土星も撮ってみた

イメージ 1
先日木星を撮った後、機材を出しっぱなしにしておいて、
昇ってきた土星も撮影してみました。
 
 
 
 
イメージ 2
ボケボケですけど初めての土星の撮影が出来てうれしいです。
外気温度はマイナス21度で、今年一番の冷え込みだったような感じがしました。
望遠鏡は霜が付いているという表現を通り越し"氷瀑まつり"状態になっていました。。
 
 
 
 
イメージ 3
2011/01/31 2:35:26から121秒
Meade LX200-25
Meade 2倍バローレンズ使用
 
Canon EOS Kiss X4
撮影モード 動画クロップ
ISO 6400 1/60s
 
Registax5.1にて
1600フレームをスタック
 
 
 
 
 
 
 
 

画像処理の仕方はよく分からないので今後の課題です。
2時から3時まで40分ほど感度やピントをずらしながら撮影したので
少し良さそうなのが出来ればままた日記にしたいと思います。
 
木星はISO800で良さそうですが、土星はISO1600では露出不足でした。
カメラのモニタではISO1600でもちゃんと写っているようにみえましたが、PCに取り込んでみるとほとんどと見えませんでした。
今回はISO6400で録画したものですが、一応ISO1600,3200,6400と撮ったのでいろいろ試したいと思います。
 

今回の拡大撮影での問題・課題点は
 
★ピント
ピントが出ているかよく分からない。恒星で合わせてみたものの、
いざ惑星に向けて撮影ししばらくするとヤッパリ合ってないんじゃない??と思いいじくります。
すると今度合わせるのにLX200-25の(クラシックタイプ)のミラーシフトで視野から逃げてしまい困る上に時間がかかります。時間がかかった割りにピントが出たのかよく分かりません。
大気の揺らぎでピントが出てないとあわてないようにしたい。25センチ用にもバーチノフマスクを作らないと。。
それより・・・
光軸を合わせたがあわせきれていない。自分のは鏡等内部に植毛紙が貼ってあるが一部剥がれてふくらみが出てきてしまっている。これによって焦点像が歪みが出ていてちゃんと光軸あわせが出来ない。
なんとかしないとならない。。。
 
★ブレる・・・・。
ベランダに置いて撮影しているが、揺れる。。。
息するだけでも揺れる。心臓の鼓動で揺れる。寒さで凍えたら揺れる。
家を建てたときから最初からわかっていたけど、ちゃんとやるなら架台と縁切りするなどしないとならない。
それか遠隔操作で撮影時は居なくなるか。
それとヤッパリLX200-25が重い。。。毎回設置、撤収で腰が悲鳴を上げている。。
イヤになるまで、そう遠くないような気がする。。。別に小屋を作るか検討中。
また、眼視には自分としては扱い易く気に入っているのだけど惑星撮影だけでなく星雲・星団写真も
本当にやるならやはり赤道儀もほしいところ。。。
 
★大事な問題点。
本当にこの趣味を続けるのか自分を信用できないので、しばらくは散財せず様子見しようと思います。
 
です。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR