Baby-QファーストライトはNGC7000


おりゃ
イメージ 4
2012.04.22 02:19~ NGC7000 北アメリカ星雲
Canon Eos KissX2 iso800 900sec×3枚 total45分 IDAS LPS-V3FFフィルター
Takahashi FSQ-85ED QE0.73Xレデューサー 327mm F3.8 
KenkoSEⅡ赤道儀 自宅撮影
(2012.04.29画像差替)

ファーストライトは見事にピンボケでした。
初めに火を入れるのは、是非遠征して撮りたかったのですけど、
じぇんじぇんパッと晴れないし、我慢できず撮ってみたらピンボケだし。
なのでQ様の面目も考え、撮ったことを黙っていようかと思ったのですが。。
そんな性分でないし、良く考えると何の意味もないわねー^^

画像処理は、新ノートPCこゃサクサク動くぜぃ!!機で今処理したので、これまたどうなのかアレですけど、
初めてのQ様の記念写真が出来ました^^

327mmという事で、今時期自宅からでは良い対象が見つからず、この赤いやつが出てくるのを待って
イッテQ~しました。
V3FFを入れたので、赤の彩度を下げるなど色調補正しています。

で、Q様の感触なんですが、
シャープですね。
それくらいしかわかりません(笑
あ、色収差も見受けられませんでした。
一応バーティノフマスクでピントを出して、一枚撮ってみたところ、
ぉおー、シャープだーと思い本撮影に入ったのですけど、あとでPCで見るとボケボケでガっくり。
後に自宅内でピント出しの練習をしたところ、ピントが外れると周辺像が著しく悪化することがわかったので、次回気をつけます。


したっけー



次回の参考として
今回の15分追尾1枚の撮ってだしの中央4隅の等倍切り出し画像を貼っておきます。
これくらいの中央部ピンボケだと4隅の星像がこれくらい流れました。
イメージ 1

今回のフラットの等光度曲線
等倍星像の流れ具合が左側が右に比べて少し大きい感じなのと、このフラットの左側の若干の歪みは、V3FFフィルターを入れた状態で撮影しているので、なんも言えない。
イメージ 2

上の切り出し画像(15分追尾1枚)の元画像を1/2縮小したもの
イメージ 3



 
スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR