満月の下で網を曳いてみた。

イメージ 3
はくちょう座 NGC6960 網状星雲 (西側)
2011.05.18 00:01分~
Canon EOS kiss x2(IR改)  ISO1600 
180秒×16枚ノータッチガイド 180秒×26枚 NexGuideによるオートガイド 総露出時間2時間06分
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) 
Kenko SEⅡ赤道儀  北海道 十勝 自宅庭 トリミング

晴れたので前回に続き赤道儀の極軸調整をやりました。
前回メタメタだったのは自分の極軸望遠鏡の設定がおかしかったのが原因でした。
説明書通りにやったのですが、どこかアホだったみたいです。
再設定は説明書の設定方法はやめて、北極星の南中時に極望をあわせる方法で行いました。

満月真っ只中でしたがノータッチガイドとオートガイドの両方でガイドテストしてみました。
V3フィルターとF7.3の鏡筒の組み合わせなので、通常ここ自宅庭からの東の空では1枚15分~20分超えの露出時間になりますが、月明かりで飽和してしまうので3分で刻みました。

ノータッチガイドは高度調整がでてないようで3分でも流れましたが、オードガイドのテストもしたかったのでそのままNexGudieにてガイドしてみました。結果はこの焦点距離では良好でした。
初めて2軸でガイドしてみましたが、1軸でしかオートガイドした事がなかったのでなんか変な感じです。
オートガイドの方26枚をIS6で自動コンポジットしたら少し回転していました。

一枚画像は、ほとんど白い中に4.2等の52 CygとNGC6960がかすかに確認できたような感じなので枚数で稼いで強調処理特盛りでなんとか出てきました。光害対策はV3フィルターしか持っていないし、満月だったし、仕方ないとは思いますがもう少し青いのが出てほすぃ~かったです。

フラット処理は鏡筒に白い半透明の買い物袋をかぶせて撮影したものを使いました。
しかし、結構長い時間露出した後に撮ったので、だいぶん合いません。
なので、ライトフレームコンポジット後の画像をボカして偽フラットを作りそれをコンポジットして処理したところ少しよくなりました。
が、最近、あぶりだして出てきた出てきたと処理していることにちょっと疑問を感じていたりします。

次は満月で無い日に構図をちゃんと考えてチャレンジしてみたいと思います。
ほとんど自宅でしか撮らないので設置、撤収の簡素化として
ピラー脚を自作して据え置きにしてしまおうかと思っています。


20111.5.25 元画像を追加  

3分1枚の元画像のDPPソフト画面のコピーです。
42枚2時間撮影したものを重ねてステライメージ6で破綻するほどレベル調整等したものが上の写真です^^;
なんとなく赤い帯が写っている程度です。。。
イメージ 1



2011.5.26 ピクセル等倍画像 追加
一番歩留まりの悪い画像選びました。
イメージ 2

スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR