USBデバイスサーバーによる無線化撮影計画

イメージ 1
 
もうかなり前
9/26日の貧スタさんのブログにて『usbデバイスサーバーが安っすいよ記事が上がっていました。
 
 
モノはコレ
イメージ 2
すぐさまポチしたにもかかわらず、自宅内でのプリントサーバーとしてのテストだけしてその後何もせずにいました。貧スタさんの実験では、望遠鏡コントロールはできたものの、ガイド用のWebカメラの接続に問題があるとのことで、自分も諦めていました。
 
 
2~3週間前、室内で接続テストしてみたところ、ガイドで使用しているSSAG,赤道儀とステラナビゲーター9,冷却モノクロCCDとCCDSOFTの3つ同時接続が成功しました。
PC pana CF-Y5 WindowsXP 32bit メモリ2GB
赤道儀 Kenko EQ6Pro+ステラナビゲータver.9
ガイダー orion SSAG+PHD
イメージ 3
 
USBデバイスサーバーによる接続状況です
イメージ 7
 
 
しかし、冷却CCDのPCへのデータ伝送速度が遅い・・。
SSAGの負担が大きいようです
 
USBデバイスサーバー"無し"でハブをかいしてPCに直結し、SSAGを動作。ST-8300Mの画像1×1を転送
イメージ 4
 
 
USBデバイスサーバーを使用しSSAGを動作"させないで"の転送速度
イメージ 6
 
USBデバイスサーバーでSSAGを動作"させて"の転送速度
イメージ 5
うーん
 
おそっ
 
なんかいい方法ないでしょうか
 
ということで、ずいぶん前に書きかけて、バタバタしていてそのまま放置していたのですが、その後撮影の実践もしています。
このあいだアップした馬頭星雲とばら星雲はこのUSBデバイスサーバーで撮影しています。
 
画像の転送速度も気になりますが、ガイドが敏感に反応してくれているのかも気になります。
画像を見る分には問題ないような感じもしますが。
 
ではまた。
 
 
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2012年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR