ひさびさに動画を撮ってみた。

今日はいつもより少し遅く15時過ぎに飛行場に行きました。
帰り際に堤防の上から。 ユキ、タプリアルヨ
イメージ 1
 
 
ここ最近何も仕入れていないし、特別何もないので
クラブの人たちが皆帰った後から動画を撮ってみました。
短いです。お約束で。
これでいいでいすか(笑
 
 
こちらは普通で
 
 
 
 

★用の画像処理ソフトを買ってみた。

フォトショプCS3とキヤノンEOS付属のDPPソフトで頑張っていましたが、
CS5を買う余裕はなく、当分これとCS3で勉強しようと思います。
ちょっと使ってみましたが、ワケわからないながらも楽しいです。
イメージ 1
 
公式ガイドブック付きのをいきました。イメージ 2
 
いゃー
ハマってるなー
 

ホビキンから

昨日家に帰ったら、ホビーキングからカタログが届いてました。
きっちり営業してるんですね~ 感心。
イメージ 1
 
アクロできるちっちゃいヒコーキでも欲しいけど、我慢。
ナノテックのバッテリー使ってますけど、問題なくイイです。
イメージ 2

望遠レンズ&EOS kiss4とポタ赤でM101銀河を撮ってみた。

新月期ですので、先週から夜な夜な2階にあるデッキで夜空と格闘しています。
寝不足でどうにかなってしまいそうですw
 
夕べ(朝方?)は無謀にも望遠レンズとEOS kiss4とポータブル赤道儀でM101銀河(回転花火銀河)を撮ってみました。
こんな使い方するものではないと思うのだけど、どーしても撮りたくなってしまいます。
 
こんなのばっかり量産していますが、おいおい日記にしていきます。
おかしな色だけど、処理は何時になったら出来るのかわからないのでとりあえず重ねたのをアゲておきます。
 
イメージ 2
2011/02/04 3:16分
キヤノンEF200mm F2.8L I USM 2倍テレコン使用 LPS-V3FFフィルター(光害対策用) 
ケンコー スカイメモR 
EOS kiss x4(無改造) ISO6400 絞り開放 180秒×8枚 24分 トリミング
 
 
 
 
 
 
以下はどたばた日記
私と同じようにはじめたばかりで、なにをやってもうまく出来ない人が読むと同感してくれるかも。
それ以外の方は、全く面白くないので読むのは時間の無駄です。

場所はわかるのだけど、なんせカメラモニターに導入できません。。。
イメージ 1
アストロアーツ ステラナビゲーターVer6より
 
2/3夜9時頃からオリオン座の馬頭星雲付近,M42,NGC2237(バラ星雲)と撮った後、邪魔な自宅の屋根から顔を出してきたM101を撮ってみました。2/1にも200mmで撮ってみましたが、あんまりにも小さく、知らない人がみるとただの染みみたいだったので、せめての2倍のテレコンをつけて再度挑戦です。
 
何十枚撮影しながら写っているか確認してやっとこ見つけたけど、カメラのモニターのど真ん中に入れるのがまた出来ません。自由雲台なのでちょっと動かすつもりが、モニターからまた姿を消します。。
そんなこんなで一時間ほどたち、気力とマイナス18度の寒さに体も限界に達したうえに、
とうとう真ん中には入らず・・あきらめました。
 
午前2時を既に回ってましたが撮影開始しました。
ところが、1コマ撮ってたら、想像していたよりはエラく露出不足、ヒストグラムが-2以下。いつもはほとんど南にある対象を撮っているけどM101は北にあり、南にある町の光害が少ないのもあるのかな~。
200mm望遠レンズに2倍のテレコンを付けたので、いつもの倍くらい露出すればいいかなと思っていましたが全然ダメです。光害対策はおいといて、V3-FFフィルターを外し、なおかつ短時間で撮影するほうがガイドの失敗を考えても結果いいのではないかと思いましたが、レンズを外すとカメラ内部が湿気で曇りそうなのでそのままにしました。湿度は90%でした。
もともと乗っけられるのは35mm換算で300mm望遠までだよーというポータブル赤道儀に、35mm換算600mmでの撮影ですし、ガイドも無しなので、露出時間を長くするとガバガバ流れて全く使えないものが撮れるのは目に見えています。
画質はなるべく悪くしたくないので、あれこれやりましたが結局ISO3200にセットし6分で10枚撮影。
絞り開放で撮ると星が肥大し、かつイビツになるので絞りたいのですが無理です。開放で露出。
結果はなんとか使えそうなのが、2枚。。。。
話にならないので負けずにISO6400で3分にして再露出16枚撮って流れてはいるものの、
なんとか使えそうなのが・・・・8枚。。
そのあとダークフレームを撮って、結局寝床に入ったのが5時。
 
いったんセットしてからは、EOS kissx4をEOSユーティリティーで接続し室内からPCで一枚ずつ出来栄えを確認していますが、ほとんど流れて使えないのだけど、時々ピタッと止まっている時もあるし・・・結局何も出来ず、
"つぎの写真はピタッと止まってください・・・おながいします。。・・・"とPCの前でただひたすら祈っています。
撮影、画像処理の技術はもちろん、環境も機材も、もともと無理な事やっているのもあるけど、
無いものねだりしても仕方ないです。でも小さいのとか薄いやつとか撮りたくなってしまいます。。
 
上のトリミングなしの画像(コンポジットして端がズレている分だけカット)
イメージ 3
 
せっかく撮ったので背景、M101の色などもう少しなんとかしようと思います。
この後ちょっと弄ってみたら、まだM101のディティールが出てきました。
星の赤ハロも消さないとなりませんし。
 
 
問題点

対象を導入するのに時間がかかりすぎます。
M101は天頂付近まで来ているので、寝そべってもカメラのモニターを満足に見れませんし、腹筋がブルブルして揺れまくりです。前から思っていたのですが導入支援のアイテムを作らないとダメです。
スカイメモRの純正微動マウントもいいんですけど、ちょっと足短すぎます。三脚部分を交換予定です。
 
望遠にテレコンを使いましたが、台座がありません。揺れまくりです。
近くの道路に車が通ってもブレます。本当はもっと対策しないとダメだろうけど、
せめて台座くらいつけないとならない。バランスも合わない。
 
バランスが取れません。ピッタリ来ているときは結構いい感じで星が点に写る時がありますが、
追尾しているうちにバランスが崩れてくると流れまくりえーるです。
かといって途中でバランス取れるよう赤道儀をセットしなおすと、また対象を導入するのに時間がかかり、
結局頑張ってみたけど何にもまともに撮れませんでした。といういつもの結果が待っています。
 
2階デッキで撮影していますが、ポタ赤は木の床の上に置いてあるだけで
自分の居る場所とエン切りしていません。
極軸望遠鏡をのぞいている間、自分の体重で床がたわんでいると思われます。
合わせたあと、自分がその場を離れると床のたわみがなくなり、極軸がズレる。
撮影開始し、なんかズレるなーと思って極軸望遠鏡をのぞきに近くに行くとまた床がたわみ、極軸もピッタリ。
離れると・・・・。このままでは私は永遠にズレている極軸を見ることが出来ません。まるで一人コントやってるみたいですw
 
結論 
ポタ赤ノータッチで小さいの撮るな。
どーしてもやりたいなら、せめて床の堅いところでやれ。
 
実は年末にセレストロンのnexguideというオートガイダーを輸入し手元にあります。
そして赤道儀も購入しようとましたが、ワケあって購入していません。
そのうち揃えたいとおもいますが、資金が必要です。。
 

事情によりなかなか家から出られません。
自宅から30分~40分もあれば北海道でも有名な撮影スポットがあるという、
星愛好家の方たちには恨まれそうな地域に住んでおりますので、もったいないとは思っています。
たまに遠征に(近征?)行けるといいなぁ~
 
あと、他にも撮ってますが日の目を見る事の無い写真も出てくると思うので一部載せておきます。
いづれも自宅2階デッキから、EOS Kiss4(無改造機)+LPS-V3FFフィルター、望遠レンズでの撮影です。
撮ったまま全くの未処理画です。時間があるときに弄りたいと思います。
イメージ 4
イメージ 5
 
イメージ 6
 イメージ 7
イメージ 8

イメージセンサークリーニングキット

EOS Kiss 4のイメージセンサーにゴミがついていて困っています。
写真に丸い染みが4箇所ほど写っています。シュポシュポやっても全然取れません。。
サービスに出そうと思いましたが、その間カメラが無いのも困るのでこんなの買ってみました。
うまく取れるかな~ 傷つけないかも心配です。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
こっちはレンズなどを綺麗にするヤツですけど、ちょっと不安。。安いレンズで試してみないと。。。
イメージ 3

土星も撮ってみた

イメージ 1
先日木星を撮った後、機材を出しっぱなしにしておいて、
昇ってきた土星も撮影してみました。
 
 
 
 
イメージ 2
ボケボケですけど初めての土星の撮影が出来てうれしいです。
外気温度はマイナス21度で、今年一番の冷え込みだったような感じがしました。
望遠鏡は霜が付いているという表現を通り越し"氷瀑まつり"状態になっていました。。
 
 
 
 
イメージ 3
2011/01/31 2:35:26から121秒
Meade LX200-25
Meade 2倍バローレンズ使用
 
Canon EOS Kiss X4
撮影モード 動画クロップ
ISO 6400 1/60s
 
Registax5.1にて
1600フレームをスタック
 
 
 
 
 
 
 
 

画像処理の仕方はよく分からないので今後の課題です。
2時から3時まで40分ほど感度やピントをずらしながら撮影したので
少し良さそうなのが出来ればままた日記にしたいと思います。
 
木星はISO800で良さそうですが、土星はISO1600では露出不足でした。
カメラのモニタではISO1600でもちゃんと写っているようにみえましたが、PCに取り込んでみるとほとんどと見えませんでした。
今回はISO6400で録画したものですが、一応ISO1600,3200,6400と撮ったのでいろいろ試したいと思います。
 

今回の拡大撮影での問題・課題点は
 
★ピント
ピントが出ているかよく分からない。恒星で合わせてみたものの、
いざ惑星に向けて撮影ししばらくするとヤッパリ合ってないんじゃない??と思いいじくります。
すると今度合わせるのにLX200-25の(クラシックタイプ)のミラーシフトで視野から逃げてしまい困る上に時間がかかります。時間がかかった割りにピントが出たのかよく分かりません。
大気の揺らぎでピントが出てないとあわてないようにしたい。25センチ用にもバーチノフマスクを作らないと。。
それより・・・
光軸を合わせたがあわせきれていない。自分のは鏡等内部に植毛紙が貼ってあるが一部剥がれてふくらみが出てきてしまっている。これによって焦点像が歪みが出ていてちゃんと光軸あわせが出来ない。
なんとかしないとならない。。。
 
★ブレる・・・・。
ベランダに置いて撮影しているが、揺れる。。。
息するだけでも揺れる。心臓の鼓動で揺れる。寒さで凍えたら揺れる。
家を建てたときから最初からわかっていたけど、ちゃんとやるなら架台と縁切りするなどしないとならない。
それか遠隔操作で撮影時は居なくなるか。
それとヤッパリLX200-25が重い。。。毎回設置、撤収で腰が悲鳴を上げている。。
イヤになるまで、そう遠くないような気がする。。。別に小屋を作るか検討中。
また、眼視には自分としては扱い易く気に入っているのだけど惑星撮影だけでなく星雲・星団写真も
本当にやるならやはり赤道儀もほしいところ。。。
 
★大事な問題点。
本当にこの趣味を続けるのか自分を信用できないので、しばらくは散財せず様子見しようと思います。
 
です。
 
 
 
 
 
プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR