flat


何度やっても微妙に真ん中に来てくれない。
副鏡の奥のネジだと思うのだけど。
雪ばっかふってるしねー
また星半分しか写らないのかな~

とりあえず屈折一本買っとくか?

それとも全部売りとばすか?(笑

イメージ 1


ではまた。

2012.03.09

今日の成果

なんの日記じゃ。


コマコレなし
イメージ 2


コマコレ3
イメージ 3

MPCC
イメージ 4

一応真ん中入ったけど、次は左右の曲線の幅(本数)の調整かな
つーかMPCC歪みが大きい感じがするぞ。



take12

とりあえずこれで実際に星をみて調整してみる。
イメージ 5




ギャラっドゥ


イメージ 4
恒星基準こんぽじっと

イメージ 3
ギャラッド彗星(C/2009 P1)
2012.03.04 R200SS eoskissx2 ISO1600 1分×47枚 ノータッチガイド se2赤道儀 自宅


R200SSの調整状態を星像で確認したあと、ギャラっドゥりました。
またキャリブレーションエラーでガイド撮影は出来ませんでした。
2時間ほどあれこれやったけど結局原因はわからず。
ろくに極軸の合っていない状態で撮ったので、えらく酷い写真にになっちゃいましたが、しかたない。
それはそれでいいんでないかい。最近いい加減になってきたぞ。

R200SSの調整は続行中です。少しピントを外すとなんとか、、、と感じています。
少し良くなりましたがまた調整してみます。(1/2縮小)
イメージ 1
r200ss mpcc kissx2(seo-sp2) iso1600 30sec 火星付近 kenko se2

この日のフラット
イメージ 2



ではまた。








R200SS爪隠し環交換と調整


R200SSの主鏡押さえの爪隠し環を交換しました。
自分のR200SSは、古い型の安物中古品を購入したものなので、今のR200SSに付いている爪隠しの環は元々付いていません。左がビクセンマーケティングから購入したもので、右が今まで使っていた自作したものです。
修理部扱いのようで、環とゴムとボルトのセットで1500円(送料別)でした。
イメージ 1
んー、自作の方が植毛紙貼ってる分いいか?

星像に滲みがあるので交換しましたけど、爪隠し環が悪さをしているかはわかりません。
けど、疑わしきはなんじゃらつーことで交換です。

取り付け完了。
イメージ 2

光軸ズレの事で、ふにゃ太郎さんにご指導いただきましたので早速手順どおり調整してみました。
手順の中で、鏡筒を水平に置いて、筒先5~6mから主鏡等の傾きなどみると教えていただいたので、まじまじと見ていると、なんかへん。。
今まで調整していたやり方(kasai光軸調整本の方法)で光軸を出して覗くと、筒先から見たいろいろなもの^^が均等になっていない。

疑わしきモノ
イメージ 3
コイツしかいない。とりあえず付けていたセンターマークを消しました。
まだ実際にテストしたワケでないので確実なことはいえないけど、副鏡のオフセットを考慮してセンターマークをつけていたマークの位置が間違っていたと思う。

再度マークしなおして調整してみた。

イメージ 4

ざっと一度調整しただけで詰めていないのだけど、若干センターが左側にズレてるのと右側に主鏡圧迫と思われる歪みがあるけど、今までとは違うぞ。。
つーか、今まで副鏡と主鏡とセンタリングアイピースの十字線をピタリとあわせるには、副鏡の中央ネジをもの凄く緩めないと合わなかったけど、今回の副鏡のマーク位置では中央ネジの初期の締め具合は、副鏡は他の3つの調整ネジは全く締めない状態で、手で回すと回転する程度で、ガハガバに垂れ下がっている状態ではない。たぶんこれが正し位置だと思う。調整したあと筒先から離れて見てみると、みんな綺麗に真円になっているみたいだし。センタリングアイピースの十字線にスパイダーものってるぞ。今まではどうやっても乗らなかった。

もしかしたら、酷すぎる星像に悩み続けた9ヶ月の呪縛から開放されるかもしれない。

んー、今までで一番激しくテストしたい。。
晴れたらテスト撮影します。って来週中頃まで雪か??
ふにゃ太郎さんありがとうございますっ!
って、なにも変わらなかったりて^^;;;

明日も仕事だ、がんばろう。

ではまた。















また


イメージ 1
2012.01.25 23:30 Canon EosKissX4 Sigma15mmF2.8EX Fisheye F2.8 iso3200 15sec

冬に会いましょう。





M101


イメージ 2
おおぐま座 M101銀河(NGC5457)
2012.02.28 23:21分~ 10分×21枚 210分 ISO1600 V3FFフィルター
EosKissX2(SEO-SP2) R200SS コマコレクタ3 SXP赤道儀 SSAG Orion 50mmガイド鏡
北海道 音更町 自宅撮影 気温:-8~-17度  トリミングあり
D16F64FDK64

家に帰って見てみると、あまりにもおかしな色だったので差し替えました。
もやがかってほとんど写っていなかった5枚を引いてカブリ処理、ノイズ処理、レベル補正程度の処理にしました。家で撮るときは、あれこれやらないほうがまだ見やすいか。出来れば淡いのはとらない方がよい感じ。中身のない画像処理作業に苦労するだけ時間の無駄のような気がするわー。

元の画像
イメージ 3












かなり厳しい。
結構露出してみたのの、かなり普通っぽい印象のM101が撮れました^^
うす曇りというかガスがかっていた空でもあったのですが、この銀河は何度か撮りましたがとても淡く感じます。
んーにゃろうと、この日はカメラもR200SSにくっ付けたまま撤収し、昨日も撮り増ししてやろうとスタンバイしていたのですが、ますますひどい空でした。もう月も高くなっくるので、あきらめて処理しました。
V3FFを入れているので、Hαはいい感じて写っていたのですが、V3+光害という最強のカブリ処理をしているときに無くなってしまいました。色調補正の時に浮かんでくるべー。と思っていたのですが、情報は綺麗に無くなっていたようです。CamweaRawでカラーノイズを処理した時が決定的だったと思いますが、後でマスク保護して処理すれば少しは特徴のある写真になったかなと思います。時間があったら張り替えるかもしれません。

今回は撮り始めと撮り終わりの気温差が激しくて、撮影終了から朝まで取得したダークフレームが全く合わず困りました。気温が低いのでダーク減算をしないほうが全然画質はいいのですが、フラット補正したときにダークを引かないとこれまは今度はフラットが合わないという事で、しかたなくダーク引きしています。

それから、R200SSは光軸の影響もあるとは思うのですが、なんだか像があまい。というか、星まわりが滲んでいて、FFフィルタを入れると更に目立つ感じがずっとしていました。以前にhanaさんも悩まれていたのですが、とりあえず私も自作の主鏡押さえの爪隠しの環をはずし、コマコレクタをMPCCからVixenのコマコレ3に戻して撮影しています。
結果は。。。良く分かりませんが、中央付近の星像は、こちらの方が滲みも少なくシャープになったような感じがします。爪隠しの環かMPCCか、両方変更したのでこれまたわからくなっているのですが、少し暖かくなったらちゃんと調べてみようと思います。

あ、SXP赤道儀はいい仕事してくれました。何事も無く。何事も無さすぎて面白くない^^;

元画像を貼っておきます。
自宅以外で北の空の暗いところで撮ってみたいです。
イメージ 1


ではまた。



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR