ST-8300M結露対策

結露番長ST-8300M
イメージ 1
先日の撮影でも1時間以上かけて、やさしい気持ちで冷却しあげても結露してどもならない弁当箱。
20日の日はなんとか0度まで、21日に至っては0度でもひどく結露してしまい、プラス5度に戻し1時間後にようやく結露がおさまってから撮影。たしかに夜露でべちゃべちゃな日ではあったけど。
CCDチャンバーの筒側の窓板表面が結露しているようだ。いちおう筒とカメラの接続部分にはヒーターを巻いているのだけど。Baby-Qではヒーターで効果があるのだけど反射では効果薄みたいだ。この結露には購入当初からずっと悩まされてきた。そろそろ頭にきたので、フィルターホイルにドリルで穴をあけて乾燥空気を送るようにしてやった。
 
と言っても、ここだ、とビビッと来る場所も見当たらない。
イメージ 2
 
ST-8300本体に穴あけてやろうかとも思ったけど、あれこれ悩んだ末ここにしてみた。比較的ガラスに近いのと、乾燥空気を送るチューブの取り回しを考慮、というか、実際稼働させた時の見た目の問題もあり。ここなら他の配線とともにリードする感じになるので違和感ないかな、って。
イメージ 3
大量の乾燥空気をぶち込めばなんとかなりそうか。
各色フィルターの結露も同時に予防できるかと期待。
 
裏面から
イメージ 4
 
効果があればいいのだけど。
 
ではまた。
 
と思ったけど、
やっぱエアー抜けの穴ないとダメだわね。
本体穴あけの刑か。
 
 
 
スポンサーサイト



Celestron C8-N+MPCC

イメージ 1

2013.08.21 さんかく座 M33
Celestron C8-N+MPCC
L5分4枚 RGB5分2枚

カブリ処理、途中でやめ。
ほぼ満月の自宅撮りでは冷却モノクロCCDといえども、どもならんわね
星像はまあまあという事がわかったので調整してみようと思う、ます、です。



ではー
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR