テスト待ちとセッティング

スカイメモRのNexGuideによるオートガイドのテスト待ちです。
今朝晴れたので今日テストできるかと期待して少し早く帰宅しましたが・・曇天です。
予報では週末もダメそうな感じです。
しかたないので家の中でちょっとセッティングしてみました。

いかにも素人が考えそうなセットの出来上がりです

ザ、素人志向(思考)セット(笑
イメージ 1

スカイメモRとNexGuideとKenko New KDS 63-540のセットです。
安価に揃えて激しく難しい。。。という感じでしょうか。
ベテランの方が、こんなセットでもここまで写せるぜセット。という言い方も出来そうです。

本当は昨年末に2軸の赤道儀を買おうと思い(買えませんでしたが)、ガイド鏡に使えるかな?と思い安売りしていたので購入した望遠鏡ですが、主鏡になっています(笑
こんな感じで正月早々に組んで460mm~540mmで狙えるM42,バラ星雲など撮ってみたいなーと思っていたのですが、既に西のほうへ行ってしまいました。
とりあえずNexGuideのテストは望遠レンズでやります。ガイドエラーになった場合、このままでは何が原因でそうなったのか、ガイドミスに起因するものが多すぎます。

スカイメモRの純正の三脚は、北海道という事もあるでしょうが極軸望遠鏡を覗くにも地面に寝そべるくらいに短く、勝手が良くないです。で、架台はそのままにしてアルミ三脚の部分だけKenko New KDS 63-540のセットから移植しました。形状は全く同じで、単に各ネジを外して入れ替えるだけです。これ以上三脚を伸ばす事はしませんが、スカイメモの純正三脚はこの一番短い状態よりずっと短いです。

自作のリレーはこんな感じでセットしました。
イメージ 4


100円ショップのかごを三脚に取り付けました。
カメラのリモートスイッチやLEDライト、NexGuideのコントローラなどを入れるようにしました。
取り付けは、マジックテープです。
あらかじめマジックテープを三脚に一巻きしておいて、籠を取り付けるときには写真のように籠につけたマジックテープを三脚に巻いてあるテープにくっつける。というふうにしました。
なんせ冬は全てが凍りつくので、両面テープや接着剤の類では剥がれ落ちる可能性があります。
イメージ 5

これは自分でいうのもなんですが暗いところでも取り付けやすくて良いと思いました。
ヒーターのコードなども間に挟んだりしてまとめることが出来ます。
イメージ 6

曇り止め(凍結止め?)のヒーターは自作しました。
イメージ 7

ガイド鏡の明視野照明は、色々やってもNexGuideが動作しなかったので、
頭にきて「こうなったら手動ガイドしてやる!」と作ったものです。普通のアイピースにアクリル板にオルファの特選黒刃という極細のカッターで十字線を入れたものを接眼部ギリギリに貼り付けた手動ガイド用のアイピースも作りました。結構イケてましたが、NexGuideが動きましたのでこれは外します。
イメージ 8
ガイドマウントは、微動マウントというのを買ってみましたが、ガイドマウントとしては使えません。。いくら締め付けてもヘッドバッキングしまくりです。モノはガッチリしていて3kgまではOKようです。ガイドマウントとしては売っていないのでこれは納得しています。しかし、こんなにグラグラで、なにに使うんだろう。。。カメラ用の微動装置としても使えそうだったので買いましたが、このままでは使えません。とりあえずマウントは自由雲台に戻し、ちゃんとしたのを買います。あと、プレートも以前から持っていたものですが、縦の幅が無く、左右もそうですが、前後のバランスが取れません。これも何とかしないとなりません。鏡筒はアリガタを介してはいますがプレートに固定です。被写体は軸のクランプを緩めてプレートごと手で回して導入します。既にやっている事が二軸と化していますが・・・導入出来るだろうか。。。

あと、どうでもいいですが、籠に100円ショップで買ったLEDライトを付けてみました。
首を自由に振ることができる構造になっているのがミソで、足元を照らしたり、外して帽子に付けたりして使えそうです。白色LEDなのでこれまた100円ショップの赤色透明の下敷きを丸く切り抜き2~3枚重ねて貼ります。勉強で暗記するために隠したりして使うやつみたいです。赤と緑の半透明プラ版みたいのが入っています。写真のはまだやっていませんが、別のLEDでやっています。セロファンとか色々ためしましたが、この下敷きの方が重ねる枚数で照度も程よく調整できるので良いと思います。安いし。
イメージ 9


だいぶ前にBorgのレデューサも買っていました。
カメラの取り付けは回転装置を持っていないので固定です。買おうと思いましたが高いので躊躇しています。
水平を出すのには鏡筒を回せば問題ないや、と思っていましたが・・・
イメージ 2

望遠鏡にはファインダーが付いていることを忘れていました。。。
カメラの水平を出したらファインダーがへんてこりんな位置に来てしまいました。このままでも何とか覗けますw
イメージ 3



という事でちょっと組でみましたが・・・・

大きい問題点は、ガイドマウントのたわみとバランスでしょうか。。
これはガイドの安定に直結する問題なので出来るだけなんとかしたいです。

主鏡は460mm,F7.3(レデューサ使用)と暗いですが、
オードガイドで今までより露出を伸ばせれば大問題ではないと思います。
200mm望遠レンズでも2倍テレコンをつけてF5.6で最低半段、理想一段は絞らないとシャープに写らなく、
星も肥大してしまうのであんまり変らないような気もします。
少し重くなるのと、長モノになるのでバランスの問題の方が大きいと思います。

あとは、、、
スカイメモの使い方とはかけ離れているように感じす。

自分を客観視すると、スカイメモでそこそこオートガイドが出来るようになったら、
経験が出来た事とその事自体に満足して、たぶんMeadeのLX200-25でのガイド撮影の方に挑戦しにいくんだろうと思っています。ネックは明日にでも壊れてしまうかもしれない事と、ウェッジが無い事です。

スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR