C8-Nのメンテと主鏡と斜鏡の固定方法

C8Nメンテナンス
久しぶりに主鏡と斜鏡の洗浄をしました。


主鏡を外してみると

結構キテました。

洗剤コシコシ


精製水で洗い流し



エアブラシで水とばし


かなーりキレイになりました。


元に戻して光軸を合わせます。
調整グッズ

タカハシのセンタリングチューブとアイピース。と、なんでしたっけ、エレクトリックシープさんで買ったキャッツアイ的な安いやつ。とレーザーコリメータ。
タカハシのセンタリングチューブとアイピースでほぼ光軸を出した後、主鏡に貼った▲マークのズレをもう一つのグッズで微調整。最後にレーザーが帰って来てるか一応確認。コリメータはずいぶん前に心出ししてます

斜鏡の調整には、マークと斜鏡全体が見やすいようにこんなの作って使っています。
こんなのへんなの(笑)

バーティノフマスクパッカーン装置のマスクづくりで使ったEPP素材で出来ています。

こんなの


へんなの


座ることも出来ます(笑)

これを

こうして


こうやります。


逆さバンザーイ(笑)


ドローチューブから見ると

バックが白くて主鏡も隠れる事から、斜鏡のセンターマーク、傾きのズレ、回転方向のズレが見やすくなります。
紙を垂らして主教を隠して作業していたのを変えただけですが、ずいぶん調整が楽になりました。

調整完了


確認のフラットを撮ってみます。

昔ながらのELパネルA3サイズ。NDフィルターで減光、セロファンで色調整、トレーシングペーパー数枚と100円ショップで200円で売ってたA3カードケース?をヤスったモノ。感電するので周りをビニールテープを回してます。若干のムラがありますが、とりあえず回転儀式でクリアさせてます。改善の余地アリです。

ELパネルを5分ほど点灯させて慣らしが終わったら、筒にのせて


電気を消して取得。

10枚をパネルを回転させながら撮りました。



では、ステライメージで等光度曲線を見てみます。












さんざん説明しておいて若干ズレてます(笑)

まぁ、そういう事で。。

余談
うちのC8Nの主鏡と斜鏡の取り付け方法はちょっと変わっています。
「良いです。」とは言えないので日記にしてませんでしたが、"私的"には良いと思っています。

主鏡の固定方法。
うちのC8-Nの主鏡には爪隠し用の輪がついておりません。
というか、爪がそもそもありません。

このまま筒に差し込んでいます。

なぜ落ちたりグラグラしないかというと

主鏡セルにセメダイン スーパーXで裏からくっつけちゃっているからです(笑)

こんな感じ

くっつけた、あるいは爪隠しの輪が無いことで星像に影響が出ているのかいないのかは分かりませんが、もうずっとコレなので問題ないのかなと思っています。
なぜこうしたのかというと、主鏡の遊びどめの爪を締める事で、もしもの主鏡圧迫の星像の歪みの心配から解放されるのが理由です。
固定の際は斜鏡とのセンターが出るように調整してくっつけました。
光軸調整ノブは調整しやすいようにホームセンターの安いのと交換。
筒を立てて置いたときにノブが邪魔になるので、ゴムの足をつけてます。
この辺は普通っぽく弄ってます。

つぎは斜鏡。
分りづらいですが、斜鏡の引きネジの部分にワッシャをかませています。


引きネジを緩めると

バネがこの位置に入っています。

穴の中にバネがすっぽり入ってます。


取り出すとこんな感じ


斜鏡の調整のキモは斜鏡のドローチューブとの向き(回転)だと思っていますが、3つの押しネジで上下の位置調整と左右の傾きを合わせて、ドローチューブとの向き(回転)を合わせ、主鏡と斜鏡を行き来し、光軸がきまったら引きネジをグイっとやりますが、最終確認すると若干修正したくなる場合があります。
引きネジを緩めてドローチューブとの回転を弄る事が多いのですが、その際引きネジを緩めすぎると、斜鏡が固定した位置から動いてしまい、ここからほんのちょっとだけ右回転。という微調整が困難になります。もう一度合わせ直す。またグイっとやって確認。やっぱりもう少し・・。
無限光軸調整(笑)
スパイダーも補強した割にヤワなのでというのもあるんですが、へたくそなので。というのがあります。
で、この位置にバネを入れる事で、引きネジを結構締めても斜鏡をつまんで押し下げるとバネの余裕の範囲で回転方向が自由になるんですね。
3つの押しネジも若干でしたらそのまま調整できます。光軸を決めたはずの若干の微調整がやりやすい。そのおかげでズレる可能性もあるんですが、修正も容易。
良いか悪いかわかりませんが、車で運んでもこの方法でズレた感じはないので私的には良いと思っています。
といか最初から弄ってしまったので、もともとこうだったのか違うのかも実のところあまり定かではありません^^;


んでわ
********************************
追記

6Dにてフラット再取得
イメージ 1
なんとなくいいとこ行ったか
いんや、股ずれ、
もとい
まだズレてる
ま、いいか(笑)




スポンサーサイト



やっとテストのC8-N


2年前に接眼部とスパイダーの補強したC8-Nをやっとテストしました。(笑)

曇り空&冷却CCDのカバーガラスの結露で滲んでしまいましたが
イメージ 1
2017.08.28 26時~
鏡筒:セレストロンC8-N+ビクセンコマコレ3
カメラ:SBIG ST8300M(-15度)
L5分×4 RG5分×2 B5分×1
ガイド:orion162mm(D50mm)+QHY5L-Ⅱ+PHD2
ピント:HitecAstro HitecDCFocus
赤道儀:Kenko SE2赤道儀(ベルトドライブ改)
撮影場所:自宅庭
画像処理:Si7,PScc2017

SI7元画像L5分×4枚(2×2ソフトビニング)
イメージ 2

翌日曇天に向けて同時間フラット5分16枚コンポジット
イメージ 3

テスト結果はあまり変わらないというか、わからない(笑)
スパイダーがヤワヤワでなくなったので光軸調整の際の斜鏡調整はしやすくなりましたが、時間なくあまり調整してません。

全く撮影してませんでしたので画像処理を驚くほど忘れていてやばいです。
SI7を開いて、何をしたら良いかしばらくフリーズしてました。。

次はいつの日か・・

んでわ


セレストロンC8-N-鏡洗浄と光軸調整

補強したC8-Nですが、ついでに鏡を洗いました。


主鏡も綺麗に。かなーり汚れていました。
ついでにセンターマークを貼り換えました。光軸調整はコリメーションアイピースとオートコリメーターで合わせているのでこんな三角形のを貼っているのですが、以前自作したマークは真ん中の穴を4mmで作ったところ穴が小さすぎ、中心がよく見えなかったので今回6mmの穴をあけて作り直しました。
反射テープにアストロショップダイソーで買ってあった6mmのポンチで穴をあけて、コンパスを使い15mmの正三角形を書いて作成。センターマークの位置決めはこんな方法で。


裏面ですが、主鏡はR200SS同様に3箇所をスーパーXGを使ってセルに貼り付けしてしまっています。主鏡調整用の引きネジはこ安いプラ頭のネジに取り替えています。このネジが鏡筒を立てる際地面に当たってしまうので、ゴムの足をつけています。


主鏡はセルに貼り付けているので大丈夫だと思いますが、万が一剥がれて、主鏡割れました、的な話はヤバいと念のために今まで主鏡押さえの爪を付けていました。

元通りに組みなおしましたが、問題ないようなので、爪と爪の隠し輪は今回外して組んでみたいと思います。が、鏡の円周の光っている部分って悪さしないのかな。



ということで、補強&綺麗になった部品を組みなおして光軸調整しました。光軸調整グッズは今はこの2つでやっています。
コリメーションアイピースとオートコリメーターを交互に付け替えざざっと合わせてキキュッとやって



誠報社(現スターショップ)新改造のkissX2を取り付けELパネルにてフラットを撮ってみました。


ステライメージ7で周辺減光の等光度曲線を見てみます。コレクターレンズはVixenコマコレ3です。


いいとこいっている感じですが、ちょっと微妙~。
コリメーションアイピースの十字線ににスパイダーはビッタリのっているし、斜鏡の回転傾きも良さそうだし斜鏡マークも主鏡マークもビタビタ入っているし、オートコリメーターでの三角形もイイとこ重なっているので、ここから追い込むのはマークに頼っていては難しいか。という事でいつもこのへんで、まっいいか、とやめています。
治具のセンター等の精度、取り付け精度も見直さなくちゃならないし、カメラの取り付けももっと考えなくてはならないし、やることたくさんです。

だから、
まっ、いいかって(笑


んでわ

セレストロンC8-N-スパイダー補強

接眼部を補強したC8-Nですが、ほにゃほにゃスパイダーも補強しました。
光軸は扱いが雑なのもあるか、使おうとする度に微妙に狂っているので撮影前に毎回微調整して使っているのですが、斜鏡の調整中回転方向にスパイダーが歪んでしまい調子が悪いです。1.5mmか2mmのアルミプレートで挟み込んでガチガチに補強してやろうと買ってみましたが、ここも接眼部同様、考え直してあっさり風にしておきました。
接眼部の補強で余った1mmのアルミプレートで補強です。

以前塗った塗料を剥がしました。溶剤で剥がしたあとに180番のペーパーで表面を荒らしました。


スパイダーの寸法を測り工作用紙で型紙を作り、アルミプレートにあててカッターでケガキました。


またまたコレでガーガーやりました。1mmならカッターでも切れるし仕上がりもいいんですけど時間が


ガーガーしてガタガタに切れたのを整えるとともに表面のピカピカを落としました。180番の耐水ペーパーとアルミの角材を使いゴシゴシしました。

で、ここまでやって気づきました。スパイダー4本を両側から挟み込むのだから、材料は8枚必要です。4枚しか作ってない^^;
もう一度同じ作業をして4枚追加しました。アホです。

色塗りです。
スパイダーへの接着面にマスキングテープを貼って割り箸も付けて発泡スチロールにぶっさしました。


塗装面側


いつもの黒板用スプレーで塗りました。
一個ずつ割り箸を持ちながらしっかりコバまで3度塗り。乾燥中。


塗りあがりました。


スパイダーに接着です。5分のエポキシを薄ーく塗り接着しました。
挟んで圧着するヤツの手持ちが少ないので2日に分けて接着。



接着完了。


もともとのスパイダーの厚み0.5mm+補強アルミプレート1mm×2枚=2.5mmになりました。
あとははみ出した接着剤が美しくないので表面をヤスって筒を養生して黒板スプレーを吹いたら完成。


で、補強の効果ですが、スパイダー中心の斜鏡取り付け部分を指で押さえてグイグイっと回してやるとやっぱり歪みます。どこで歪んでいるかというと自作したアルミプレートで挟まっていない部分、材料を少し逃がした部分で歪みます。歪み具合は思っていたぐらいで、それも止めるにはスパイダーを丸ごと自作するのが一番だと思います。光軸調整の際に斜鏡を回転させる時にひどく歪んで調子悪いのは大丈夫そう。

ついでに昨日の接眼部の補強の効果ですが、デジカメを付た上でカメラを持って乱暴にグイグイゆすると多少歪みます。筒がゆがむ前にEOSマウントの取り付け部分の方が先にパクパクしますが^^;心配ならもっと大きくて厚い鉄板か何かの方がいいかもです。ようは鏡筒をあちこち振った際に接眼部が撓まなければいいんですが、どうでしょうか。



んでわー

セレストロンC8-N-接眼部補強

買ったまんまで使っていたC8-Nですが、やっぱり少し撓むので接眼部の裏打ちプレートを付けました。以前R200SS用に作ったモノと同じものですが。
今回はでっかく作ってガチガチにしてやろうと大きいアルミプレートも買ってきたんですが、考え直して必要最小限にしておきました。
R200SSの時もガチガチではないけどダメじゃない。って感じでしたので。

接眼部を外しました。
イメージ 1

筒内から工作用紙をあてて、マジックで書き書き
イメージ 2

書きました
イメージ 3

それにコピー用紙をのせてトレースしました。
イメージ 4

ホームセンターで買った1mmのアルミプレートにトレースしたコピー用紙をのせてカッターでケガキました。
イメージ 5

半分の100mm×100mmにカット
イメージ 6

あとで整形するのを前提にコレでガーガーやりました。
イメージ 7

切り抜き完了
イメージ 8

スプレー缶などの丸みを利用してなりに曲げました。
180番のペーパーでヤスったあと脱脂。
イメージ 9

植毛紙を貼って
イメージ 10

コバ部分も光るので裏まで回して
イメージ 11


でき上がり。
イメージ 12

せめて200mm×100mmで。
と思いましたが、スマートでいいでしょう。。。?


んでわー



プロフィール

nam_world

Author:nam_world
namのブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR