コーン星雲


イメージ 1


スポンサーサイト



ばら星雲自宅撮り-R200SS2枚モザイクっす。


イメージ 1
2011.10.29 00:37~
いっかくじゅう座 NGC2237 ばら星雲 
Canon EOS kiss X2(seo-sp2)  Vixen R200SS 800mm  F4.0 ISO1600
北側 15分×6枚 南側15分×4枚をモザイク合成 ばら星雲を中央にトリミング
Vixenコマコレクタ3 V3FFフィルター使用
Kenko SEⅡ赤道儀 Orion StarShoot AutoGuider 50mmガイドスコープ PHD Guidingによるオートガイド
使用ソフトRAP2、ステライメージ6 フォトショップCS5 自宅撮影

なんでも買う買う言わず、持っているR200SSを使おう!と決めて、良くわからない光軸調整をしながら10月28日と29日に、これとM42を"R200SSでモザイクにチャレンジだ"企画で撮影したものです。どちらもうまくいくのか分からなかったので、次回出撃ホンチャンの為のテスト撮りのつもりで撮影したので露出時間は少なめでしたが、合成はフォトショップサマサマで無事繋がりました^^。今までの自宅撮り経験では光害対策のV3フィルターを入れている場合、良いとこやるならこの2~3倍はかけてあげないとならないようです。今回画像処理で困ったのは、このばら星雲、いったい何色になったんだ??という事です。一応ディスプレイはフリーのカーラーキャリブレーションソフトであ合わせている(と思う^^)のですが、今までも気になってはいたのですがディスプレイを替えるのにも出費が必要なので気にしないようにしていましたw。一通りハデハデにして、テストでアップしたものを先日買ったipadで何気にみたところ全く違う色です。仕上げたバラはまっピンクなのですが、ipad2ではオレンジっぽく、ノートでもそんな感じ。。んー、やっぱり、これが基本だよ。というのが一つないとこれからやっていくにも調子が悪い感じです。プリンターはエプソンのPM-4000pxがあるのですが、マッチング含めて対策しないとならないか。ちょっと出費しすぎだし、追々・・・・いや、早めに考えたいと思います。

このばら星雲は南側を先に撮影し、北側が切れてしまったらヤバイと思いあまり余白を取らず撮影したのですが、結果結構余裕があり、中央からズレた分トリミングしました。

こちらはトリミング前の画像です。
イメージ 2

次はM42の画像処理をしようと思います。
前回ダーク、フラットなしで処理したのですが、これも北側1枚しか撮影出来てなく、ガサガサになってしまいました。このバラを撮った次の日に追加撮りしたので再処理します。

光軸調整も全然うまくいかないのですが、一応今後もR200SSを使い倒そうと思っていて、コマコレクタ3のコマ収差も気になっていたので、もうこうなったらと(どうなったら^^)バータープラネタリウムのMPCCを国際光器さんから購入しました。アダプタが無いのでほしぞら工房のしばたさんにお願いしています。次の新月期には間に合わなそうですが。

ではまた。

2011.11.30追記
R画像
イメージ 5


G画像
イメージ 3

B画像
イメージ 4



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR