Fuji X-A1自宅の空で試写

この日、Astro60DとBaby-Qの周辺星像の調整をしていたのですが、さっぱり良くならず、諦めてFuji X-A1の試写をしました。今時期は短い筒では特に撮るものもなく、自宅の空ですし、わかりやすいところでM13を撮ったのですが、このカメラ、非改造で赤いのが良く写るという事でそれを試したく、何かないかと探すと「ベガ」が昇ってきていました。M57の周りの赤いやつの写りでわかるかな?と撮っているうちに、今度は隣の屋根から、はくちょう座のサドルが顔を出してきました。
イメージ 1
2015.02.25 03:18分 はくちょう座 サドル付近
FUJIFILM X-A1 Baby-Q+RD(F3.8 327mm)
ISO2000 60sec リサイズのみ

そろそろ寝る時間ですけど、こうなったら撮ってみるしかありません(笑
屋根からもう少し顔を出すのを待って、上の続きで1分を8枚撮ったのを過度に画像処理してみました。
イメージ 3
2015.02.25 03:25分~ はくちょう座 サドル付近
FUJIFILM X-A1 Baby-Q+RD(F3.8 327mm)
KenkoSE2赤道儀 50mmガイド鏡+ASI120MM+PHD
ISO2000 1分×8枚=8分 自宅庭
RStackerでダーク・フラット補正 si7 pscc2014

ちょっとやり過ぎで見苦しいので小さく貼りましたけど、いちばん上の写真ISO2000の1分であのような自宅の空8分でこんななるのはやっぱり赤の写りはいいかもで、たくさん撮れば普通に「ソレ」の写真になるかも。と思いました。

X-A1を使ってみて、みなさん仰るようにピント合わせがちょっと厳しいですね。最初のピント合わせは良いかもですが、撮影中の気温変化でのピント移動の調整は結構時間がかかるかもしれません。コレも外してしまい、周辺星像が放射状に伸びてしまいました。

で、赤いヤツはいいとして、それよりもこれ。
イメージ 2

色の混じり具合、いいですね。
画像処理は嫌ですが、処理してみたくなる色の混じり具合です^^;
非改造機だからでしょうか、短い筒での撮影のフラット補正が自宅の空でこんなに決まることは今まであまり経験がありません。
(フラット補正後、傾斜カブリ補正とRの過補正のみ少し手補正しています)

いつもの自宅撮りは色カブリ処理だけで、まいっちんぐ~なのですが、素晴らしい。それだけでもう満足です。^^
そのうち庭の外へ連れ出したいと思います。

んではー


スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2015年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR