話完結です。

一年くらい前に、天体撮影をされている「Zero Gravity」さんという方のブログで紹介されていた「スマートフォンで極軸合わせ」という記事を拝見させて頂いた時、これは良さそう。と気になっていたのですが、そのままにしていました。今回実際使ってみたところ良さそうだったので日記にしておきます。
結果から言うと、短時間で簡単に極軸設定が出来きて、人によると思いますが精度もなかなか良く、また毎回きちっと合ったり合わなかったりなど無さそうで、良いモノだと思いました。

iphoneとPolarAlignというiphoneのフリーソフトを使って極軸を合わせるというものです。
この方法、早い話、極軸望遠鏡をiphoneのカメラで覗かせて、極軸望遠鏡のレチクルパターンの代わりにソフトが表示しているパターンを使い、北極星を表示された位置に導入すれば極軸合わせ完了。という実に簡単なものです。

極望を使うので、北極星が見える場所でないとダメですし、もちろん極望の偏芯調整などやっておく必要があります。けど、いつもの極望を使った極軸合わせよりも優れた点があると思います。

1.赤道義の赤緯体を回して日付・時刻の設定が不要
手持ちの赤道義はEQ6Pro,SE2,GP-D赤道義ですが、どの赤道義も季節によっては.赤緯体が逆さまになり、望遠鏡を載せた状態での極軸合わせが不可能になり、極軸を合わせた後に望遠鏡を載せると撓んで極軸がズレたりします。GP-Dはそれを回避するのに半年に一度赤緯体を外して反転させたりしますが、この方法では、極軸望遠鏡のレチクルパターンの代わりにソフトのパターンを使うので、赤緯体を回してレチクルパターンを合わせる必要がなく、その手間が無くなります。
また、普通の方法では、日付・時刻の設定をしている途中でも日周運動は止まらないので、設定したあと素早く北極星をレチクルパターンの導入位置に導入するワケですが、意外と時間がかかったりして、もたもたしているうちに時間が過ぎていき、結果ちゃんとあったべか?とかスッキリしなかったりします。
この方法では、スマホのアプリがその時その場所の日付・時間、GPSでの緯度・経度などから北極星の時角を自動計算し、リアルタイムで導入位置を表示してくれるので、いくら望遠鏡の方位・高度の調整に手こずって時間がかかっても問題無しです。

2.極望を真正面から覗くので、目で合わせるより正確。
極軸望遠鏡は実視界度8度くらいあるので、極軸望遠鏡を覗く際、結構左右からでも覗く事ができます。覗き方によって導入位置が見かけ上ズレるので、なるべく真正面から覗いて正確に北極星を導入しようとするワケですが、合わせた後、もう一度確認のため覗くと、ちょっと違うかなぁ、とか思ったりします。
この方法はiphoneのカメラで覗くので、撮影方法で言うところのコリメート法と同じです。スマホやコンデジをアイピースにくっ付けてコリメート撮影するには、アイピースの中心にレンズをもってこないと上手に写せません。
これも極望のレチクルがスマホで見えるように位置を調整するのですが、ちゃんと見えた段階でほぼ真正面から極望を覗いた。ということになると思います。いちばん上の画像はちょっとズレていますが。

PolarAlignの使い方は簡単で使えばわかるのですが、簡単に書いておきます。

これをダウンロードして


開くと、こんな画面が出てきます。


今の北極星導入位置が黄色の○で表示されているので、そこに実際の北極星を導入するのですが、左下のカメラのマークをタップするとiphoneのカメラが立ち上がり、こんなふうになります。


極軸望望遠鏡をiphoneで覗かせて、ソフトのパターンと実際に極望を覗いた時に見える極望のレチクルパターンの大きさを合わせて、ソフトの黄色丸に北極星を導入すればOKという事です。
ソフトのパターンの大きと、極望のレチクルパターンの大きさを合わせるには画面下にあるスライダーで調整します。ソフトのパターンそのものの位置は、画面を指で触って動かす、あるいは上の矢印で動かすこともできます。一度合わせたらSaveボタンで保存できます。


で、実際使った事がないし、即実践もアレなので、ほんとにちゃんと導入位置を表示してくれるのか、簡単に机上で確かめてみました。

ステラナビゲーターVer.9を立ち上げ、リアルタイム表示に設定しました。

極軸望遠鏡は倒立像なので画面回表示で180回転しました。リアルタイムで北極星の位置が表示されている状態です。

この画面に写っている仮の天の北極をPolar Alignソフトを立ち上げたiphone6Plusで覗いて撮影したiphoneのスクリーンショットです。


ぉお・・・・・・あってる。(笑)

という事で、調子良さそうなので実践投入してみることにしました。

いちばんの問題は、どうやって極軸望遠鏡にスマホを固定するか。です。
コリメートするのに上下左右の微調整が出来ないとならないし、あまりグラグラしていても調子悪い。
で、手持ちであった材料の中に、MEADEのデジカメアダプターⅡがあったので、これに手を加えて利用することにしました。スマホを置けるようにする必要があるので、家にあった板を切って台にし、L字の金物で固定できるようにしました。

こんなのです。構想10分、工作10分(笑)
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これを庭に常設してあるSE2赤道義に付けてみました。




次に極軸望遠鏡のレチクルパターンが写るようにスマホの上下左右微調整し、極軸望遠鏡のレチクルパターンの中心とソフトの中心を合わせました。

一年以上前に合わせた極軸のままです。背景の赤色の極望の照明が中心にぴったり合えば真正面から見ている。という事になるんでしょうが、空の状況が怪しかったのでこの辺で調整をやめておきました。
黒く太い線が極軸望遠鏡のパターンで、左上に北極星導入位置の○があります。
白く細い線がソフトのパターンです。右上に北極星導入位置の○があります。
ソフト側の導入位置近くに北極星が写っています。

ソフトで時角は計算してくれているので、あとは天の北極(レチクル中心)との距離を合わせればOKということになりますが、EQ6,se2の北極星導入位置は左上に写っている○だけで、歳差運動は考慮してくれていません。

で、EQMODを立ち上げて、○のどの辺に導入すれば良いか確認してみます。


○の結構天の北極側に導入するようです。

という事で、ソフトの円の大きさを、極望の○の位置を見ながらそれっぽく合わせて、いつものように望遠鏡の方向と高さをネジで調整し、北極星をソフトの○の中に導入しました。もうちょっと内側か。


これで極軸設定完了。という事になります。

基本極軸望遠鏡を使うので、それ以上の精度は望めませんが、赤道儀を設置したあと3分もあれば極軸の設定を完了できるので、良いモノだ。と思いました。



確認作業
で、ここまでで極軸の設定は終わりですが、では実際どんな精度で極軸を合わせる事が出来たのか。です。
以前「g-log」さんのブログで「極軸を合わせる」という記事を拝見させていただき実践したことがある、「実際の天の北極と望遠鏡の向いている極軸とを照らし合わせてみる。」という作業にて確認しました。

望遠鏡をホームポジション(北)にセットして、赤道義のモータードライブをMAXにして30秒撮影しました。


それを以前つくったコレと


フォトショップで重ねて中心点を探り、赤印を付けました。


拡大


出来上がり。赤の点が赤道儀の向いている天の北極です。


赤道儀が向いている天の北極が分かったので、実際の天の北極と確認するためモータードライブを止めて5分×3枚の日周運動を撮影して比較明合成します。
・・・とやったはずが、モータードライブを止めるのを忘れ追尾撮影してしまいました。。

やり直す時間がもったいないので日周運動を撮影する作業は中止しました。

なので、ステラナビで確認します。
ステラナビの日付・時刻を赤道儀の向いている天の北極を撮影した時間と合わせました。
画像マッピング機能を使い、先ほど作った写真をステラナビに取り込みました。


拡大していきます


どんどん拡大


赤道儀の向いている天の北極と、ステラナビに表示されている天の北極のズレが見えてきました。




拡大MAX


で、最後に赤十字のステラナビの天の北極と赤点の赤道儀の向いている天の北極との距離を測ります。
ステラナビの距離測定機能を使いました。

だいたいですけど、この確認作業では、52秒角のズレ。という結果でした。

北極星の導入位置をもっとEQMODで示されていた天の北極側に導入すればもう少し正確に合わせられそうです。

で、それを考慮し実際2回目の実践も済ませました。
2回目はPHD2のドリフトアライメント機能で確認作業を行いました。画像はありませんが、5分ほどドライブしてグラフは水平のまま。なかなか精度よく設定できたようです。
という事で、iphoneを持っていれば簡単な工作で素早く簡単に極軸設定が出来そうです。


おち
最後ですが、極軸もいいとこ合ったし、ノータッチでもそこそこ行ってくれるだろうという願いを込めて(笑)、南に見えていたスピカをse2赤道義+ベイビーQ327mm+Eos60Dで5分間ノータッチガイドしてみました。


中央等倍


( ̄▼ ̄|||)

極軸の問題ではないみたい。
オートガイドするからいいもん。。


んでは
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR