SOREL GLACIER

ポチネタです。
厳冬期撮影対策でブーツ購入しました。
イメージ 1
 
去年一昨年とペラペラのブーツで我慢していましたけど、おじさんはもう我慢が出来なくなりつつあります。足が温かければマイナス25も耐えれるかな?と。
あとは撮影意欲と冷却CCD修理完了待ちです。
 
ではまた。
 
 
スポンサーサイト



ison

夕べはざんねんなお酒を飲んだ方も多かったようですね。
ちなみに私はサントリーの"カク"でした。
嘘です、飲みませんでした。
 
核崩壊と言われてからその後、どんななったのか覗いてみました。
SOHO衛星 LASCO3
イメージ 1
 
残骸が見れるかも・・とも言われてもいますが。
 
では
 
 
 
 

アイソン彗星って

 
近日点通過でどうなっちゃったのでしょうか?
 
SOHO衛星 LASCO2
イメージ 1
 
 
LASCO3
イメージ 2
 
 
 

ばら中央(NGC2244)

 
イメージ 1
ST8300M,Baby-Q画像中央付近トリミング 等倍
 
今年もあと一カ月ほどになりましたが、修理に旅立ったカメラは今年中には戻らないでしょう。そろそろ新月期ですが今年天体撮影できるかも怪しくなってきました。なので、こいつをなんとかならないかと何度か処理し直したりしているのですが、いつも途中で投げてしまいます。真ん中切って貼っておきます。このばら星雲の画像処理をしていると、本物の植物の薔薇をイメージして、頭の中のそれに近づくような処理をしてしまいます。これに限らず、かもめ星雲とか。
ただの愛称とは分かっているのですけど、どうしてもそんなふうにしてしまいます。あと、webで拝見した作品のイメージとか。なので、それらにとらわれて、へんにこじってしまわないよう、画像処理中はこんなふうに180度回転させて処理したりしています。
 
んでは~
 
 
 

PanaのCF-W7をSSDに交換

先日、パナソニックのCF-W7をいただきました。

右のB5タイプのです。左はCF-Y5。
イメージ 1


OSがVistaで遅々だったので、ハードディスクをSSDに交換してみました。

左の128GBのを入れました。
イメージ 2


既存のハードディスクを取り出して
イメージ 3


重さを計りました。

今までのハードディスク
イメージ 4


交換したSSD
イメージ 5



ついでにOSをWindows7Proにクリーンインストール。
イメージ 6


結果は、今までとは比べものにならないぐらいバカッ早です。
ハードディスクには戻れなくなるよ、とは聞いていたものの、この快感は戻れません。

ではまた。

講習

超優良まる一日講習中

イメージ 1


。。

セレストロンC8-Nで馬頭星雲

 
イメージ 2
2013.11.01 23:23~ オリオン座 IC434馬頭星雲
SBIG ST-8300M(冷却-20度) L10×14枚 RGB10分×2枚
CELESTRON C8-N(f1000mmF5.0)+BAADER MPCC
ASI120MM+50mmガイド鏡+PHD 北海道幕別町 日新
CCDSTACK2でダーク・フラット処理 SI7でLRGB合成後、CS5、トリミング
 
これもST8300Mを修理に出す前に撮った画像ですが、ゴーストというか、もう大変なことになってしまったのでトリミングしました。この画像でも丁度馬頭のあたり、画像中央にでっかく長丸のゴーストが出ていて、馬頭星雲の首あたりと同化している黒い筋が入ってたりしています。画像処理で目立たなくしたものの、色合いも適当です。それでもC8Nの星像もそこそこで、馬頭も左側のモワモワもそれっぽくはなったでしょうか。
 
 
あんまり酷いのでトリミングしましたけど、切るまえはこんなのです
イメージ 1
ST-8300M
できるだけはやく、
いや、それよりも
できるだけ安く直って欲しいです^^;;;
 
ではまた
 
 

天文年鑑2014に掲載

天文年鑑2014に、M31とパンスターズ彗星接近の写真を掲載していただけました。
2013112300.jpg

11月5日夜に携帯に03番から始まる知らぬ番号の着信があり、出てみると「誠文堂新光社の○○です」との事。一瞬なにがあったかと思いました。
掲載のお礼という事で昨日一冊届きました。
普段天文年鑑に縁があるような写真は撮らないのですが、いい記念になりました。

今回発行の天文年鑑、表紙も同じパンスターズとM31の写真ですが、当時webで拝見したベテランの方がε180とフルサイズ冷却CCDでご撮影された素晴らしい写真で、拝見した時、自分の撮影した画像とのあまりの違いに、天文ガイドへの応募をやめようと思った写真でした。構図的にも完全にカブっていますが、素晴しすぎて表紙となった為、パンスターズの空き枠に滑り込ませて頂けたという感じです。実にラッキーでした^^


ではまた~

ばら星雲

 
イメージ 1
 
2013.11.05 23:31~ いっかくじゅう座 ばら星雲NGC2237
SBIG ST-8300M(冷却-20度) L=10分×16枚 RG=10分×2,B10分×4
Takahashi FSQ-85ED f450mm F5.3 直焦点撮影
KenkoEQ6Pro赤道儀
ASI120MM+50mmガイド鏡+PHD 北海道幕別町 日新
ccdstack2でダーク・フラット処理、si7でLRGB合成後、cs5

ST8300Mを修理に出す前に撮って、処理してあったのを貼っておきます。
窓板の影響か、輝星がちょっとへんでした。特記する事もあまりないですが、この星雲、輝度差は結構ある感じですが、赤の要素が多いので赤ベッタリのっぺりにならないよう、星雲の明るい箇所を一部分R255できっちり飛ぶように処理し、メリハリをつけました。

では~


C/2013 R1(Lovejoy)

カブリがどうしたとかの域を越えているような気がする^^;;;
イメージ 1
2013.11.17 27:00~
Central DS ASTRO60D (-25度) ISO1600 60秒×64枚を核基準で合成
FSQ-85ED f450mm F5.3 RD:QE0.73X(327mm F3.8)
Kenko SEⅡ赤道儀
QHY5L-Ⅱ+OAG9+PHDによるオフアキシスガイド
自宅撮影
いちおう画像処理は、RAP2でダークフラット補正、CCDSTACK2で現像、SI7で8枚ずつトーナメント方式で加算平均、デジタル現像後フォトショップで頑張るが撃沈、です。
 
ガイドシステムのテストを兼ねて撮ってみました。
 
64枚コンポジット直後+デジ現の画像。
こっちの方が・・どうでもいいか
イメージ 2
 
では~
 
せっかく1時間撮ったので、彗星の移動の様子を動画にしてみました。
RAP2でダークフラット補正、フォトショップでざっくり処理した画像をjpegで保存後、SiriusCompで作成
大量の画像処理はやっとられんので、フォトショップの"アクション"という機能を使いました。
撮影時インターバルを5秒と短くしたところ、2枚保存に失敗してしまい、途中飛んでしまっています。ちなみに移動している彗星の核のすぐ右側に斜めの線のようなものが写っていますが、NGC3432というエッジオン銀河のようです。どうでもいい感じですが。
 
動画作成に使った一枚画像はこんなのです。
イメージ 3
 
SiriusCompで動画作成の際作成された比較明合成の画像
イメージ 4
 
 
です。
 
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR