R200SSで馬頭星雲


わし星雲1点狙いだった出撃が、自分のミスで途中中断してしまったので、導入が簡単で見栄えが良い物・・・という事で撮りました。7分露光の分を入れると11枚撮影したのだけど、画像を確認してみるとガイドがえらく流れていて、どう考えても使えないのが4枚。また、馬頭星雲のほぼ全ての写真の星像が歪になってしまいました。ガイドエラーと星像の原因ははっきりしませんが、もしかすると寒さが原因かなと思っています。馬頭を撮るあたりからガッツリ冷え始めたからです。赤道儀は先月末に冬に向けてギアのアタリの調整をして調子が良かったのですが、再調整が必要かもしれません。ガイドも星像も、わし星雲の写真では酷くはないので、R200SSは主鏡の固定の調整も必要か。折角良くなったと思ったのだけど、またバラすのかぁ~。めんどくさぁ。

イメージ 1
オリオン座 IC434 馬頭星雲
撮影年月日:2011年12月21日
露出時間: 01:38分~ 8分×7枚 総露出時間 56分
フィルター:-
カメラ:Canon EOS Kiss X2(SEO-SP2)
感度:ISO800
鏡筒:Vixen R200SS F4.0 (D200mm f800mm) バーターMPCC使用
使用ソフト:,ステライメージ6,PhotoshopCS5
赤道儀:Kenko SEⅡ赤道儀
ガイド鏡:Orion 50mmガイドスコープ
ガイドカメラ:Orion StarShoot AutoGuider
ガイドソフト:PHD Guiding
撮影地:北海道 幕別町
気温:マイナス16~18度
備考:フラットフレーム32枚にてフラット処理、ダーク減算は無し

光害はあるとしても一応自宅外での撮影だし、ノーフィルターだし、良い機材とは言えないですけどそれなりのモノだし、なんとか皆さんが撮られているような感じにならないかと思いましたが、ネムさ満開で自分的には満足できない写真となりました。
露出不足はあると思いますが、前回のM78~馬頭含め自分の今の程度が"この程度"という事なんだ。と今回良くわかりました。また面白みがなくなってくるのでマイペースを忘れずにやっていこうと思います。

今回はISO800で撮ってみましたが、元画像はISO1600に比べあきらか滑らかでいい感じなのですが、強調処理をしていくと私にはどうなのかわかりませんでした。上手な方が荒らさずに処理をすると良いのかなとも思いました。光害の加減にもよるのかもしれません。

処理はいつものようにRAP2→Cameraraw→Si6→PSと処理したのですが、馬頭バックの赤の色がマゼンタ寄りでいかにもという感じの興ざめ写真になってしまいました。何度かやり直して見ましたが結果変わらないのでステライメージ6で処理し直しました。こちらの方がまだマシです。今までの処理方法の違いとしてはフラットの取得方法を変えたのですが、よくわかりません。気になったと事として、フラット補正で縦縞はRAP2での処理では綺麗に消えるのですが、Si6では良くはなるもののRAP2と比べ縞が残る感じがしました。

一昨日から雪もカナリ積もってしまい、いつもの出撃場所への立ち入りは出来なくなってしまいました。今年は前回の出撃が撮り納めになりそうです。

ではまた。

と、わし星雲を少しいじってみしましたが、
星像、ガイドもまずまずで、
こりはちゃんと処理すれば今年最後にふさわしい自己満足作品なるかもしれないっす。
初めて星の色も出たみたい。

イメージ 2



RAP2とPSで処理しなおして見ました。
目クソ鼻クソです
イメージ 3


スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2011年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR