夜明けのレモン彗星(C/2012 F6)と

なんとか写った
 
イメージ 1
2013.05.22 02:48~ レモン彗星(C/2012 F6)
R200SS ST8300M コマコレ3 LRGB 各2min×1 計8分(2×2ビニングで撮影)
 
むりやり処理しました。
最後に撮ったB画像はほとんど写ってません^^;
 
夕べも予想外に晴れたので近くに撮影に出かけたのですが、月が沈むのが01:10分時過ぎ、薄明開始が01時55分と余裕がありません。仕事も押していて0時過ぎに到着後、急いでセットしました。R200SSとST8300Mでの初出撃でした。調整後の星像チェックとM20のリベンジが目的です。空の状態は天の川がなんとなく見える程度で、月の周りには綺麗な丸い滲みがかかっていました。天頂付近は黒いけどあとは白っぽい。そんな空です。
で、急ぎながらもCCDは一時間かけてゆっくり冷却したものの、おもいっきり結露させてしまいました。
イメージ 2
THE サドル(笑 3×3ビニング 5sec
-20度から-5度まで下げて、だいぶおさまってきた画像です。CCDのカバーガラスが結露したものと思います。
Baby-Qではレデューサーとの接続部分にヒーターを巻く事でこの結露から開放されたのですが、装着するの忘れていました。結露後すぐに巻いたのですけど後の祭り。乾燥剤も替えないとダメか。
 
星像はまあまあでしょうか。
まえのボっテボテよりはだいぶよくなった感じがします。
 
結露が解消されたのはもう02時過ぎで、だんだんと星の数も少なくなってきています。M20を狙いますが、薄明と湿気った空とでアンタレスがようやく見える程度でした。でもしつこく狙います。
キャリブレーション後、やっと撮影開始。と思ったら、次はガイドがまったく安定しません。PHDの赤と青のグラフが、急にとんでもなくガニ股みにたいに開いたりします。
 
なんじゃこりゃ
イメージ 3
( ̄ー ̄)
 
時間はないけど、短パラはよくありません。
気を取り直してもう一度キャリブレーション。
 
今度はいいか
 
イメージ 4
 
(*´▽`*)
 
大概このへんでちゃぶ台をひっくりがえしていたのですが、もう大人なのでそんなことしません。
だいぶ明るくなってきました。もう写ればいいです、そそ、ノータッチガイドで。
 
イメージ 5
 
やっぱちがう。ちゃんと撮らないと意味なしす
 
もっかいガイドで、というかもう2×2ヒニング3分で。
イメージ 6
 
あばれまくりえーる
 
ガイド状況をしばらく観察、もっかいパラメーターをあれこれいじってみる。
なんとなくいいか。
 
うん、最悪ではない。
撮影開始、もう明るくなってきたから、LRGB3分一枚ずつね。
お、いい感じ
 
あっそうだ、玄さん、レモン彗星って言ってたな、このあとちょっと撮れるかな?無理かな?
どこらへんにいるのだろう、ステラナビゲーターを起動してー、お、ほとんど真東か、
よし、導入準備でもしておくか、SXPと接続してー
 
ウィーン・・
 
?
 
イメージ 7
 
 
おーぃ
 
ちゃぶ台もってきてくれー
 
 
おしまい。
 
 
という事でレモン彗星を2分撮って帰ってきました。
 
人間ドックでひっかかって、明日は精密検査です。
ひどいことされます。
 
書く事書いたし、やることやったし、心のこりはありません。
 

Mにじゅ・・

昨日の日記のこの時間あたり
 
02:33分
イメージ 1
 
薄明開始から40分ほど経過した中
ガイドできそうだったので
イメージ 2
 
今回の出撃目的の対象を撮っていました。
かなりしつこいです
やるったらやります
 
3分1枚のをガッツリ強調後、二分の一縮小後トリミングしました。
 
イメージ 3
2013.05.18 02:41
M20 三裂星雲 R200SS kissX2 iso1600 3min EOSDPPで現像後 SI7で周辺減光・カブリ補正
 
^^;;まぁ・・R200SSの星像のチェックの意味があるのですげと、パンスターズのとはちょっと違っていますね
ガイドも安定しませんでした。
 
次のチャンスがあったらこれをちゃんと撮りたいと思います。
 
ということで、しつこい自分は夕べR200SSと冷却モモクロ8300とでリベンジしに行ったのですが、
一時間かけて-20度まで冷却したものの結露してしまい、そのまま夜が明け、玉砕され帰ってきました。。
 
ではまた。
 
 
 

帰ろうに帰れない

前回の撮影話し
 
今回の新月期の撮影チャンスもこの日でおしまい。
撮れそうで撮れない
帰ろうに帰れない
そんな空を時系列で並べてみました。 
(すべてEOS DPPソフトで現像)
 
00:59分 西側
イメージ 1
パンスターズ彗星撮影のあと、あっという間に真っ白になりました。
空き時間を利用してフラットフレーム・ダークフレーム取得中
 
しばらく待っていると晴れてきました。
一応対象はM20。
でもこの際撮れるならどれでもいいよ。
 
01:35分 南側
イメージ 2
2013.05.18 EOS Kiss X2(新改造) EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS(18mm F4.5)ISO1600 5min SkymemoR
 
01:43分
イメージ 3
 
スカイメモで放置撮影しながら、撮れそうな空を狙ってR200SSをあっちこっちに向けています。
 
01:48分
イメージ 4
 
全天こんな状況で、これぢゃガイドはできません。
ノータッチでも、構図やらあれこれしているうちに雲にやられます。
 
この日の薄明開始は02:時。
 
02:27分
イメージ 5
 
02:33分
イメージ 6
 
02:38分
イメージ 7
 
いまならガイド撮影できそうです(笑
 
03:24分
イメージ 8
 
十勝平野の朝焼け。
綺麗でした。
 
おしまい。

2013.05.17パンスターズ彗星

イメージ 2
 
パンスターズ彗星 北海道幕別町日新 2013.05.17 23:33~
eoskissx2(seo-sp2) R200SS iso1600 180sec×8 合計24分 コマコレ3 sxp赤道儀
(画像、あまりにひどいので差し替えました)
 
調整したR200SSがどんなものか撮影してみました。構図は縦位置で、写真を彗星の尾で中央から2つにぶった切るような構図としてみました。
ざくっと処理してみましたが、ノイズが溢れてきたけど強調しても星像は前よりだいぶ良くなった感じがします。
この撮影場所は南と東側はそこそこいけるのですが、北と西側が街の明かりで厳しい場所です。
なので北の対象はここで初めて撮影しました。それでもiso1600で3分露出できたので、自宅での1分半よりはだいぶマシです。ちなみにこの彗星の撮影のあとすぐに曇ってしまい撮影ができませんでした。空一面雲で真っ白だったのを利用して車の中にあったコンビ二の買い物袋を筒に被せて同視野で同条件で8枚撮影したものをフラットフレームに使ってみました。フラットは思っていたより合わない感じでしたが、カブリはかなりとれていたと思います。
わいいけど、なんだか縞々のノイズが目立ちます。

RAP2処理のあとフォトショップでレベル調整のみの3分一枚画像です。
イメージ 1

彗星基準でも合成してみようと思います。
 

してみました。
イメージ 4
彗星核基準でコンポジット iso1600 3分8枚 R200SS kissx2 コマコレ3
 
並べてみました。
イメージ 3


晴れのち曇りのち明け方晴れ

 
イメージ 1
2013.05.18 03:21 eoskissX2(旧誠報社新改造) sigma15mm fisheye iso400 F6.3 1sec
 
夕べR200SSで南の対象を撮影したく出かけました。M20(三裂星雲)を撮りたかった。
10日前に出かけた時は雲にやられて坊主だったのですが、昨日の空も怪しいながらも22時現地到着時は結構晴れていました。セッティング後、南の対象はまだ少し早い時間だったので30分ほどパンスターズ彗星を狙いました。ところが、またあっと言う間に雲が湧き出て来て空は真っ白になり撮影中断。夜が明ける頃晴れてきました。でも、少し撮影できたのと長い時間ではないけど天の川が見れたので良かったです。
 
ではまた。
 
 
 

芯出し

またR200SS日記です。
この機材の日記材料はたくさんあるのですが、日記にしておこうと思いつつ、どうでもよさそうな内容でもあって、なんとなくつけていませんでした。でもそなんこと言ってたら、そもそも日記なぞ全部どうでも良いことばかりで、書く事もないわけで。
ブログを書く目的が自分の中でいまいちはっきりしていないのですが、気分転換の意味でもあまり深く考えずに書くようにしていこうと思います。今後もご愛顧よろしくお願いします。
 
光軸調整の機材は主にコリメーションアイピースとレーザーコリメーターを使っています。
他のよさげなのも使ってみたいですが、今使っているもので納得できる調整が出来てからにしたいと意地を張っています。以前国○光○さんから購入してどちらも芯ズレしていたのをある程度修正して使っていましたが、もう一度調整・整備をしました。
 
コリメーションアイピースのぶっとい針金の十字線のおかげで調整中中心部分がよく見えないので、既存の針金を撤去し、手持ちで一番細かった0.23mmくらいのテグスに張り替えました。
イメージ 1
仮止めして芯出ししたあと瞬間で固定しました。テグスの交点がずれると調子悪いので、中心部分も見え味に影響がでない程度に点付けしています。瞬間を垂らしてティッシュで吸い取りながら軽く固定しました。
 
芯出しはこんな感じでやりました。
イメージ 2
コリメーションアイピースがのっているのはラジコンのプロペラのバランスをとる道具です。
構造は簡単なもので、丸い部分がくるくると回ります。
PCの画面に点を描いた紙を貼ってコリメーションアイピースと画面の並行をとったあと、こいつを回しながら仮止めしたテグスの芯を追い込みました。アイピースはお尻の部分が重くて、そのまま載せてもひっくり返ってしまうので、先端部分に巻タイプ鉛を巻き付けて、アイピースの前後バランスを取ってから調整しました。レーザーコリメーターも同様な方法で光軸修正しました。

ではまた。
 

R200SS調整中-M27

 
イメージ 1
2013.05.03 こぎつね座 亜鈴星雲 M27  R200SS ST8300M L5min×6 RGB5min×2 vixenコマコレ3 自宅
 
昨日に続き調整中の一枚
だいぶ前のです。
星像はかなり調子悪いです。
これくらいの状態から昨日のぐらいにしたけど、このカメラをつけてどうかは試していません。
 
 
等倍切り出し
イメージ 2
 
 
 
 

R200SS調整中-M13

 
イメージ 1
2013.05.10 ヘルクレス座 M13 球状星団 R200SS KissX2(seo-sp2) iso1600 1分30秒×6枚 コマコレ3
自宅撮影 ダーク・フラットなし トリミングあり
 
GW前からR200SSの調整をしています。
この筒は中古で安く購入しましたが、それとは別にいちばん元がとれている筒だと思います。
星像がいつまでたっても良くできず、なにも考えたくないとき没頭できて大変ありがたいです。
本当に助けられています、ありがたい。
 
処理中の等光度曲線
イメージ 2
 
去年撮ったやつ
 
この日
鏡筒バンドを外して筒の向きを変えて再調整、夜が明け時間切れ。少し良くなったか。
イメージ 3
 iso1600 1分30秒
 

彩雲

イメージ 1

2013.05.10 11:20 iPhone5

きれいでした

晴れのち曇り

 
イメージ 1
2013.05.08 03:05
kissx2(seo-sp2)sigma15mm F2.8 iso1600 60sec lee softfilter No.2 skymemoR 幕別町 日新
 
イメージ 2
120sec トリミング
 
上の元画像
イメージ 3
 
BOSEでした
 
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2013年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR