Hyperion EXTRA 260 40e 3S仕様 メカ関係計量

イメージ 1

Hyperion EXTRA 260 40e 3Sで飛ばすぞ!飛ぶの?ただ飛ぶだけじゃやだよ~^^計画の続きです。
製作は進んでいますが、後々記録していきます。


「ぁ~、こんな事考えながらやっていたのかぁ~。」
と後から自分でわかる様にメカの選考過程も日記にしていきますので、
もし読んでいる方がいらっしゃいましたら、
内容が薄く、長く、ごちょごちょして、"結果良いのかわかりません"(笑

初フライトは、今週末を予定しています。


モーターとバッテリーは手持ちの中から、
Hyperion HP-H3025-08(987KV)
Hyperion HP-LVZ3200-3S(30-50C)
と決めていますので、あとは、サーボ、アンプ、BEC、受信機です。

アンプは、当初これ
イメージ 2
Hobbynetさんのアンプ70Aを計画をしていましたが、

こっち、
イメージ 3

Castle Creations PHOENIX 80にする事にしました。
ちょっと重いですけど、自分の中では信頼性は抜群ですし、飛ばしたフィーリングもスゴク良いです。
あと、スロットル範囲を固定する事が出来るので、負荷調整がラクなのでこちらにしました。
今回は、いろいろと調整が必要になりそうなので迷いましたがこちらにして見ます。


あとは、サーボです。
頭の中で構想を考えているときに結構迷っていたのがサーボの選択です。
5S仕様は、標準サーボをエルロン、ラダーに、エレベータはJR-DS3201ミニサーボを左右2個使っていて合計200g越えです。
トルクもあり信頼性もあるのですが、軽量に仕上げるにはこれに手を付けなければなりません。
実際、電動40クラスで5kg以上ものトルクが必要なのか??とも思っています。
安全第一なので一応様子を見ながら飛ばす事にして、今回は小くて軽いサーボを積みます。
で、手持ちのサーボで候補をあげると、

これ、
イメージ 4
Hyperion ATLAS HP-DS13-TMB
■重量:19.2g
■電圧:4.8~6.0V■速度:0.20sec(4.8V時),0.16(6.0V時)
■トルク:3.6kg/cm(4.8V時),4.2kg/cm(6.0V時)
(※AirCraftさんデータシートより抜粋)

と、これ、
イメージ 5
Tower Pro MG16R
■重量:19g(ケーブル含む)
■電圧:4.8~6.0V■速度:0.10sec(4.8V時),0.08sec(6.0V時)
■トルク:2.7kg/cm(4.8V時),2.9kg/cm(6.0V時)
(※HobbynetさんHPより抜粋)
です。
これなら、延長ケーブルは抜きで、4ケで80g以下に収まります。
今使用している標準サーボからは、計140g以上の減量になります。

という事で、ATLAS HP-DS13-TMBをエレベータとラダーに、Tower Pro MG16Rをエルロンに取り付ける計画でした。

が。。。

・・・・。
物凄く迷いましたが、ニュートラル精度を考えると、
エレベータはやっぱりこれもどうしても捨て切れません。。
これ
イメージ 6
JRのDS-3201です。
■重量26g■電圧4.8V時 ■速度0.22sec ■トルク:4.0kg/cm(JRさんHPより抜粋)
少し重くなりますが、特にピッチ方向は安定していてくれないと、飛ばしていて気持ちよくありません。
飛ばしてみてHP-DS13-TMBでOKだったらそのまま、いまいちだったらJR3201と思っていましたが、
大きさが違うので、交換の時はサーボマウントを再加工しなければならなくなります。
なんとなく交換する予感がするので、迷いましたが、エレベータはJR-3201にします。
となると、ラダーサーボにエレベータより、ちいちゃいの付けるん??
となってしまい、こちらも結局JR-DS3201に。当初計画より約14gほど重くなってしまいますがこちらにします。。。
そして、エルロンにATLAS HP-DS13-TMBをもっていくことにします。

こうやって・・・少しずつ・・・だんだん・・・重くなるのです。^^;

あとは、モーターの固定方法です。
エクストラ260eの推奨モーターは、ハイペリオンのHP-Z4020-14Bのバックマウント専用タイプで、
防火壁に直付けで使用します。
今回は、一回り小さいHP-H3025を使いますので、長さが足りなく下駄でモーターを前に出してあげないとなりません。
で、自分で製作等いろいろ考えましたが、なんせ私の"製作"は、"制作"ではもちろんなく、
ある方からは「夏休みの"工作"」といわれています(笑

時間をかける割りに、イメージとスゴクかけ離れた"物体"が出来上がります(笑

なので、手持ちの中から既製品(笑)を探すと、HP-40シリーズモーター用のバックマウントのセットがありました。
イメージ 7

HP-30シリーズのモーターの固定穴は3mmですが、HP40シリーズは4mmとなっていますのでちょっとガッパです。
このHP-40用のバックマウントで固定しようと思いましたが、やたらと大げさな上に重くなってしまいます。

なので、この中から長さ1cmのアルミカラーだけを使い、直にモーターの下駄として取り付けようと思います。
イメージ 8


モーターの取り付け方法が決まらないと気分が(笑)先に進まないので、
どんなもんか仮に固定してみました。
イメージ 9

イメージ 10

だいたいいいとこだと思います。

4mm内径のカラーの穴に3mmのボルトを入れる事になりますので、
ねじれ方向が・・・と思いましたが、

ちゃんと締めれば問題は無いと思います。

気分的に問題はあります(笑


では、軽量です。

バッテリー Hyperion HP-LVZ3200-3S
イメージ 11

モーター、Hyperion HP-H3025-08
イメージ 12

プロペラとスピンナー(ペラAPC14×7(仮),スピンナー51m)
イメージ 17

アンプ Castle Creations PHOENIX 80
イメージ 13

BEC Hyperion HP-TICOOL-BEC
イメージ 14

サーボ(エレベータ、ラダー) JR-DS3201×2 26g×2=52g
イメージ 6

サーボ(エルロン)Hyperion ATLAS HP-DS13-TMB 19.2×2=38.4≒40g
イメージ 15

レーシーバー JR-77S
イメージ 16

延長ホーン クイック JR,フタバ用
イメージ 18


延長ケーブル、デカール、補強などなど

ざっと100g(爆


合計だいたい840gで~す。


先日の機体の体重測定と合計すると1936gとなりました~!!

1936g






・・・・・ちょっとやばいかも・・・・(汗


つ、つぎは製作に入ります。

次回に続きます。
スポンサーサイト



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR