初、子持ちりました。

昨日の夜は晴れまして、透明度も比較的良かったです。
年明けからバタバタとしていた仕事もひと段落したので昨日は早めに帰宅し新月期を逃した分、
幾つか撮影していました。

小さい頃に親が百科事典を買い(たぶん訪問販売の)、勉強しなさいとあてがわれたが、
「天文・気象・宇宙の姿」(確かこんな名前)という辞典以外ほとんど見なかったと思う。
12冊くらいのセットで当時の親が買う物としてはカナリ高いモノだったのではないだろうか。
その辞典の"子持ち銀河"という写真を見てとても神秘的だと思った。
大きい銀河と小さい銀河が、本当に親子で手を繋いでいるように見え、
その子供銀河の姿が当時の自分と重なり、不思議でありながらも親近感があった。

という事で 初めて子持ち銀河(M51)を撮影してみました~
カメラの回転装置が無いので望遠鏡のファインダーを覗くにはKissX4本体の固定を上下逆さまにしなければなりませんでした。で、写真ってこの向きでいいんでしょうかね。。 ググッてみましたがイロイロあり、余計にわからなくなってしまいました。。(2011/3/11子供(NGC5195)が上に差し替えました。)
イメージ 4
M51(NGC5194,5195)子持ち銀河   距離2100万光年
2011年3月10日 0:56分~ EOS kiss x4(ノーマル) ISO6400 300秒×8枚 総露出時間40分
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) LPS-V3FF
KenkoスカイメモR ノータッチガイド   M51を中央にトリミング


写りました~ ちっちゃいけど(^^

うれしいです。 小さい頃に百科事典で見ていた子持ち銀河を自分で写真に収めることが出来ました。
しかも家の庭から。技術の進化と時の流れはおそろしものがあります。

NexGuideをスカイメモRに接続するための部品を発注していますがまだ到着せず。
本当はオートガイドが出来るようになってから撮影したかったのですが、待っていたらお月様がどんどん元気になってきてしまいます。

LPS-V3フィルターを入れると光害をカットしてくれるので自宅での撮影には欠かせなくなりました。
その代わり露出時間は少なくともノーフィルター時の2~3倍はかけてあげないとダメな感じです。
露出時間が長くなる事でのガイドミスを嫌い、昨日試しにV3を外して馬頭星雲周辺を撮影しててみました。
しかし南中過ぎの街の灯りの上にあるという事もありましたが、あっという間に真っ白になってしまいヤッパリダメでした。

これは5分露出で撮影しましたが、スカイメモRで460mm(35mm換算で700mm強)でノータッチガイドはちょっと無謀過ぎます。が、3分露出で感度を6400まで上げてもまだ露出不足だったので5分にしました。
本当は6分あけても良いかなという感じでした。

結果12枚60分撮影して、あまりにヒドイのを除いた8枚を使いました。
もと画像はだいぶ流れていてM51も小さいのでどうなるかと思いコンポジットしましたが、
小さいながらも思っていたよりは良く写ってくれました。

アップで迫力のある銀河も撮ってみたいですが、無限に広がる大宇宙って感じで広い視野の中にポッカリ浮かんでいる銀河っていうのもなんだか好きです。
下手なクセしてあまりに強調処理をしてしまい
"荒波に必死で耐えている親と子供"みたいになってしまったので全て削除して背景がひどく荒れない程度にそっと処理してみました。

これもいつものようにモニターの中央に入れようと頑張りましたが、ヤッパリ私には無理です。クランプを締める際に微妙に動いてしまう量を頭に入れながら一時間ほど繰り返しやっとここまで寄せたトリミングなしのものです。(拡大します)
イメージ 3
背景の色はこちらの方が好みです。自宅からの空の色に近いので。

では場所でーす。
㈱アストロアーツ ステラナビゲーターVer6より
イメージ 1
北斗七星のひしゃくの持ち手のさきっちょのあたりですね。
撮影時は図のように天頂付近まで昇ってました。


イメージ 2

赤い→のように望遠鏡のファインダーで星をたどり導入しました。

ではまた。

初トリオりました。

最近天体撮影日記と化していますが、機材どーしたばかりで天体写真すらもUPっていません。
クオリティーいくら低くても自分的に満足できれば良いと思っているのですが、新月期だったのにそれすら撮れていないのはモチベーションも↓ります。
なので、先日オートガイドのテスト中に、オートガイドしないで(汗)撮影した、しし座のトリオをUPしておきたいと思います。

しし座のトリオ (トゥーリオではありません(爆))
上(北)NGC3628,下左(東)M66(NGC3627),右(西)M65(NGC3623)光度9.3等

イメージ 3

拡大切り出し
イメージ 4
2011年3月5日 0:21分~ EOS kiss x4(ノーマル) ISO6400 180秒×4 総露出時間12分 
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) LPS-V3FF
KenkoスカイメモRノータッチガイド

撮影した時はちょうど南中付近だったのですが、今の機材はその辺りでは望遠鏡を固定しているプレートがスカイメモ本体にぶつかってしまいます。この時もDCコードのでっぱり部分と、プレートが既にぶつかりかけている状態で、ガイド星を導入している時間がありませんでした。
初めて撮影してみましたが場所は解り易いところにありファインダーで星をたよりに導入できました。

30秒露出でテスト撮影してみたら見事にモニターに入ってました。
今の自分、この時がいちばん嬉しくて感動してしまいます^^

もう少し中央に寄せたかったのですが、いかんせん微動装置があるワケでもなく、ヘタに触るともっとダメになる可能性もあり、そんなことやっているうちにガッチリぶつかって撮影できなくなってしまいそうだったので、そのままいきました。

頑張って画像処理をするものでもなさそうなので、EOS付属のDPPソフトで色調を整えた後JPGで書き出しステライメージでコンポジット、バックグランドを50程度になるように調整しました。ダーク,フラットももちろん無しです。
ただちょっと眠すぎるのと淋しい感じがしたので星を強調して少しだけにぎやかな感じにしてみました。いまUPしたのを見てみたらまだまだ全然ネムネムでした。

短い焦点距離を活かして
にぎやかな星たちの中にポッカリ浮かんでいるしし座のトゥーリオ達をイメージしていたのですが。。

今月の天文ガイド「4月の見もの 望遠鏡で楽しもう」のコーナーにもピックアップされていますね。

恒例の場所でーす。

アストロアーツ ステラナビゲータ Ver6より
イメージ 1
しし座の後ろ足の付け根のところですね。

拡大
3つの銀河とも2700万光年の彼方にあるそうですよ。どんだけー
イメージ 2

ではまた。






スカイメモR&NexGuide&Kenko New Kds63-540のテスト成功・・しかし問題が。。。

スカイメモR&NexGuide&Kenko New Kds63-540のテスト撮影は成功しました。
しかし問題が。。。。
私のブログを見てくださった方から、自作したリレーについての問題点をご指摘いただきました。
この自作リレーではNexGuideを壊す可能性が高まるとの事です。
誰もいないとは思いますが、もし参考にされていらっしゃる方がいれば問題がありますので参考にシナイデくださいね。私も再度リレーについて無い頭で検討いたします。


さて、3月4日は風がカナリ強かったものの雲ひとつ無い夜空となり先日の日記の装備でテストしました。
用事があったりで結局カナリ遅い時間からのテストとなりました。
もっと早い時間であれば、わかり易い&初オートガイド記念には良さそうなM42か馬頭星雲かバラ星雲を狙ってみたかったですが西に行ってしまいました。。南中過ぎたら電線攻撃に合い撮影できません。。

自宅前での撮影状況です。
M101を撮影中。導入できる被写体が少なくって・・・・(--
 しかし、初めてファインダーを使って星図を見ながらM101を導入できました。
今までは望遠レンズで撮影していたというものありますが、
デジカメでそこら辺を撮りまくって導入していました。一発で導入できた時は凄く気持ち良かったです。
イメージ 2

一応天体撮影してます。って感じにはなっていますね^^イメージ 3

明るいですが、一応星は見えます。。。(右上方面) 写真に撮るとカナリ寂しい風景ですね。。。
イメージ 4


M101は画像処理前なので、
オートガイドのテストという事で、夜半過ぎのアルクトゥールスで10分間のオートガイドテストの結果です。
10分露出4枚を撮影、4枚全てコンポジット後、3×3ソフトビニングの画像です。(拡大します)
イメージ 1
2011年3月5日 1:28分~
EOS kiss x4(ノーマル) ISO3200 600秒×4 総露出時間40分 
Kenko New KDS 63-540 460mmF7.3(BORG7885レデューサ使用) LPS-V3FF 
KenkoスカイメモR NexGuideにてオートガイド

460mmで10分露出は初めてですが、4枚撮って4枚とも使えたのも初めてです。
若干流れてはいるものの、私的には満足です。
ケンコー63-540望遠鏡の星像も周辺でも結構良い感じだと思います。
ハロは仕方ないと思います。

ただ、一軸ガイドですので、極軸が少しでもズレてしまうとダメダメです。
M101の撮影では、対象を導入中に極軸がズレしまったようで流れ流れでした。
まぁ、このセットを組んだままで自宅から出し入れできる軽さなので仕方ないのもありますが。

また、自作リレーの問題以外にも、重大な問題点がありました。
このセットでは、南中付近の被写体が撮影できません。。。
鏡筒をプレートに直付けしており、クランプを緩めてプレートごと回転させて導入していますが、プレートと鏡筒などがスカイメモ三脚にぶつかります。。天頂もダメです。
鏡筒を固定する事で構図の再現性があるので後日もう少し画像を追加という事が出来るのと、
プレート直付けなのでブレの問題が少なくなるので良いのですが。。。
今までは、自由雲台で使っていたのでこんな事はありませんでした。
親子ガメ方式にしてプレートを使わなければなんとかなりそうですが・・・
あと、やはり微動装置がないと無理があります。クランプを緩めて導入するまではなんとかなりますが、
締め付ける際にズレます。根気よく何度もやれば被写体を中央に持って来れますが・・・・半腰で導入するだけで腰が悲鳴を上げるし、何をするために必至になっているのか疑問になってきたりします。
このセットでの撮影は初めてというのもありますが、5時間ほど外にいて撮影したのはアルクトゥールス含め3つ。。。ひとつはしし座のトリオですが3分のノータッチガイドです。。。

こんな使い方をするのであれば、やはり2軸でなければダメそうです。
苦労数倍撮影半分、結局被写体中央ならず・・です。
考え時かなぁ~

テスト待ちとセッティング

スカイメモRのNexGuideによるオートガイドのテスト待ちです。
今朝晴れたので今日テストできるかと期待して少し早く帰宅しましたが・・曇天です。
予報では週末もダメそうな感じです。
しかたないので家の中でちょっとセッティングしてみました。

いかにも素人が考えそうなセットの出来上がりです

ザ、素人志向(思考)セット(笑
イメージ 1

スカイメモRとNexGuideとKenko New KDS 63-540のセットです。
安価に揃えて激しく難しい。。。という感じでしょうか。
ベテランの方が、こんなセットでもここまで写せるぜセット。という言い方も出来そうです。

本当は昨年末に2軸の赤道儀を買おうと思い(買えませんでしたが)、ガイド鏡に使えるかな?と思い安売りしていたので購入した望遠鏡ですが、主鏡になっています(笑
こんな感じで正月早々に組んで460mm~540mmで狙えるM42,バラ星雲など撮ってみたいなーと思っていたのですが、既に西のほうへ行ってしまいました。
とりあえずNexGuideのテストは望遠レンズでやります。ガイドエラーになった場合、このままでは何が原因でそうなったのか、ガイドミスに起因するものが多すぎます。

スカイメモRの純正の三脚は、北海道という事もあるでしょうが極軸望遠鏡を覗くにも地面に寝そべるくらいに短く、勝手が良くないです。で、架台はそのままにしてアルミ三脚の部分だけKenko New KDS 63-540のセットから移植しました。形状は全く同じで、単に各ネジを外して入れ替えるだけです。これ以上三脚を伸ばす事はしませんが、スカイメモの純正三脚はこの一番短い状態よりずっと短いです。

自作のリレーはこんな感じでセットしました。
イメージ 4


100円ショップのかごを三脚に取り付けました。
カメラのリモートスイッチやLEDライト、NexGuideのコントローラなどを入れるようにしました。
取り付けは、マジックテープです。
あらかじめマジックテープを三脚に一巻きしておいて、籠を取り付けるときには写真のように籠につけたマジックテープを三脚に巻いてあるテープにくっつける。というふうにしました。
なんせ冬は全てが凍りつくので、両面テープや接着剤の類では剥がれ落ちる可能性があります。
イメージ 5

これは自分でいうのもなんですが暗いところでも取り付けやすくて良いと思いました。
ヒーターのコードなども間に挟んだりしてまとめることが出来ます。
イメージ 6

曇り止め(凍結止め?)のヒーターは自作しました。
イメージ 7

ガイド鏡の明視野照明は、色々やってもNexGuideが動作しなかったので、
頭にきて「こうなったら手動ガイドしてやる!」と作ったものです。普通のアイピースにアクリル板にオルファの特選黒刃という極細のカッターで十字線を入れたものを接眼部ギリギリに貼り付けた手動ガイド用のアイピースも作りました。結構イケてましたが、NexGuideが動きましたのでこれは外します。
イメージ 8
ガイドマウントは、微動マウントというのを買ってみましたが、ガイドマウントとしては使えません。。いくら締め付けてもヘッドバッキングしまくりです。モノはガッチリしていて3kgまではOKようです。ガイドマウントとしては売っていないのでこれは納得しています。しかし、こんなにグラグラで、なにに使うんだろう。。。カメラ用の微動装置としても使えそうだったので買いましたが、このままでは使えません。とりあえずマウントは自由雲台に戻し、ちゃんとしたのを買います。あと、プレートも以前から持っていたものですが、縦の幅が無く、左右もそうですが、前後のバランスが取れません。これも何とかしないとなりません。鏡筒はアリガタを介してはいますがプレートに固定です。被写体は軸のクランプを緩めてプレートごと手で回して導入します。既にやっている事が二軸と化していますが・・・導入出来るだろうか。。。

あと、どうでもいいですが、籠に100円ショップで買ったLEDライトを付けてみました。
首を自由に振ることができる構造になっているのがミソで、足元を照らしたり、外して帽子に付けたりして使えそうです。白色LEDなのでこれまた100円ショップの赤色透明の下敷きを丸く切り抜き2~3枚重ねて貼ります。勉強で暗記するために隠したりして使うやつみたいです。赤と緑の半透明プラ版みたいのが入っています。写真のはまだやっていませんが、別のLEDでやっています。セロファンとか色々ためしましたが、この下敷きの方が重ねる枚数で照度も程よく調整できるので良いと思います。安いし。
イメージ 9


だいぶ前にBorgのレデューサも買っていました。
カメラの取り付けは回転装置を持っていないので固定です。買おうと思いましたが高いので躊躇しています。
水平を出すのには鏡筒を回せば問題ないや、と思っていましたが・・・
イメージ 2

望遠鏡にはファインダーが付いていることを忘れていました。。。
カメラの水平を出したらファインダーがへんてこりんな位置に来てしまいました。このままでも何とか覗けますw
イメージ 3



という事でちょっと組でみましたが・・・・

大きい問題点は、ガイドマウントのたわみとバランスでしょうか。。
これはガイドの安定に直結する問題なので出来るだけなんとかしたいです。

主鏡は460mm,F7.3(レデューサ使用)と暗いですが、
オードガイドで今までより露出を伸ばせれば大問題ではないと思います。
200mm望遠レンズでも2倍テレコンをつけてF5.6で最低半段、理想一段は絞らないとシャープに写らなく、
星も肥大してしまうのであんまり変らないような気もします。
少し重くなるのと、長モノになるのでバランスの問題の方が大きいと思います。

あとは、、、
スカイメモの使い方とはかけ離れているように感じす。

自分を客観視すると、スカイメモでそこそこオートガイドが出来るようになったら、
経験が出来た事とその事自体に満足して、たぶんMeadeのLX200-25でのガイド撮影の方に挑戦しにいくんだろうと思っています。ネックは明日にでも壊れてしまうかもしれない事と、ウェッジが無い事です。

晴れました

イメージ 1

イメージ 2



夕べの予報は大雪注意だったけどあまり降らなかったなぁ~

NexguideとスカイメモR・・・やっとこ動いた。

どもです。ももの足あとです。
イメージ 1
 
 
昨日作ったリレーボックスですが、使ったリレーの作動電圧が大きくて調子が悪かった為、
制作を中断しましたが、昨日秋月電子さんに発注したリレー等の部品の到着が遅かったら(北海道なので遅い)またまた週末テスト出来ないと思い、再度作動電圧の調整をした結果なんとか動いたので組みなおして一応完成しました。部品到着次第ちゃんとしたのを組みますが一応スカイメモRとの動作確認が出来たのでこれでやっとこオートガイドのテストが出来る状態になりました。
 
イメージ 2
出来てしまえば簡単なものですが、理解するのに苦労しました。
6極6芯のメス側は、梅澤無線電機株式会さんという所で購入しました。ケースも買いましたが、作ったものがいろいろと変更になり入りませんでしたので、ラジコンのサーボが入っていたケースを利用。ちょっとデカイけどこれでいいです。
回路は昨日アップしたもと同じです。
今見たら基盤を半分に切ってしまってもいいですね。 


 
配線口周りのコーキング処理はまだしていません。
イメージ 3
左からリレーボックスを動かすためのDCジャック挿入口、真ん中がスカイメモRに接続する3.5mmステレオミニプラグのコード、右がNexGuideに接続する6極6芯メス。
3.5mmステレオミニプラグのコードはスカイメモ付属のコントローラをバラしたものです。
ヘッドホンのコードより太い線が入っていたのではんだ付け等の作業がしやすかったので使いました。次に作るのは、3.5mmのメスコネクタを基盤に付けて3.5mm⇔3.5mmのオーディオコードで繋げます。リレーは適正な手持ちのものが無く12V動作用です。外部電源側で電圧を動作する程度まで落しています。
 

動作状況がわかりやすいようにLEDをつけました。
イメージ 4
 
スカイメモR通常追尾状態。赤色点灯
 
 


 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 

増速時は緑色
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6


減速(追尾停止)時は黄色
スカイメモRは逆回転はしません。
ステッピングモーターがストップするだけです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
赤と緑のLEDは暗いので撮影時も邪魔にならない明るさで良いのですが、黄色のやつはちょっと明るすぎます。。LEDの手持ちはラジコンのドリ車用に買ったのがワンサカありますが、どれもメッチャ明るいのばかりですので、こいつをなんとかして撮影の邪魔にならないようにしたいと思います。
 
 
スカイメモRに繋げて動作テストもしました。
今まではNexGuideとスカイメモRを繋げたとたんにスカイメモが動かなくなってしまいましたが、
ちゃんと動いてます。
イメージ 7
 
ただ、Nexguideのコントローラで増速、停止の動作確認をしただけで、実際にオートガイドのテストをしたワケではありません。問題ないとは思いますが。
これからでもテストしようかと思い外を見てみたら、すんごい曇ってました。。
 
早くテストしたいですが・・・
 
明日から雪の予報。。。。
 
晴れ次第テストします。
 

MoMo

イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR