Newton


毎月定期購読しているNewton。
今、本屋さんが届けてくれました。

イメージ 1

結構おもしろそう

表紙と同じ感じで?
イメージ 2

ではまた。

スポンサーサイト



せっかくなのでIC1396。

折角撮ったので現像してみました。

イメージ 1

ケフェウス座 IC1396
2011.06.26 22:15分~
Canon EOS kiss x2 TAMRON SP 300mm F/2.8 LD [IF] F4.0  ISO1600
IDAS LPS V3FFフィルター Vixen GP・D赤道儀 NexGuideによるオートガイド
10分×16枚 総露出時間2時間40分  北海道 十勝 自宅庭

処理
SI6(ダーク、フラット補正、コンポジット、レベル調整(マスク処理)、カブリ補正、RGB分解(R、Bにスターシャープ後RGB合成)、デジタル現像)→PSCS(色調補正)→PSE9(ノイズ低減小、アンシャープマスク、画像解像度調整、回転、jpg出力)

"ガーネットスター"っていう星の名前が気に入っていて、象の鼻(vdB142)のウネウネしたのも神秘的だし、
筆で書いたような暗黒帯もなんかカッチョイイし、いつか撮ってみたいと思っていました。

今回300mm望遠レンズを引っ張り出してきたのも、実はこれが撮りたかったから。でした。
しかーし、先日の日記の通り、撮影失敗となってしまいましたが、折角なのでちょっと処理してみました。
やはりカナリの色カブリがあって私の手には負えません。
しかもシャープ処理でしくじった処理画像を上書きしてしまい、元に戻りません。。
このあともう一度フォトショップに持ち込んでなんとかしてみようと思ったのですが・・・
肝心のガーネットスターが、"ガーネットスター"になってないし^^;、。
今度ひま見てもう一度ゆっくり処理してみようと思います。
良い点としては、結構長く露出したせいか、途中うす雲通過の画像も全部いれて処理したからか、
画像の滑らかさは初めて自分的に満足いくものになった感じがします。

このIC1396はまたしつこくチャレンジしたいと思います。

ではまた。




ボツ写真連発で。

先週末、北海道は全道的に晴れたようで、ここ十勝も久々の星空が広がりました。
R200SSはまだ整備中だったので、以前から持っていたTAMRON SP 300mm F/2.8 LD [IF] が使えないかと撮影してみました。
イメージ 1

前に月を撮影したりした事はありましたが、星雲などをまともに撮ったことはありません。前に少し撮影したときはF2.8開放の周辺像はカナりイビツだったし、結構重いので、スカイメモRにガイド鏡と同架するのにはムリがありました。
ポタ赤よりは載せれる赤道儀を仕入れたので、もしこの300mmがそこそこ使えればいいなーと思ってました。








で、絞りをF4.0とし3分露出でいつものガンマ星付近でピント出しと試し撮りをしてみました。
イメージ 5
結果は、輝星のゴーストは出ますが、周辺像は自分的にはそこそこ良い感じだったので、本撮りで何対象か撮影しました。



まず最初に前に200mmで撮った時に、300mmでも良い感じそうだった網状星雲を狙ってみました。
が、カメラのモニターを見てても気付かなかったのですが、
PCに取り込んでみると、、、、左側(カメラ上部側)の色がおなしな写真となってしまいました。
イメージ 2


いつもは一日一対象としていますが、なんせ久々の星空なので、おかしい事に気づかずに、
月が昇ってきてもかまわず撮り続け、薄明まで何種類が撮影しました。
イメージ 3
しかし、全部同じ位置がカブリのような感じになっています。

原因は、、、ということで、V3FFフィルターを疑い、装着していたのを確認してみると少し浮いた感じだったので、
これかぁ~と思い、テープでしっかり固定。

昨日の日曜日はモヤがかかったような空でしたが、とりあえず星が見えるので再チャレンジ。
短時間のテスト撮影では色カブリのようなものが見られなかったので、やっぱりV3か~。
と思い土曜日に撮影した対象をリベンジ撮影。

結果は、、、
イメージ 4

結局同じでした。。。
短時間撮影ではモニターで確認出来なかったのと、V3フィルターが悪さしたんだべー、と決め込んでいたので、また同じことをやらかしてしまいました。

という事で、土・日に渡り、久々に撮影してみましたが全てボツとなりました。
前回の撮影では違うレンズでは大丈夫だったので、このレンズが悪さしているのだと思いますが確認してみないとなりません。迷光っぽいですが。フィルターも絡んでいるような気がします。
どっかから光でも漏れているか。。
ん?この望遠レンズにフィルターを内蔵する開口部があっけど、ちゃんと閉まっているべか。。
・・と書いているうちにイロイロ思ってきちゃいますが。。。

まぁ、なんだかんだですが、久々に撮影できた事で満足しちゃったりしています。

またしばらく星空はないようです。

ではまた。


夜が明けてきた。

イメージ 1

月と木星が並んで良い眺めでした。
Canon EOS Kiss X4 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS F8 28.0mm 1S ISO100


爪、隠す環(わ)~~ ^^


R200SSで写真を撮る際に悪さをする主鏡押さえのツメを隠す環っかを作りました。
イメージ 1
最初に作ってみたのは、2mmのバルサが家にあったので、それで作ってみました。
しかし、間違えて内径を小さく切り出してしまい、先日折角ツメを切り詰めた意味がなくなってしまいました。
これからこの内径を真円に広げるのは私にはムリです。。材料的には加工もしやすいし、軽いし、シャバシャバの瞬間を流せば、強度も上げれるのでプラや塩ビ系の材料よりは良いと思います。

もうバルサの在庫は無いので結局元々考えていた、これまた家にあったタミヤの1.2mmのプラ板を使いました。
イメージ 2

このサークルカッター、買うときにイメージしていたのは、トラックのハンドルに付けたりするやつみたいに、
この丸い部分をぐるっと回して切るのかと思っていたのですが、中心を固定するためのハンドルなんですよね。
思ったよりちょっと使いづらかったな~。
イメージ 3

バリを取ってうまく切れなかった部分を少し整形してペーパーをかけました。
イメージ 5


主鏡に載せてチェックです。
ってピンがボケましたが、ツメを更に切り詰めて内径198mmとしました。(外径220mm)
実際の主鏡の径は203mmくらいあり、2.5mmはツメがかかっているので、たぶん大丈夫だと思いますが。。。イメージ 4

表と裏に植毛紙を貼りました。
イメージ 6

コグチの部分にフラットブラックを塗って完成しました。
塗料はつや消しなら何でも良いと思い、そこらにあったタミヤのアクリル系のもので塗りました。
少しだけプラモデルも作ったりするのですが、筆はほとんど安物を使っていますが、塗る場所の広さなど用途にあわせて写真のようにハケの部分をバッサリカットして使ったりしています。
あと、筆の洗浄は右に写っているシリウス ブラシエイドというのを使っています。この中に筆を入れてゴシゴシすると、ほとんどの塗料が綺麗に落ちてしまいます。無臭なので家族にもイヤな顔されなくて良いと思います。
イメージ 7
という事であとは、穴を開けて装着です。

次は、、、接眼部、ドローチューブなどの色塗りやら植毛紙貼り、主鏡洗浄、組立て、調整ですか。。。
雨ばかりで、あまり気合も入りませんね。

ではまた。




できるだけ真ん中に。

R200SSの主鏡にセンターマークを付けときました。
ど真ん中に付けたいですけど、これ、ほんとにど真ん中に付る方法。って考え付きません。
そうでなくてもいいのかもしれませんけど、気分的には出来るだけ中心に付けたい。。
玄さんのHPを参考にさせて頂き、それなりにやってみました。


CADで203mmの円と真ん中に15mmの円を描きました。
イメージ 1
切り出しに右上のやつを使おうかと思いましたが、この道具は中心点が見えません。
カッターで切ったほうが正確に切れるので、そうしました。真ん中の円も切ります。
サークルカッターはこの鏡筒の爪隠しを作るのにだいぶ前に買いました。やっとこ使う時がきそうです。


切り出したセンターマークを貼るためのガイド紙をマスキングテープで固定しました。
やはり203mmでぴったりみたいです。
イメージ 2


センターマークは、パンチ穴補強シールを使いますけど
イメージ 3

カッティングマシーンで文字や絵を切った時に、
それをくっつけて貼るためのアプリケーションシートに貼り付けました。弱粘タイプです。
イメージ 4

ビビリながら貼りました。
アプリケーションシートの上からやさしくコスリます。
イメージ 5

アプリケーションシートを剥がします。
イメージ 6

ガイドの紙も剥がしました。中心近くには貼れたでしょうか。
イメージ 7

つぎの予定は爪隠し作りです。

こちらも、もうずっと星がほとんど出ていません。今後もしばらく夜は晴れそうも無く。。

作業も一気にやって終わらせてしまうと、
また何かを欲っしてしまいそうなので^^;;、
ゆっくりやっていこうと思います。

ではまた。


爪を削ってみた。


R200SSの主鏡押さえの爪を削っときました。
イメージ 1

金物、とゴム共に2mm削りました。も少しイケそうですが、イキ過ぎはヤバイのでこれくらいで止めておきます。
イメージ 2

金物の削り方法は、1つはリューターで、1つは金ノコで、1つはカッターでやってみましたがやはり歯が立たず、ヤスリでひたすら削りました。
やりやすいのは、1リューター、2金ノコ、3ひたすらヤスる。でした。
仕上がりはどれも同じでヤスリで面を取って終わりです。
あとは環っかを作ってから装着の際、ゴム部分の余白を削って調整しようと思います。
環っかの内径は194~5mmくらいでなんとかイケるかもという感じです。
イメージ 3

ではまた。

植毛してみた

いや、いちおう・・・自分にではありません(笑

1時間半かけて書いた日記が出来上がり、投稿ボタンを押したらPCがフリーズしました^^;l

再度!

一回しか使わず分解しました。光軸が少しズレていたのと、
主鏡にセンターマークを貼るために。と構造を理解するために。
主鏡は綺麗でした、洗ってみるけど。経験のために。
戻すのにワケがわからなくなったら困るので、要所にマークを貼りました。って部品少なくて必要なかったか。
イメージ 1


先日作ったフードの色画用紙がやっぱり気になりホームセンターで植毛紙を買ってきました。
植毛が流行っているようなので。スポーツニュースでやっていました。
全部で2m弱しか売ってなかったので全部買ってきました。
”ハイソフト”だかいう名前で、1m=980円でした。

内面反射が気になったのでフードだけでなくR200SSにも植毛紙を貼ってみることにしました。
まぁ、写真撮影でも良いのかは良くわからないし、良くなったとしてもその違いはわからないだろうと思いますが、気分でというか、何か手をかけて、あれこれやりたいんでしょう^^
イメージ 2


そのまま貼っても剥がれそうなので、思い切って600番のペーパーで内部の塗料を剥がしました。
後戻りは出来ません、そして洗いました。
イメージ 5

内面にアスファルトが写り込むくらいまでにしました。
この後、出かけた瞬間に昨日のあの事故にあいました。。。
イメージ 6

やる気にならなく放置していたけど眠れそうにもなく、夜2時頃から作業再開。
まず内面にマスキングテープを貼りました。内周の正確な長さを測るためです。
イメージ 7

それを剥がしてテーブルに貼り付けました。長さを測りました。723mmでした。
イメージ 8

自分が一発で貼ってもうまく貼れないのは目に見ているので分割して貼る事にしました。
植毛紙の幅が460mmなのと筒の貼る部分の長さが635mm。
せいぜい100mmくらいずつしかうまく貼れないと思い115×630mmで4枚を切り出し。
あとのはうまくいけば同じくらいで。

筒先に15mmのマスキングテープを貼りました。先程長さを測ったのを利用しました。
これをガイドにして植毛紙を真っ直ぐに貼ろうという魂胆です。
イメージ 9

貼る前に再度クリーナーで内面を綺麗にしました。
イメージ 10

そして一枚貼ってみました。
何枚か貼るとコツをつかんできました。
コツは空気が入ったら素直にその部分まで剥がして、張りなおすことです。塗料を剥がしておかないとシールの粘着力が弱まりそうです。
イメージ 11

半分貼りました。
ここで朝5時になったので中断。
イメージ 12

本日9時に再開して完成しました。
3~5mmmほど紙同士を重ねて分割で貼りました。
合わせ目は思っていたほど気になりません、空気は入りませんでした。
イメージ 3

貼る前と貼った後です。
光害の中での撮影でも迷光防止効果が少しはあるかな。
カブリが少しでも少なくなってFLATが決まりやすくなれば良いかな。と思います。
イメージ 4

あとは、ドローチューブとか、塗料で部品のコグチ部分を塗ろうと思います。
あと分解したときに気になったのが、ファインダー取り付け部分には補強のためか、裏打ちの金物がありましたが、肝心な接眼部にはありませんでした。それで良いのかもしれませんが、裏から同じように補強した方が気分が良いのでやろうと思います。
万が一、重いやつを付ける時にも役立つかもしれません。無いと思いますが。。
また、赤道儀への鏡筒の取り付けで、ガイド鏡搭載、バランス、モーメントの関係でカメラの位置を横ではなく下向きにしたのですが、それではファインダーが覗きにくいのでファインダーの位置をずらそうと思います。
あとは~組み立てて光軸の調整ですが、道具が無いので調達して方法を勉強して、ですね。

ではまた。

損傷程度を見てみた

晴れました。今日はとっても天気が良いです。
ま、車がアレなので、どこにもいけませんが。。
夕べと今日の予定は全てキャンセルです。


一夜あけて損傷程度を確認してみました。
とにかく目立ちます。
家は町内の主幹道路に面しているので、通りがかりの方達がみんな立ち止まってじっくり見ています。
まぁ、私も立ち止まりますわ
イメージ 1
イメージ 7



室内はというと一見たいした事ない感じです。
イメージ 2

この車は横幅だとても広くて、ドアとシートとのクリアランスが十分にあります。
イメージ 3

ぶつけられた側は隙間が全くなくなっていますが
仮に人が乗っていてもグシャグシャにはならなかったようです。
イメージ 4

下に潜って確認してみましたが、押されていました~(泣
しかし、何キロで突っ込んできたんだろ。この装甲をここまでやるにはカナリ頑張ったんでしょう。
この車2トンあるんですけど、一瞬浮きましたからね、ハンドル逆に切らなかったら横転していたかもしれません。恐ろしい。。ちなみに元気の良いおばあさんのフロント部分無くなっていました。
イメージ 5

これが最後の姿かも知れません~。
車買った額の倍以上メンテ代とドレスアップ代がかかり(メンテ代が8割?^^;)、
金食い虫でしたがお気に入りでした。
イメージ 6

歩きっちゅーワケにもいかんだろうし、買い換える金は無いし。困ったもんだ。
保険で修理代が出れば直しますが。。
結局詫びにも来ないし。
近所みたいなので、ご挨拶に行ってくるか。

というわけで、いっぱいゴチョゴチョ書いたのでこの話は終わりにします。
お気遣い頂いた方、ありがとうございました!

MoMoKoとV230 (2009.08.23撮影)
イメージ 8


ではまた。

一停無視のおばさんにヤラレマシタ(T-T)

イメージ 1

イメージ 2

修理するか....
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR